2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[376] 稲刈り目前
<376号> 稲刈り目前

朝晩涼しくなったとは言っても、昼間はあたたかく、気持ちのいい日が続きます。(^-^) 今年はたくさん植えたブロッコリー等の定植がや~~~っと終わりました(がんばりました!)。ただ、ずっと雨の降らない日が続くので、水やりが大変です。田んぼにはもう水が必要ないので、用水路には既に水はなく、水をやるためには家からタンクに水を汲んで畑まで運び、動力噴霧機を使って水やりしなければなりません。一番最後に定植したブロッコリーは植えた翌日が配達日だったため、二日後にしか水がやれず、クタ~んとして死にかけていました。(^_^;

それでも、親が使っていた動力噴霧機(動噴)を使えるので、私はまだまだ随分マシな方です。動噴を持っていない新規就農の仲間は、水やりをする場合はタンクに水を汲んで運び(中には、水を汲む手段のない仲間もいます)、ジョウロに入れて何度も何度も往復して水やりするしかありません。それが大変なため、定植した後水遣りしなかったら、雨が降らなかったため、せっかく植えた苗が全部枯れてしまったとか…。動噴が使えるということは大変大変ありがたいことなのです。(動噴を残してくれた父ちゃん、ありがとう)

 一回水をやれば、大抵は大丈夫なのですが、もうず~っと雨が降っていないのでイマイチ元気がありません。一日雨が降ってくれると野菜たちにはありがたいのですが、稲刈りを控えている身としては、お米の収穫のためには降って欲しくない・・・という(^_^;、なんとも痛し痒しの状態です。

また、最初の頃に植えたブロッコリーは一部、虫がついてボロボロの“ボロッコリー”になってしまって、果たして無事に収穫できるのか、かなりやばいです。(^_^; これは8月後半に雨が続き、太陽熱養生処理がうまくいかなかったことが原因と思われます。後半に植えたブロッコリーは、まずまずきれいに大きくなっていますので、まぁ、とれたしこです。自然相手なので仕方がありません。

 熊本市内でも、あちこち稲刈りが終わっている風景を見るにつけ、焦りを感じます。稲刈りといえば、一年の一大行事! これが終わらないと無事に年が越せません。うちの稲刈りは今週22日(木)から始めます(25日(日)終了予定)。バインダーで刈って、竹竿に干して乾燥させる掛け干しです。百姓仕事の中で一番しんどいと思うのが稲刈りです。機械の準備や、助っ人さんのご飯の準備、その他もろもろ・・・。いろいろと気を遣わないといけないので、考えるだけで焦ってしまいます。それでも、今年も友達たちが手伝いに来てくれるので、その気持ちが本当にありがたいです。(^-^) しんどい稲刈りですが、おいしいお米を食べるための大事な大事なひと手間です。今年もがんばるゾー!!! どうか、機械がご機嫌よく動いてくれますように!!!(助っ人さんも大歓迎で~す。(^o^)/)

IMG_2711.jpg
エンサイ(空芯菜)の花が咲きました。
最初はとってもきれいだったエンサイですが、すぐに虫食いボロボロになったので、今年はあまり出荷できませんでした。夏の葉物のエンサイ、モロヘイヤ、ツルムラサキは冬が苦手なので、冬が来る前に花を咲かせ、種を結び、未来にいのちをつなぎます。
こうなると、もう食べられません~。(てゆうか、もうそろそろ体を温めてくれる冬野菜が恋しいですよね~)





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。