2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かわ
8/27-28で五木村に行ってきました。
「現地調査」では、大滝~宮園の大イチョウ~いのすけ(江戸時代のお相撲さん)の墓・・・と、行ったことがあるところばかりでしたが・・・。(^_^;

もともと27日だけで帰るつもりだったけど、雨が降って畑が乾かないので大した仕事もできないので泊まってきました。

朝早起きして(勝手に目が覚める)散歩。
やっぱ、川はいいよね~。
ほれぼれしちゃう。

11082808

11082812

山里の朝(お日様)はゆっくりやってくる。

本当にきれいな川の色は、無色透明ではなく、水色がかった、緑色がかった深い透明で、そこに太陽の光が降り注ぐと宝石色の川になる。

11082816

11082818

11082819

11082820

11082821

11082824

シンポになんか行かずに、このままここに留まりたかった。
泳ぐにはちょっと寒すぎ。
おとな一人で泳ぐのは勇気いるし。(^_^;

11082826

11082817
もう晩夏なのに、ネムの花が残っていました。(ボケボケですけど)


ほんと、いい川だよね~。
川辺川ダムも五木ダムも、止まってしまいそうで、本当によかった。

しあわせなひとときでした。



8/29に右手首の骨折ったんだけどさ、
川辺で遊んできた後でよかった~♪
(よかねぇか(-_-;)





スポンサーサイト
球磨川下り~瀬戸石ダム~荒瀬~八代河口
この間の九州自然協議会の写真の続きです。


人吉城跡の太陽
人吉で朝のお散歩
朝霧に包まれて、もや~とした太陽です。

球磨川の朝霧
朝もやの中、コサギ2羽(写真中央)。
イソヒヨドリに会いました♪ 鳴いてくれんかった。ざんねん。

球磨川下り01
球磨川下り。
小学校の時以来、二度目です。
冬で水量が少ないので清流コースのみ運行。
急流コースがよかったょ。

球磨川下りこたつ舟
こたつ舟です。これ手づくりなの。
(これなら私も作れそう~♪ ちょっといいかも)
陶器に炭が入っています。
ビミョウに足が入れにくい構造。(^-^;

球磨川下り03
なんとかの瀬(忘れた)
船頭さんが若いです!(年寄りばっかりだと思ってたけど、若い人いるのね。よかった)

球磨川下り04
鵜がいっぱい~・・・、って、見えねぇ~か。
カワセミやらヤマセミやら、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オシドリ、キセキレイ・・・などなどがいました。
でも舟の上で双眼鏡覗くとキケンです。(気持ち悪くなります。二日酔いじゃありません。二日酔いの人もいたけどね)

瀬戸石ダム01
瀬戸石ダム
護岸工事をするそうで、ゲート開放してました。

瀬戸石ダム02
護岸がボロボロです。

瀬戸石ダム03
水位が下がってるお陰で、ボロが丸見え。

荒瀬01
荒瀬ダム上流

荒瀬 復活した川
川が復活してきています。(^^)

荒瀬ダム02
荒瀬ダム
このゲートが閉まることはもうないんだな・・・と思うと、なんか不思議。
感慨深いです。

荒瀬魚道だよ
10億円かけて造った魚道です。
結局、何年使ったんだろ?
10億円、五木の再生のために使えばよかったのにね。


この後、球磨川河口まで行って終了しました。


もっと生きものと遊べると思ったら、川辺川・球磨川ツアーでした。(^_^;
ま、いっか。


五木村へ
突然思い立って、九州自然協議会なるものに参加してきました。(12/11-12)

だって、たまには遊びたかったんだもの。


人吉に集合して、

五木和田村長
五木に移動して、役場で和田村長の話を聞いて

五木村役場のはり
五木村役場 はじめて中に入ったけどさ、立派なのね。
梁とか柱とか立派です。
さすが、10億円です。

トイレの広報
定住支援とか・・・やってました。
なんか、いろいろ補助があるようです。
・・・が、子育て支援だってさ。
子供おらんと無理なんかいな。そぉかいな。

201012五木1
五木の人たちの念願の五木大橋の建設が進んでいました。

201012五木2
かつては多くの人たちの暮らしがあった場所が更地になって
神社があった山が削られて・・・
悲しい景色です。

201012五木3

201012ダムサイトだったところ
ダムサイト予定地・・・だったところ。
過去形で言えるようになったのが嬉しい♪

201012境田橋
境田橋
濁ってます。(;_;)

トビケラ
トビケラだっけ?
大の大人が長靴はいて、網持って箱めがね持って
生きもの捕獲大作戦♪

カワトンボの幼虫
ヘビトンボの幼虫

201012焼き鮎
夜はでっかい川辺川の鮎の塩焼き。
ふっふーん♪



もっと自然観察ができるかと思ったら、
ほとんど川辺川ダムツアーだった。ざんねん。


某パーティー
11月25日(木)

「脱ダムへの道のり ~こうして住民は川辺川ダムを止めた!~」の出版祝賀会がありました。
会費6500円(;_;)は超痛かったですけども、行って来ました。

そうそうたる顔ぶれで、気後れしながら参加しましたが、
懐かしい人にたくさん会って、
「うっそ~!」と思うような衝撃の事実を教えてもらったり、
楽しい時間を過ごしました。(^^)
(でもなぁ~、料理が少なくて、あんまり食べないうちにすぐになくなっちゃっただよ。ハラペコ君)

本の感想をくんじがしゃべってくれたんですけども、
見事な解説と見事なつっこみ。
こんな風に授業でも話してくれたら、学生達も楽しかろうな・・・と、
すっかりいい“先生”になっていて、びっくりするやら、嬉しいやら。

DK
もうね、呼び捨てになんかできないね。(するけど)
すごいよ。


そして、利水訴訟の元原告団長の梅山さんが来られていたのが嬉しかった。
足がちょっと不自由そうでしたが、声をかけたらニコニコされていて。(^-^)
(覚えていてくれたのかな?よーわからんけど)
滅多に写真に写ることのない私ですけども、梅山さんとKさんと一緒に3ショットで写真を撮ってもらいました。
(写真は自粛・・・っつぅか、私のカメラじゃないのでデータがないよ。送って欲しい・・・)

みなさん


本当に、本当に、「川辺川」はいろんな役者がそろっていて、
いろんな場面場面に、適役・はまり役がいて、見事に立ち回って、
「この人がいたから川辺川ダムは止まった」というわけではなく、
(というキーマン・ウーマンはいますけども)
いろんな人が、それぞれの役回りを見事にこなしてくれたからこそ、止まった(まだ完全に止まったわけではないけども)のだと思います。

そんな役者の一人、K記者にも久しぶりに会って、
今は偉くなっていて、
でもほんとに、
あの時期に、Kさんがいなかったら、歴史は(少しは)変わっていたんじゃないかしら?
と思うくらい、本当に熱心に(ちょっとうざいくらい)取材してくれていました。

懐かしい人にいっぱい会えてよかった。
楽しいひとときでした。


みなさんは楽しく二次会に出かけていきましたが、
私は麹様のご機嫌伺いのためにさっさと帰りましたよ。
おかげさまで、麹様のご機嫌もうるわしかったです。(^^)v



干潟の堆積物調査
毎日仕事ばっかりしてても息が詰まっちゃいますから、
たまには違うことやって気分転換したい。(^_^;

とゆわけで、

荒瀬ダムが撤去になるので、
今後、海がどう変化するのかを調べるために、
干潟の堆積物の調査に行ってきました。

わざわざ名古屋からと、宮崎から“先生”が来てくれました。
こういう熱心な先生がいてくれると、本当にありがたいですねぇ~。

昨日、18時から学習会で、

大体ね、こういう用事が入る日は仕事日和だったりするわけね。
んで、翌日が雨なので、雨が降るまでが勝負!だったりするわけね。

んで、そういう時に限って、トラクターが壊れるわけよ。(-"-;

この間入院させて、部品交換してもらったから大丈夫になったはず・・・
だったんだけど、またもやロータリーが上がらなくなって
電気屋(電気系統)さんに来てもらって
「大丈夫だろう」って方法でやったのに、
電気屋さんが帰ってからまたもや・・・

そんなこんなで、結局、耕運したかったところみんなは終わってしまわず、
ロータリーが上がらないので動かせないトラクターは畑に放置して行って来ましたわよ。

そんなわけで、遅刻して到着。

M先生とは8年ぶりくらいの再会。(^^)
懐かしかったです。

8時から懇親会♪

11時に就寝、で、4:30起きで5:00に干潟に出発。
誰かさんのいびきがうるさくてほとんど眠れずに出発。(=O=;

暗い干潟
5時代の干潟はまだ真っ暗です。

堆積物採取
堆積物の採取方法を教えてもらっています。

干潟
少し明るくなってきました。
ダダダーっと、ひたすら(3km先まで)広がる干潟です。
広いです。すごいです。
でも、荒瀬ダムができてから、干潟が泥で埋まってしまって入れなくなっていたそうです。
それが、試験的に荒瀬ダムのゲート開放が始まってからは砂が戻ってきてアサリが復活してきていたとのこと。
荒瀬ダムのゲートが永久に開く、または荒瀬ダムが撤去されてしまったら、
またきれいな、生きものいっぱいの干潟に戻ることでしょう。(^^)

地形調査1
干潟の断面(高低さ)を測る方法を教えてもらっています。

地形調査2
ケンナワを持って干潟に入る役目を担当したんですけど、
この辺までくると、泥で埋まってズブズブで・・・
田植え靴がいるだよ。
長靴が埋まって、つこけただよ。(右手だけ犠牲になったところでセーフ)

ふるう2
持って帰ってきた堆積物を、網の目の大きさが違う6種類のふるいにかけて
粒の大きい砂と小さい砂とに分けます。

ふるう1

ふるったよ
見事に、粒の大きさごとに砂が分かれました。

Tさくら
お疲れ様でした~♪


これまでは、ダム工事などで環境が破壊されるところの調査が多かったので
暗い気持ちになりがち(?)でしたが、
今回は、「よくなる」ことがわかっている調査なので、希望あふれる楽しい調査になりそうです♪

ダム撤去前(今)の現状から、ゲート開放後、ダム撤去後 と、どう変わっていくかが楽しみです。
ダムの影響が海や干潟にどんな影響を与えるのかを科学的に証明する貴重な調査となりそうです。

この調査結果が、今後、川や海の再生を加速させていくことにつながれば嬉しいな・・・♪


プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。