2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[289] 大雨被害/原田先生追悼その②
<2012/07/17> に書きました。

※一部、ブログ用に修正あり。




<289号> 大雨被害/原田先生追悼その②

ものすごい大雨でしたね・・・。夜中から断続的に激しく降り、尋常じゃない降り方に田んぼが心配でほとんど眠れず、5時過ぎに田んぼを見に行きましたが、植えたはずの苗の姿はどこにも見えず、すっかり“海”になっていて、手の施しようがありませんでした。畑の方も野菜たちはきっと大変だったと思うのですが、今のところ目に見える被害は出ていません。大雨の後、急に晴れると野菜がダメになってしまうので、今後の影響が気になるところです。でも、このくらい、龍田や阿蘇などで床上浸水や土砂崩れの被害に遭われた方に比べたらどうってこともなく、多くの死者まで出てしまった今回の被害の大きさに圧倒されています。みなさんのところやご親戚・ご友人に被害に遭われた方はいらっしゃいませんか? お見舞いと一日も早い復旧をお祈り致します。

こんな時にこういうことを書くのもどうかと思うのですが・・・、それでも、大雨も悪いことばかりではありません。昔から、大河が氾濫して上流から土を運び、土地を豊かにしてくれていました。川が激しく流れることで、川底を洗い流し(魚の産卵の場ができる)、普段は水が来ない場所をかく乱することで、木の侵入を防ぎ、大量の水や土砂を海に供給する・・・。大雨も自然のサイクルのひとつに組み込まれている現象です。有明海や不知火海などの閉鎖性水域では、水の出入りが少ないため水質の悪化が心配されますが、大雨が降ると湾内の水は外海に押し出され、水が入れ替わり、海も生き返ります。漁師さんたちは「大雨が降った年は魚がよくとれる」と言います。大雨は私たちに脅威をもたらすと同時に、恩恵も与えてくれています。日頃、自然から恩恵をいただいているのであれば、その脅威もしっかり受け止めるべきなのでしょう。・・・・が、それにしても降りすぎ。(-“-; 死者が出るほど降らなくてもいいものを~。「お年寄りが泥かきをしている」という話を聞くと、居ても立ってもいられない気分です。時間を見つけてボランティアに行きたいと思います。(大雨による水没と、ジャンボタニシに稲の苗を食べられて、田んぼが大変なことになってます。ちょっと待って~)


「湯ぶねの中でじっと瞳(ひとみ)を開いたままの少女。痩(や)せて硬直した体を母親がいとおしむように包んでいる」(熊本日日新聞 農孝生氏のキャプションより)

この写真は、胎児性水俣病の上村(かみむら)智子さんとお母さんがお風呂に入っておられる写真です。お母さんの表情がまるで観音様みたいに穏やかで、智子さんへの愛情がびしばし伝わってくる写真です。写真を撮ったユージン・スミスさんは「泣きながら撮った」そうです。

お母さんのお腹の中で水俣病になった智子さんは、目が見えず、言葉も話せず、寝たきりの生活でした。その智子さんをご両親は「宝子」と呼んで大事に大事に育てられました。「この子が私(お母さん)の毒を吸い取ってくれたお蔭で、私は大丈夫だし、下の子たちも病気にならずに済んだ」と。下の子たちも“お姉ちゃん”を大事にされたと言います。

このエピソードは先月亡くなった原田正純先生から聞いたものです。この写真の力も凄いのでしょうが、お母さんの愛情がこんなに伝わってきたのは、それを伝えてくれた原田先生が智子ちゃんに対して深い愛情を持っておられたからなのだと、今にして思います。こんなに愛情深い家族が、当時は差別を受け、貧しい暮らしの中で、智子さんが21歳で亡くなるまでお世話をされていたのです。国や窒素の冷たい仕打ちに比べると、上村(かみむら)さんご家族や原田先生の気持ちの暖かさが際立って感じられます。ちなみにこの写真は、訳あって今は封印されて見ることができません。(でももちろん、ユージン・スミスさんの写真集などでは見ることができます。是非、多くの方に見てもらいたい写真です。)




原田先生お別れの会の時に、智子さんのお父さんが「(原田先生が来られた時は)智子が見えない目で一生懸命先生を見ようとしていた」と話されていたのが印象的でした。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。