2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[284] 方針転換します(黒マルチの使用について)
<2012/05/08> に書きました。






<284号> 方針転換します(黒マルチの使用について)

楽しいゴールデンウィークでしたか?私の方は畑の耕耘、玉ねぎの収穫・出荷、トマトやキュウリやカボチャやズッキーニの世話や草取りなどなど、毎年のことですが、仕事に明け暮れました。雨の後の5/2に半日だけ家の片付けをした以外はず~っと仕事してました。それにしても、事故や自然災害が多かった今年のGW。天気がよく仕事もはかどった(?)ので、コレデイイのです。(バカボンのパパ流)(そのうち絶対休んでやる~!<<心の叫び)

りずむ自然農園では「黒マルチを使わない」ことをモットーとしてきました。黒マルチを使うと生きていけない生き物がいるということと、石油製品はできるだけ使いたくないという理由からでした。・・・が、黒マルチを使わないと草取りが本当に大変で、自分でやろうとすると手がまわらずに草ボーボーとなり、その結果、いい作物ができなくなるし、かと言って、友達のバイトやシルバー人材派遣のおっちゃんを雇うと支払いが大変で・・・。(._.; 一番大変なのは梅雨の時期です。梅雨の間は雨が降り続くので草取りができず、結果、畑は草ボーボーとなり、去年は里芋の畑の草取りだけで1ヶ月ほど費やしました。ひととおり終わってしまうと、最初にとったところにまた草が生えているという有様で、結局二回も草取りをする羽目になりました。その間、ほかの作業ができず、作業は遅れ遅れになって日暮まで働いて体はヘロヘロになるのに、作物はよく育たないという悪循環でした。

有機農業をやっている人のほとんどは使っている黒マルチです。かたくなに使用を拒んで体を壊したら元も子もないので妥協することにしました。・・・というわけで、去年の冬の玉ねぎから黒マルチでの栽培を始めました。お蔭でそれまで冬の寒い中、延々ととっていた玉ねぎの草取りをしなくて済みました。(代わりに人参の草取り三昧だったのは置いといて・・・)

かと言って、やっぱり「黒マルチを使ううと生きていけない生き物がいる」という点については抵抗を覚えます。黒マルチの使用を妥協してからこれまで、ジャガイモ、里芋、スィートコーンに黒マルチを使用しました。そうしたら、先日、里芋の黒マルチの上で死んでいるキイロヒラタガムシ(田んぼなど、水中で生きる昆虫:うちの田んぼにたくさんいます)の亡骸を発見しました(涙)。夏に時々、トンボが黒マルチの上にお尻をチョンチョンとつけて、産卵行動をしている姿を見かけます。あれは、トンボがキラキラ光る黒マルチを水面と間違い卵を産みつけようとしているのです。おそらく、キイロヒラタガムシも、トンボと同様に、キラキラ光る黒マルチを見て「水だ!」と思って飛んできたのでしょう。でも、そこには水はなく、「水じゃないならほかを探そう」・・・なんて考えることはできずに、ただ水を求めて命尽きていったのかと思うと心苦しく思います。

本音としては、やっぱりできるだけ使いたくないのですが・・・。でも、もうそんなに若くないし、体を壊したら元も子もないし…。ということで、例年、草取りが追いつかずに草ボーボーになりがちな作物にだけ使うことしにます。ナス、ピーマン、オクラ、カボチャ、ズッキーニ、トマト、キュウリなど、夏の主力作物はこれまで通りワラマルチです(大抵の人は黒やシルバーのマルチを使います)。里芋の黒マルチにも、マルチの上にワラを敷いてカムフラージュし、虫たちが水面と間違えないような配慮をしたいと思いますので、ご理解いただきますよう、お願い致します。m(._.)m

12050801
5/5-6でカボチャの草取り&ワラマルチをしました。ワラを敷くのに半日かかりました。(5/7強風でワラがぐちゃぐちゃになりました)





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。