2007/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
ひご野菜の試食会

1月31日(水) くもり 時々 はれ

 

さぶかった~ですね。

ブロッコリーの脇芽を摘んでいて、手と足の冷たいこと、冷たいこと・・・。

手がかじかんでかなわなくなってました。

お日様が照ってくれたら大丈夫なんですけどね。

お日様パワーはすごいです。

 

さて、

今日は、ひご野菜の試食会に呼ばれて行って来ました。

いちお、春日ぼうぶらの生産者として。(^-^)

 

春日ぼうぶらのサラダ
春日ぼうぶらを千切りにして、水にさらして
トビコ(トビウオの卵?)をあえて、
フレンチドレッシングをかけてあります。
シャキシャキしててうまかったですよ。
かぼちゃって生でサラダにしてもおいしいのね~。
色もオレンジできれいです。
 

春日ぼうぶらのムース・・・
と書いてあったけど、実際はプディング
生クリームを混ぜて、プリンにして、上にカラメルを乗せて
バーナーで香ばしく焼き目をつけてあります。
それにアイスクリームを添えて・・・
まったりとして、おいしかったですよ。
ぼうぶらの風味もちゃんとしてました。
 

春日ぼうぶらの団子汁
これは・・・個人的にはどうかなぁ~?
普通の豚汁の方がうまいかも。(^_^;
でも、さすがホテルです。
出汁がすっごいおいしかった!
 

春日ぼうぶらの団子汁の鍋(^^;
 
料理の写真は以上で~す。
春日ぼうぶらばっかりですみません。
だって、食べるのに忙しかったんですもん・・・。
ホテルの料理なんて滅多に食べれないからね~。
・・・と言っても、結局19品目のうち半分くらいしか食べれなかった。ザンネン!
 

幸山さん、春日ぼうぶらのムースを食べながら斉藤社長としゃべる・・・の図。
斉藤社長「春日ぼうぶらは普通に炊いても、うまくもなんともないんですよ~」と
幸山さんにチクってました。(^o^;
あ、いや、でも挨拶の時には、「春日ぼうぶらはなんとしても残していきたい!」
と大絶賛されてましたけど。
なんでも、キャッスルの名物料理のひとつにするとかいう話も出てるくらい。
(うちでつくるかどうかはまた別の話でしょうけど。
カボチャは手はかからないけど、畑の面積が必要なのです)
 

幸山さん、ご挨拶の図
 

試食中ですよ
 

松永きみこさんの歯に衣着せないコメントは
おもろかったです。
 

これまでスポットライトを浴びることのなかったひご野菜

というか、ご当地野菜。

ご当地野菜はその風土が育てたもの。

大量生産には向かず、

細々と少数の人が種をとって今まで守ってきてくれたもの。

熊本長ニンジンなんて、とっても長いので、掘るのが大変。

手間がかかるので、作る人は限られ、人数は減り・・・

そうこうしてそのうち、消えていった種がどれだけあるだろう。

おてもやんに歌われる春日ぼうぶらは、残っているけれど、

玄白なすびはどうしても見つからないそうだ。

 

熊本の風土が育てたひご野菜。

熊本で育っていなければ、全然別の形や味になっていたかもしれない。

体にも風土が宿る。

同じ風土の食べものを食べるのが、体にもよいのですよ。

 

 

終了後はOさんと中国茶でお茶してきました。

あんまり仕事したくなかった・・・というか、

最近「人恋しい」ので、話し相手が見つかってよかった。(^^)

中国茶の煎れ方とかもおもろかったです。

 

 

パソコンの不具合は、とりあえず、今日は解消しました。

なんでだろう~。

金曜日も出ないでね。

スポンサーサイト
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ