FC2ブログ
2007/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
[097] 春の生きものたち

<97号>春の生きものたち

 

「ケキョ! ホー、ヒー、ケヒョ・・・」と、まだ「ホーホケキョ」と上手に歌えなかったウグイスも、暖かくなるにつれて次第に歌が上手になってきました。朝早くからうちの生垣の中で歌の練習をしているので、最近はウグイスの鳴き声で目覚める朝です。口笛のような高く透き通る声のイカルも、天気がいい日にはきれいな声でよくさえずっています。父が3月6日に「おどんがえの(うちの)ツバメが来たばい」と言っていましたが、その後寒くなり、私は姿を見ないまま、いなくなりました。こんなに寒くなってどうしていることやら?と心配していたら、3月20日に田んぼの上を飛ぶツバメの姿を確認。“おどんがえ(うち)”には3月25日に帰ってきました。やっとすっかり春ですね。


“おどんがえのツバメ”は、今年も、去年同様、私の車の上に巣を構えています。去年はネコにとられないように、何度か巣を壊してもっと安全な場所につくるように仕向けましたが、やっぱり気に入ったところにしか巣をつくりません。あまり何度も壊すとかわいそうなので、結局、人間の方が折れました。今年は最初からあきらめて、ネコにとられないように車を移動させて、車一台分のスペースをツバメに明け渡しました。

 

2月のあたたかかった頃によく目にしていたテントウムシの姿が、最近見えなくなっていました。小松菜などにアブラムシがつき始め、あらら…と思っていたら、あちこちでテントウムシの幼虫を目にするようになりました。かわいい姿の成虫と違って、幼虫は一見グロテスクです。でも、幼虫も成虫同様肉食で、アブラムシを食べてくれます。エサ(アブラムシ)が増えると、ちゃんとそれを食べる虫(テントウムシ)が出てくるんですね~。こうやって「いのち」がつながっていくんですね。「自然の仕組み」はよくできています。

 

畑で時々、「ゲンゲーン!」と鳴く声を耳にしていました。キジの声に似ているので「畑にキジがいるよ」と親に言ったら、「今まで近所でキジなんか見たこともない。キジがいるわけがない」と言われました。70年もここに住んでいる親にそう言われると自信もなく・・・。それでもやっぱり、たまにキジの声を聞くので、近所で飼っている人でもいるのかな?と思っていました。ところがところが、3月29日、畑で草取りをした時でした。暑いのでベストを脱ぐために立ち上がったその時、畑をトットコトーと歩く大きな鳥を発見! ニワトリよりも大きく、ニワトリよりもスリム。顔が赤くて緑色・・・。そうです! キジのオスです。野生のキジが畑を歩いているのです。その距離わずか40mほど。キジは大きいのでそのくらいの距離だと肉眼でもはっきり見えます。つっ立ったまんまじっと見つめている私を横目に、キジは慌てる様子もなく、畑から道路に上がり、道路をテクテク歩いて渡り、道向こうの畑に去っていきました。キジは体が大きいので、飛ぶよりも歩く方がラクなのかも? ちなみに、キジは白川の河川敷にもいるそうです。白川の河川敷からうちまでは直線距離で約1kmほど。キジが白川から飛んできても、何もおかしくありません。それ以来、毎日のように畑でキジの声を聞いています。春は繁殖期なので、きっとお嫁さんを呼んでいるのでしょう。


冬から春先にかけては、野ウサギもうちの畑にやってきます。野ウサギは夜行性なので姿を見ることはありませんが、畑にウサギ独特の足跡が時々残っています。わざわざ無農薬のうちの野菜を食べに来るなんて、グルメなウサギです。(^o^;

 

私は百姓になるまで、近所にウグイスがいることも、イカルがいることも、キジがいることも、野ウサギが来ることも、時々空をミサゴ(トビくらいの大きさの魚を獲るタカ)が飛んでいることも、用水路が夏にはメダカでいっぱいになることも知りませんでした。地元にいながら、地元を知っているつもりで、ちゃんと見ていなかったのですね。周辺は田んぼが広がる田舎ですが、割と基盤整備が進んでいてコンクリートで塗り固められているので、こんなに自然が残っているとは思っていませんでした。生きものたちの方が、たくましく環境に適応しながら、人間と共存してくれているのかもしれません。みなさんもまわりの自然に目を向けてみるといろんな“発見”があるのではないでしょうか。

 

2月下旬に植えたジャガイモ。
3月に入って寒くなったのでなかなか芽が出ませんでしたが、
ようやく3/28発芽しました。
 

端境期真っ盛り!です(涙)。里芋もジャガイモも出荷終了。レタスも流れて出荷不能に。ヒトモジもトウが立ち始め、残りわずか。ブロッコリーも開いてしまい出荷不能に・・・。あとはハウスの菜っ葉が少しとニラと大根くらいしかありません・・・。おまけに3月が寒かったために次の菜っ葉がまだ小さく、ハウスの菜っ葉はいささか大きくなりすぎです。葉ものが多くてごめんなさい。今たくさん花が咲いているエンドウにぼちぼち実がつきはじめました。もう少ししたらサヤエンドウやグリーンピース、スナックエンドウなどが出荷できるようになります。葉タマネギもそろそろです。あと2週間くらいが踏ん張りどころです。ミブナなどの葉ものにアブラムシがついています。母が丁寧に洗ってくれましたが、まだ残っているかと思います。しっかり洗ってから食べてください。満足のいく野菜が出せなくてすみません。m(._.)m

スポンサーサイト



プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ