2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[278] 野菜がないみたいですよ。
ベトナムがなかなか終わらないので、業を煮やして・・・、本業いきます。(^_^;
仕事もしてます。
ってか、仕事しかしてませ~ん。



<2012/02/21> に書きました。




<278号> 野菜がないみたいですよ。

「りずむさん、野菜ないですか~?」 普段は滅多に連絡の無い、有機野菜を扱うA社から電話がかかってきたのは1月はじめのこと。私にまで電話がかかるとはよっぽどのことです。シャバでは切実に野菜が足りないようです。日頃お世話になっているので、ミズナを少しばかりお分けしましたが、もともと少ししか植えてないので出荷できたのは、ほんの少しを一回だけ。

農薬や化学物質が私たちの環境や健康を蝕んでいることが明らかになったのは1970年頃のこと。これを教訓とし、有機農業運動が起こり、各地で環境にも人にも優しい農産物が生産されるようになりました。有機野菜をつくる人は、まず一番に環境を守らなければならない!と、私は思うのです。たぶん、多くの大先輩たちもそう思っているはずです(偉そうでごめんなさい)。だって健全な環境なしに、安全な食料は作れないのですから。(すぐ脳裏に原発が浮かびます。福島の農家のみなさん、ごめんなさい)

だから、環境にやさしく、できるだけビニールハウスなどは使わず、露地栽培で旬の野菜を・・・ という路線で多くの有機農家はがんばってきました。でもね、A社の担当者曰く、「これじゃやっていけない」のだそうです。「露地だけでは今年みたいな場合に対応できない。ビニールハウスの方が野菜の質もいいし、気候に左右されにくい。だけど生産者にその意欲が無い」と嘆いておいででした。

今年みたいな場合はしょうがないと思うのです。それをわかってもらうこともA社や私たち生産者の仕事のうちのはず。(だから、いつも“たより”にクドクド書いてるわけです。(^_^;) でもA社は大所帯。お客さんの数も多く、昔からの有機農業の歴史を知り尽くしている人もいれば、最近のオーガニックブームで有機に流れている人もいるでしょう。後者の人たちは、現状を理解できずに、ある程度の野菜が揃わなければ離れていってしまう。だからどうにかしなければ!! たぶん、担当者の頭の中はこんな感じだったのでしょう。

そんなワガママなお客さんはほっときゃいいのよ!と思うのですが。(^_^; 組織になるとそうはいかないみたいです。

消費者の「快適便利」を追及した結果が、「冬でもトマトやキュウリが食べられるように」と、ビニールハウスでビニールを何重にも張り巡らし(ビニールハウスってビニールを一重に張ってあるだけでじゃなくて、野菜の周りを小さなビニールトンネルで囲み、さらに次のトンネルで囲み、さらにシルバーシートで囲み、さらにカーテンで覆い、外側のビニールで覆う・・・ってな具合にビニールが四重五重になってるんですよ。種類にもよりますが)、さらに夜はボイラーを炊いて加温する・・・という、化石燃料使いまくり、二酸化炭素発生しまくり(お金もかかる)なんですよ。冬のトマトやキュウリは石油を食ってるようなものです。「快適便利」を追求した結果、今の環境問題を生み出してしまったのに、私たち有機な人たちが同じ轍を踏んでしまったらイカンだろぉ~?と思うのですが。

ビニールハウスで栽培するなら、ハウスの中には雨が降らないので灌水チューブを張り巡らして、タンクを設置して・・・って、莫大な設備投資が必要です。環境にだって負荷をかけます。それでもワガママなお客さんに合わせないといけないのかなぁ~? 大所帯は大変だなぁ~。ワガママ放題にできる弱小農家でよかったなぁ~と思うわけです。マル。(^o^;(お客さんに恵まれてるお陰です。(^_^;)

有機でもビニールハウスで冬にトマトを作っている人もいます。まぁ、その辺は考え方の違いですな。(^o^; 批判はしません。生計を立てないといけないのですから、しょうがないです。でも私はイヤです。消費者が選んでくださればそれでいいと思います。あとね、ビニールハウスの野菜よりも露地野菜の方が絶対美味いです!(^o^)v



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。