2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[342] 太陽の恵み、大地の恵み
<342号> 太陽の恵み、大地の恵み

お暑うなりました。前回の“たより”に「心なしか涼しい」などと書きましたが、やっぱり暑いです。(^_^; 真昼に外に出ると太陽の熱で溶けそうになります。なので、お日様が天頂に昇る時間は、ひっそりと屋根の下に身を潜めております。(代わりに早朝と夕方メインでお仕事します~)

この太陽のエネルギーを吸収して育つのが草! 梅雨の雨が降り出す前に耕しておいても、畑は梅雨が明ける頃には草ボーボー。毎年、この時期は必死で草と格闘するわけですが、言い換えれば、それだけこの熊本の大地の生産性が高いということです。世界の中では、一年の半分は雨がたくさん降るけど、あとの半分は一滴も降らないというところもあり、そういうところではほとんどの植物は育つことができません。草と闘いながらも、こうやって一年中、なんらかの野菜を生産できるこの地はすばらしいのです。「大地の恵み」なのです。(そう言って自分を慰める(^_^;)

そして、この季節、そんな太陽の恩恵を受けて、びゃんびゃん大きくなっているのが稲。田植えしてまだ1ヶ月しか経っていないのに、最初はヒヨヒヨでたよりなかった稲はがっしりと根っこで土を掴み、太陽のエネルギーを吸収してたくまし~く成長中です。(^^) 茎がいくつにも分かれ(分けつ)、開帳型(扇みたいな形)にワッサーっと葉っぱを広げてお日様の光を全身に浴びています。重さにしてみたら、たぶん、10倍とか20倍になっているのではないでしょうか。草は大きくなって欲しくないけど、稲は大きく成長して欲しい・・・、そんな身勝手なことを考えたりします。(^o^;

一方、野菜にとっては厳しい真夏です。梅雨が明けるまでは順調にたくさん収穫できても、梅雨が明けて真夏に突入すると暑すぎて実がつかなくなったり、強烈すぎる日差しに火傷して変色したり・・・。例年、8月後半から野菜不足に陥りますが、今年はどうなりますことやら。(^_^;

もうトマトがどうにもよくなくて出荷を停止。一代目のキュウリは終わり、現在、二代目キュウリが収穫できるようになりました。この二代目キュウリですが、支柱を立てて、仕立てようと思っていたのですが、台風8号が来る前の強風で一代目の支柱が倒れて折れてしまい、次の台風が怖くなって、結局仕立てをやめて地這いで育てることにしました。(^_^; 仕立てと地這いでは株間の間隔が違ったりするのですが、ま、きっと猛暑であまりよくできないでしょうから・・・と半分あきらめています(<こらこら(^_^;)。今はかろうじてなんとかなってくれているナスやピーマンですが、このところ、樹勢が衰え気味。みなさんのおうちでは、このところ、ちょくちょく雨が降っているでしょ? でもね、うちは全然降らないのです。ココは雨が降らないところなのです。畑が濡れないくらいの雨が2回くらい降りましたが、畑が濡れないくらいでは野菜の水分補給にはなりません。(^_^; もっとマメに水遣りする時間があればいいのですが、なかなか・・・ね。少しでも野菜たちが猛暑を乗り切れるような手助けができたらな・・・と思います。

IMG_2166.jpg
太陽に向かって精一杯腕を伸ばして~



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。