2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[302] 今年もよろしくお願いします。(^_^)
<302号> 今年もよろしくお願いします。(^_^)

あけましておめでとうございます。いいお正月でしたか? 

相変わらず野菜の高騰が続いています。例年は1月になると値が下がるのに、高止まりしたまま。寒すぎて、よっぽど野菜が足りないのでしょうね。うちのブロッコリーやカリフラワーもなかなか大きくなってくれません。(^_^;

ちょっくらベトナムに行ってきました。実は去年の2月にもベトナムに行きました。その時は、ただ、本を読んでマジェスティックホテルからサイゴン川の朝陽を見たくなったから。(^_^; 百姓をはじめて8年。海外に行く余裕(お金も時間も)などありませんでしたが、家庭を築き、子育てをする友達を横目に、しばしの焦りと若干の羨望を感じつつ、シングルの我が身を振り返り、このまま仕事だけに明け暮れていいのだろうか?と自問自答した結果のベトナム行きでした。(^_^; 「背負っているものが何もない分、身軽なので、今のうちにできることをやろう!」というくらいの軽いノリでした。(去年のはなしですよ)

そうしたら、最初の晩に泊まった部屋がマジェスティックホテルの103号室。かつて開高健氏(芥川賞作家)が朝日新聞社の特派員として、ベトナム戦争取材のために1964-65年に約100日間滞在した部屋でした。スマホで検索してみると、なんと私と開高健の誕生日が同じ…(^_^; 奇妙な縁を感じて「帰ったら『ベトナム戦記』を読んでみるか…」と思ったのでした。

ホーチミン市内で博物館を見てまわったり、友達の友達にマングローブの森に連れて行ってもらったりし、ベトナムの歴史やベトナム戦争やボートピープルについて…などなど、話を聞くにつれ、自分がいかに無知であるかに気づきました。枯葉剤の影響で障害者になった方の工芸品の作業場。足がありえない形に曲がり、立つこともできず座ったままの姿勢ながらも器用に手を使って移動して雑誌を売り歩く人。教会の前で物乞いをしている皮膚がボロボロのおじさん。市場で物乞いしているおばあさん・・・。市場で観光客相手に物売りさせられている子供たち。(買わなかったら「なんでやねん!」って言われた(^_^;)「共産主義ってなに?」「なんでベトナム人は共産主義を選んだの?」「なんでアメリカは枯葉剤の被害を認めないの?」・・・

原田正純先生はかつてベトナムの研究者と一緒に枯葉剤被害者の研究をされていて、ホーチミンのツーズー病院の話をしてくれました。「ツーズー病院の地下には幾百ものホルマリン漬けになった赤ちゃん(胎児)の標本がある」と。地図でツーズー病院を見つけ、バイクタクシーで連れて行ってもらい、中に入れるわけでもないのに、ただそこで物思いに耽りました。

ベトちゃんドクちゃんは有名です。でも、ベトちゃんドクちゃんは生まれて来れたので、そこまで重症ではなかったのです。もっと重症な赤ちゃんは生まれてこれなかった。想像ですが、正視できないような姿の子も多いのではないかと思います。

便利なもので、スマホなどを持っていくと知りたいことをすぐに知ることができます。ベトナム戦争時には、韓国軍が残虐の限りを尽くしていることも知りました。(10万人虐殺とかレイプとか)

「なんで罪もない人たちがこんなに苦しまないといけないの?」「戦争ってなに?」「アメリカは何をしたかったの?」帰りはそんな思いでいっぱいになり、去年はとても旅のレポートを書ける状態ではありませんでした。そして、ベトナム関係の本を読みあさりました。「サイゴンから来た妻と娘」「サイゴンのいちばん長い日」「ベトナム戦記」「『安南王国』の夢」など。

中国に1000年も支配され、さらにそのあとフランスに80年植民地支配されたベトナム。一年に三回もお米がとれる豊かなメコンデルタ。・・・スペースがなくなったのでとりあえず終わります。(^_^; 今年の旅のはなしはまた今度~(^o^)/

こんなアタシですが、今年もよろしくお願いします。m(._.)m


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。