2007/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[131] おすすめ料理本!

 <131号> おすすめ料理本!


つくりたい料理に必要な野菜をそろえるのではなくて、「今、この野菜があるからこれをどう料理してやろうか」というのが本来の料理です。


季節季節に大地から贈り出される生命力に満ちた野菜たちを受け止めて、食卓に生かす技術が忘れられつつあるのはさびしいですね。これでは、畑はどんどん荒れてしまいます。畑からとれる野菜にはその土地、その季節に適応していくための多種類の元気の素が、多彩な旨味成分と一緒にたっぷり含まれています。季節のおいしさを楽しんでいれば、カロリー計算や栄養計算などをしなくても、自然にバランスのとれた食生活になります。

 

わ~!!! なんて嬉しいことを書いてあるんでしょう!!! うんうん、その通り! そうなんだよなぁ~。こんなことを思いながら、うちの野菜を料理して食べてもらえたら、百姓冥利に尽きて、感動の嬉し涙がボロボロこぼれてしまいそうです。

 

この文章は「野菜だけ? 目からウロコの野菜まるごと料理術」大谷ゆみこ/\2,800-)の最初に紹介されているものです。まさに、生産者が安全な農産物を供給し、消費者が正当な価格でそれらの農産物を定期的に買い取る“提携”(=要するに“野菜セット”)をやっている人たちにうってつけの本だわ~! などと感心していたら、この本に紹介されているレシピは「大地を守る会」の会報に紹介されたものがモトになっていると知って合点がいきました。

 


 

次々に出版される料理の本は、肉料理の引き立て役や飾りのような料理、種類ばかり多く手がかかって多くの野菜が余ってしまうような料理、輸入野菜や新種の洋野菜、アジアの野菜、一年中夏野菜等々、不自然な野菜を使ったレストランやカフェ仕様の料理ばかりが紹介されて、日本の畑でとれる野菜の出番がないのです。これでは、せっかく育ってきた畑とキッチンを結ぶパイプが切れてしまいます。


かといって、週1回の宅配野菜だと使い切れないという声もよく耳にします。いくら安全で質のいい野菜というハードを提供しても、それを食べこなす料理術というソフトをつけなかったら、生かすことができないのです。


野菜は、一番おいしいときに皮ごとダイナミックに調理しておけば、1週間はおいしく食べられます。そして、下ごしらえ済みのインスタント料理材料としても多彩に活用できる料理術を身につけることで問題は一気に解決、野菜も畑も大喜びです。おまけに、キッチンの生ゴミの量が驚異的に少なくなり、料理時間も節約できます。

 

 

・・・というわけで、この料理本では、素材ごとにちょっとひと工夫しておけば、その後、いろんな料理に生まれ変わりますよ~って感じで紹介してあります。


涼しくなると葉ものが多くなります。白菜にほうれん草、小松菜、チンゲン菜・・・そんなにいっぺんに葉ものが入っていても困ってしまう!! そう思われても無理はないかもしれません。昔の私だったらきっとそう思ってしまうでしょうから。(^_^;


例えば白菜。白菜の軸と葉先を分けてそれぞれに切っておくと「ハクサイの軸とヒジキのナムル」「2色ハクサイのゴマユズ味噌ドレッシング」「ハクサイとシメジのロールサラダ」「ハクサイのリンゴ煮ユズ風味」「ハクサイのシチューフノリ風味」→(「ハクサイのシチューフノリ」を使って)「ハクサイ・スープパスタ」「ハクサイリゾット」・・・と7種類もの応用した料理法が紹介されています。これがゴボウ、レンコン、ジャガイモ、ニンジン、トマト、カボチャ・・・などなど、いろんな野菜ごとにおいしそうなレシピを紹介してあるので、とっても重宝します。もしも「野菜が食べきれなくて・・・」とお困りの方がいらしたら、ぜひ、本屋さんで探してみてくださいね。

 

それから、著者の大谷ゆみこさんはベジタリアンなので、この本には肉や魚を使ったレシピは登場しません。肉や魚が入っていなくても十分においしく、満足するレシピばかりですが、物足りない方は自分なりにアレンジして肉や魚を入れるのも一つの方法だと思います。でもね、百姓としては、ぜひぜひ野菜を“メインディッシュ”にして、野菜本来の味と旨味と栄養を存分に味わって、健康ライフを送って欲しいと思います。(^^)

 

 

-*-*-*-*-*-

本文は以上ですが・・・

スペースが足りなかったので書けませんでしたが、

この本を、野菜中心の食生活の“とっかかり”にするといいのではないかと思います。

 

 


スポンサーサイト
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。