2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[327] 大根と人参
<327号> 大根と人参

あけましておめでとうございます。あたたかいお正月でしたね。どんなお正月をお過ごしでしたか?

お正月に暖かい日が続いたお陰で、2ヶ月ばかり生育が遅れていたブロッコリーや白菜、キャベツ、カリフラワーなど、冬野菜たちがようやく大きくなってきました。(^-^) ぼちぼち出荷を始めましたが、まだ少ししかないので本当に“ぼちぼち”です。みなさんのお手元に届くのを楽しみにお待ちいただければと思います。(^_^;

お正月は暖かかったものの、このところの冷え込みはなかなか堪えますね。出荷作業をする小屋は開け放しで暖房もないので寒い日はほとんど凍えながら作業をする日々です。

このところ毎日のように霜が降りるので、大根やカブの葉っぱの元気がなくなりつつあります。そのため、大根の葉っぱを落とし始めました。大根の葉っぱにはカルシウムが多く、できればまるごと食べていただきたい!と思うものの、、、見栄えがよくないのと、葉っぱを落とした方が軽くなるので運ぶのが楽です。(^_^; 見てくれが悪いとは言っても、まだ食べられる大根の葉っぱ。もしも、ご希望の方がいらしたら葉っぱもつけて出荷しますのでおっしゃってくださいね。カブの葉っぱもボロいですが、こちらは落とすかどうか思案中です。

それから、この冬の大根、大きいのはひたすら大きく、小さいには本当に小さい・・・という、かなり大きさに差があります。秋が寒かったせいでしょうか? そのため、大きいのがドカン!と入っていたり、小さいのを2本入れさせていただいていたりします。本当は形のいい大根をドーン!とお届けしたいところですが、そうもいかず、申し訳ありません。大きい大根は貴重なので、申し訳ないと思いつつ、割れているものも入れさせていただいています。どうぞご了承いただけるとありがたいです。

それから人参。後から種をまいた人参の出荷を始めました。人参は生育がゆっくりなため、生育初期は草に覆われてよく育ちません。そこで、人参を植えるところは“養生処理”を行います。夏の一番暑い時期に、水分調整をしてビニールを張ります。こうすることによって、表面の草の種が焼け死に、微生物が活発に活動することによって、人参がよく育つ土づくりができるのです。ちょうど一回目の人参の畑を養生処理していた去年の8月終わりから9月頭にかけて雨が続いたため、養生処理がうまくいきませんでした。そのせいで、生育が遅く、あまりいい人参になりませんでした。

一方、二回目の人参は養生処理の間、ずっといいお天気が続き、畑の土壌環境もよくすくすくと育ったため、見るからに「余計なストレスなく素直に育ったなぁ~」という感じです。大きさも、一回目にまいた人参よりも、二回目の方が生育期間が短いにもかかわらず大きくて形がいいのが多いです。やっぱり、野菜づくりは土づくりなのだなぁ~と改めて思います。でも、天候に左右されやすい露地栽培では、なかなか思うようにいかないことも多く、、、。まぁ、その辺はしょうがないです。いい野菜ができるように、最大限の努力をするだけです。

大きい大根も、小さい大根も、一回目にまいた人参も、二回目にまいた人参も、変わらないのは、どれも一生懸命大きくなろうとしていること。がんばって生きていること。こんなに寒い日が続いても、弱音も吐かずに黙って、自分で凍らないように糖分を体内に蓄えてじっと寒さに耐えています。野菜たちは偉いです。見習わなければ・・・と思います。(^_^; そしてその野菜が一生懸命に蓄えた糖分を、ニンゲン様は「うまい、うまい」と味わうのです。(^o^; 野菜のがんばりに感謝!!なのです。

この間、カブと卵の炒め物を作りましたが、カブが甘くておいしいこと!! カブも人参も大根も白菜もほうれん草も・・・、今が一番甘味が増して美味しい野菜たちです。どうぞ、この冬の野菜たちの味を十分に味わってくださいね。(^^) 今年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。