2017/03
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なうしか
ここんとこ、どーでもいいことを書くのは、もっぱらツィッターやFBですけども、
なんか、今日は、どっちにも書く気にならないので、久々にどうでもいいつぶやきです。(^_^;

「風の谷のナウシカ」の漫画を借りて、
梅雨になったら読もう!と思っていたけども、梅雨のあいだもなんやかややることがあってなかなか読めずにいた。
いい加減読まんと梅雨が明けてしまいそうなので、昨日・今日で読んだ。

アニメージュで連載していた頃、なんとなく覚えてるんだけど、
話が複雑で、あんまし読んでなかった。

映画も好きなんだけど、
あれは本当に、最初の頃のちょびっとの話で、
ナウシカは本当に奥が深いのだなぁ~と、
誰もが言うことに納得。

ナウシカでは、
敵と味方の線が引けない。
そこに一番感動した。

大抵、特にアメリカで作られる映画は悪者と正義が完全に分かれているものだけども、
ナウシカにはそれがない。

いい人だったのに、悪くなったり、
悪者だと思ってた人が案外いい人だったり。
悪者だと思い込んでいた巨神兵が案外かわいい子だったり。

今更だけど、宮崎駿さんの感性ってなんてすばらしいのだろう。


戦争やってるのに、なんのために戦争やってんだか、よくわからない。

やっぱ、人間はアホだなぁ~と思う。

欲ばって、結局は国も自分も滅ぼしてしまう。

大飯原発再稼働を必死で食い止めようとしている人たちのことを頭の片隅に置きながら、
自分はぬくぬくとナウシカ読む罪悪感を感じつつ。

みんなが、欲をある程度捨てて、
少しずつ譲り合えばいいのにね。

いいセリフ、いっぱいあったのに、付箋貼ってないので紹介できない。残念。


なーんかさぁ~、
ナウシカとベトナム戦争と、原発問題と、野田政権と・・・
微妙に頭の中で絡み合ってしまった。

いがみ合わずに生きていければいいのにね。



テトが死んでしまったのが悲しかった。


支離滅裂中。


スポンサーサイト
こんだけ水が来たんだよ。
ツィッターとか、Facebookとか、見てない人には「なんのこっちゃ?」でしょうが。(^_^;
メモです。



12062101
いつもの水位はこんなもん。


12062401
6/24 バンの巣が浸かった後。
上の写真の左側に“井戸”みたいなのが見えると思いますが、
この井戸がすっぽりと水に隠れてしまって、
バンはこの井戸の上に乗っています。


水深は私の膝くらい。
田植え靴を履いていても水が入るほど。

周囲の道路には水が溢れていました。
今年で8回目の田植えですが、
ここまで増水したのははじめて。

ポンプで繰り出したけど、用水路が増水してどうしようもなかった。


バンちゃん、本当についてなかった。
残念無念。

また来年おいで。




歌旅
今日は配達を早く終わらせて(やればできるじゃん>私)
中島みゆきの「歌旅」(映画)を見てきました~♪
よかったです。

「ファイト!」泣けました。



「諦めという名の鎖を 身をよじってほどいていく・・・」

映画のみゆきさんは、むっちゃ迫力ありました。
(みゆきさんの映像入ってるの、探したけど、ないのね。代わりに福山雅治貼り付けようかと思ったけど、やっぱ、みゆきさんの「ファイト!」がすき)



「糸」







昨日、小麦を刈って
明日、友だちに手伝ってもらって脱穀をしようと思っていたのに、今日の雨で濡れてしまって
明日は脱穀できそうもない。
(野菜たちは久々のまともな雨で喜んでるけど)

明後日、ひとりでやるべか。
機械(ハーベスター)がご機嫌良く動いてくれますように。


おやすみなさい。
ちょっともう、今日は(も)脱力。







ベトナムに行ってきた。その16
2月26日(日)メコンクルーズ(1)

朝起きると蕁麻疹は引いて・・・なかった。(>_<)
でも痒くないからいいか。

022601
朝ごはん
普通にウェスタンスタイル。
悪くはないけど、おもしろくなーい。
でもやっぱ、フルーツがうまいよね~。
パンがスカスカで見た目よりうまくないんだよね。
バインミーのパンはうまかったんだけどな。

ご飯を食べていると、受付のやさしいオネエサンがやってきて
「まだ7時前なんだけど、ツアーのバスが来て待っています。あと5分くらい大丈夫だから、ゆっくり食べて」
と言われた。

えー。
まだ6:40だぜ。
あと5分で・・・食べられるわけないでしょ。
と思いつつ、ダッシュで食べて、コーヒーはあきらめて外へ。

外で待っていたのは、バスではなく、バンだった。(._.;

私の頭の中のイメージでは、乗客を乗せた大型バスがホテルの前で、たくさんのモーターバイクのジャマになりながら駐車している絵が浮かんでいたのに。
だから待たせちゃ悪いと思って出て行ったのだった。

さらに、バンはホテルの駐車場のところに停まっていて、交通の妨げにもなっておらず、
待っていたのも運転手さん一人だけだった。
それならもっとゆっくり朝ごはん食べればよかった~
と、思ったのであった。

バンに乗ると、寒いくらいに冷房が効いている。
「寒いんだけど」といいたかったけど、ガマンした。

途中でもう一軒、ホテルに寄ってお客さんをピックアップ。
4-5人の女性がどやどやと乗り込んできた。

バンはファン・グーラオ通りの旅行会社の前で停まり、私たちを降ろした。

今日は大手のシン・ツーリストではなく、ホテルの紹介のツアーにした。

通り沿いにパイプ椅子を並べてくれて、愛想のいい兄ちゃんが「はい、どうぞー」ってな感じで椅子をすすめてくれる。
次から次にツアー参加者らしいあやしい人たちが集まってくる。
今日の参加者はシンガポールやマレーシアなどの客が多く、日本人や韓国人が私以外にいない。
(個人的にはイイ感じ)

しばらくするとバスがやってきた。
バスからこれまたあやしそうな、ロンゲのおっちゃんが降りてきて
「さぁ、バスに乗れや~」と声をかける。

シンツーリストみたいに座席は指定されなかったので、適当に後ろの方の席に座る。

みんなが勢ぞろいしたところで、おっちゃんの自己紹介。

なんか、とってもあやしいのだけども、なんか、あったかい。

ベトナム語の訛りがきつくてイマイチ聞き取れなかったりもするのだけど、
「伝えよう!」という気持ちだけはひしひしと伝わってくる。

「やぁ! 俺は・・・ 戦場ネームはジャッキー。ジャッキー・チェンのジャッキー。俺はこんな髪(ロンゲ)をしているのでベトナム人に嫌われてるんだ。ほかにロンゲなんていないからな。それにほら(ピアスを指差す)」

確かに、ロンゲでピアスをしているベトナム人男性なんて、ジャッキー以外見かけなかったな。

「とにかく、ベトナムは戦争で苦労したんだ。1975年に戦争が終わるまで・・・
海外にも行けなかった。
ベトナム人の平均月収は150ドルくらい。だからほとんどのベトナム人は飛行機に乗るチケットも買えない。ベトナム人は一生この国を出られないんだ」

「戦争では・・・
とにかくひどかった」
「ケミカル(枯葉剤)もたくさんまかれた」

「○○年までは旅行客なんて一人もいなかった。戦争してたからな。
それが、○○年になって○○人が来るようになった。だけど、マレーシアや○○はまだだ。(国交がなかったんでしょうな)」

口角泡飛ばす勢いで、時折ジョークを交えながらしゃべりまくるジャッキー。
とにかく、ベトナム戦争やベトナムのことを私たちに伝えようという思いはひしひしと伝わった。

途中でお母さんとか、家族のことを持ち出して戦争のことを話していたけど、いまいち聞き取れず、忘れてしまった。
とにかく、ジャッキーにとって、それはほかのベトナム人にとっても同じでしょうけど、身近に実際に起こったことだということをひしひしと感じた。

シン・ツーリストのガイドの兄ちゃんはあんまり触れようとしなかったベトナム戦争のことをちゃんと伝えようとしてくれたことに好印象を持った。

それにしても、バスはオンボロだった。
イスズ製のバスで一見立派なのだけど、エアコンがほとんど効かない。
それでも参加者はひと言も文句を言わない。

バスは市街地を抜け、しばらく走ると田舎の高速道路を走っていく。

シン・ツーリストのツアーに参加していたら、大きくてきれいなエアコンもちゃんと効くバスで連れて行ってくれただろうけど、ジャッキーのガイドでよかったと思った。





ベトナムに行ってきた。その15
2月25日(土)

ホテルに帰り着いたのは、3時前だったかなぁ~。

ちょっと疲れたのと暑いので昼寝!
あとで知ったけど、ベトナムではみんな昼寝(シエスタ)するんだね。
昼間の暑い時間、3時間くらいみんなお昼寝。
ベトナム戦争をやっていたときも、シエスタの時は戦争もお休みだったらしい。

暑い間寝て体力を温存するのは、うちら百姓も同じですがな。

この頃はちょっと旅の疲れが出てた感じ。
そのままゆっくりしていたかったけど、買い物をするならもうこの時間しかなかったので、5時頃から国民百貨店の中のスーパーへ買出しに行く。

Aさんが「国民百貨店のカフェから通りを眺めるのも素敵だよ」と教えてくれたこともあり。

022537
アオザイを着たお姉さんがかっちょよい。

022538
2010年10月にできたサイゴン・スカイデッキ。
ヘリポート完備68階建て。
あんまり興味ないけど、一応写真撮ってみた。

どうやったら迷うの?っていうくらい、わかりやすいところにある国民百貨店がよくわからずに、2-3回訊ねてやっと到着。
だって「国民百貨店」なんてどこにも書いてないもの。
「TAXって書いてある」ってAさんにおしえてもらってたけど。(^_^;

2階にあるスーパーの入り口でバッグを預けてお買い物。
スーパーの中で店員さんが外国人を見つけると、「これ人気だよ、安いよ」攻撃。
適当に見て回って・・・。確かに安い。
あとで空港で買おうかと思ったけど、ここの値段見たら空港で買うのが馬鹿みたいに思えるくらい安かった。
月光仮面のマスクも買っちゃったよ。

022542
これだけ全部で600円弱。
レジでお金払うのに、慣れてないから時間かかって焦った~。
ドンは0がいっぱいついてるんだもの。(こんだけで137,400ドン。600ドンなんて硬貨がないから(?)おつり500ドンしかくれなかった。500ドン紙幣なんてはじめてみたよ。約2円。)

022539
最上階(4階)のカフェでレ・ロイ通りと人民委員会(市役所みたいなの)を見ながらひと休み。

022540
チャイラテ1杯58000ドン。昨日のバインミー(サンドイッチ)の4個弱分。そう考えると高いけど約240円。ロケーションを買ったと思えば安いもの? (当日のTLより)

日本の感覚では普通(安い?)なんだけど、ベトナムで数日過ごすと高く感じてしまう。
やっぱり、私は貧乏性。

でも、人少なくてゆったりできました。
静かにささやく恋人同士がいましたが~。
ちょっと暗くって、混んでなくて、いい雰囲気なので、デートにはうってつけ?
やっぱ、現地の人にはちょっと高くて、なかなか来れないんだろうなぁ~。

022541
ホテルへの帰り道に通ってみた市民劇場。
市民劇場。フランス統治時代1898年に建てられた、ベトナム戦争中は南ベトナムの国会議事堂として使われたもの。今日は土曜日なので何かの公演があってる模様。(TLより)
例によって例のごとく、すぐ近くなのに道に迷う。(^_^;
大体、左に行けばいいものを右に行ってしまうんだよね~。
でも、ベトナム人はみな親切でちゃんとおしえてくれる。
言葉がわからなくても、通りの名前とか言うと大体理解して、「あっちだよ」っておしえてくれる。

アメリカに行って迷ったときなんか、
目的地の目の前にいるのに
「あ、それはこのまままっすぐあと○○m行ったところだよ」って教えてもらって
信じて行ったのに、行けども行けどもなくて・・・
それも大雪の中でだぜ。シンジランナイ。呆然となりましたダヨ。

ベトナムに来て以来、胃袋が悲鳴をあげているので、この日の夕食は果物だけ。
(マジェスティックのウェルカムフルーツ持ってきた(^_^;)

湯船に水を張ってゆっくりお風呂に浸かっていたら
(泥にはまったジーパンの裾を洗わないといけなかったのだもの)
ふくらはぎのあたりがかゆい・・・

なんだこれ~?と思ったら、蕁麻疹みたい。
明日はメコンクルーズなんだけど、大丈夫かしら?と思いつつ、
とりあえず、持ってきた梅エキスを飲んで寝た。

お昼のお魚があたるには時間がたちすぎてるしね、
チャイラテのせいですか?
フルーツ? まさか?
疲れのせい?




やっとやっと2/25が終わるのである。



プロフィール

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。