2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[361] 味噌づくりワークショップやりました。
<361号> 味噌づくりワークショップやりました。

すっかりポカポカ春ですね~。モクレンの花が咲き、柳などの新芽が芽吹き始めました。この陽気に誘われてどこかピクニックにでも行ってみたい・・・そんな春ですね。(^^)

さて、もう2ヶ月も前のことですが、味噌づくりワークショップをやりました。原料はもちろん、うちのお米で作った麹と、うちの畑でとれた大豆です。(^^) 自分で味噌を作ってみたい希望者を募り、3組のお客様が参加されました。3組といっても、1組のお客さんが総勢9名で参加されたので当日はとっても大賑わいの一日でした。当日は午前中に各自、大豆をやわらかく炊いてきてもらったもの(一部、うちで炊きました)と、私があらかじめ仕込んでおいた麹(今回は軽く八分程度に精米したお米で作りました)と塩を混ぜる!・・・だけ。(^_^; That’s all. 超簡単(^_^; ・・・と、文字で書くのは本当に簡単なのですが、文字で書くのと実際にやるのとではだいぶ違いました。とにかくワイワイ大勢で楽しく作業ができました。当日の作業は大したことはないのですが、大事なのはその後の管理。空気をしっかり遮断して、おいしい味噌になるまで数ヶ月寝かせておかねばなりません。その間に麹様がゆっくりじわじわ、最初はただしょっぱくて味気ない物体を、アミノ酸たっぷりの滋養豊かな味噌に変身させてくれます。そして、その間に味噌にそこのおうちの“風土”が宿って、そこの家族に最適な、体にやさしい味噌になっていくのです。(^^) 味噌って不思議なもので、同じ材料や分量で作っても、家ごとに味が違うのですよ。科学的ではないかもしれませんが、これってまさにそのおうちの“味”になるということなのでしょうね。

昔(と言ってもほんの40-50年前くらいまで?)はどこの家でも自分の家で味噌をついていました。家に味噌蔵がある家も珍しくありませんでした。

「発酵食品は体にいい」といわれていますが、農業を始めてから、自分で堆肥やボカシ肥料をつくったり、味噌を作ったりするうちに、「発酵」ってすごいなぁ~と思うようになりました。これをつかさどっているのは「菌」です。目にも見えない、時々「バイキン」と言われてニンゲンから嫌われることもある「菌」ちゃんです。

味噌はたんぱく質が酵素によって分解され、体に吸収されやすい形になっていて、乳がんの発生率が減少したり、生活習慣病のリスクを下げたり、老化制御機能があったり、抗酸化力があったり、血圧低下作用があったり、コレステロールを制御する・・・などなど、すばらしい効能がたくさんあります。ぜひぜひ、ご家庭でも毎日味噌汁を食べて、健康に過ごしてくださいね。味噌汁の中にうちのお野菜をたっぷり入れて、具だくさん味噌汁にして食べていただけると、とぉ~ってもうれしいです。(^^)

できあがった“りずむ”特製味噌も好評販売中です。どうぞご連絡くださいね~。(^o^)/

miso-2.jpg
味噌づくりワークショップの風景
父ちゃんも母ちゃんもじいちゃんもわたしも一緒にまぜまぜ~♪






スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。