2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンボジア:倉田さんの胡椒
カンボジア:倉田さんの胡椒

今回は、倉田さんの胡椒のお話です。詳細は下に張り付けた倉田さん自身が書かれた文章を読んでいただければわかるのですが。(<<手抜き(^_^;) ポルポト~内戦時代にカンボジアの国土は荒れ果て、700年以上続く胡椒の産業も廃れていたのをなんとかして再興させようと、カンボジア中を歩き回ってやっと3株の胡椒の苗を見つけ、そこから胡椒農園を立ち上げ、最初は生産量22トンだったのが、多くの企業が生産するようになり、2015年春現在で8500トンに増えるなど、カンボジアの胡椒を生産量世界6位という一大産業に育てるきっかけを作った方です。(文章にするといろいろはしょってこのくらいですけど、これまでには多くの苦労をして来られたのでしょうね…)

クラタペッパーのホームページより

私がカンボジアに興味をもったきっかけは、1985年に映画『キリング・フィールド』(1984 Warner Bros.英) を観たことでした。その後1991年の湾岸戦争を機に、人的貢献を望みNGOに参加し、翌年に念願のカンボジアへ派遣されました。まさに「ここから国づくりが始まる」というタイミングでこの国と関わりをもてた事が、今日まで私をここに留まらせているのだと思います。

1970年代の内戦のため、インフラも産業も人材も何もかもを失ってしまったカンボジアの再建には、いろいろな分野からの支援が必要でした。一人の日本人として出来ることをいろいろ模索し悩みながら、1994年に農業の立て直しをしたいという想いいから、起業を決意しました。またちょうどその頃、内戦前にカンボジアを訪れていた祖父から、60年代の貿易資料を日本で譲り受けました。そこには当時のカンボジアの主力農産品の記載があり、その中のひとつに「胡椒」がありました。

カンボジアの胡椒は、60年代にはフランスをはじめとするヨーロッパで最高品質として有名でした。歴史も古く、13世紀の後半には、すでに中国にも紹介されています。しかし、70年代からの内戦により農園は壊滅され、人々の記憶から消されていきました。その「世界一美味しい胡椒」をもう一度復活させようと、以前の産地の農家を周り、調査を開始、そして「コッコン州スラエアンバル」で地元の人々と共に、胡椒農園を広げることにしました。

私が最もこだわったのは、安全で高品質な胡椒を生産すること。カンボジアに古くから伝わる伝統的な農法で栽培を続けてきたことによって、2011年1月にはカンボジアオーガニック農業協会より、カンボジアの産物の中では初めて「国内オーガニック認定」を取得しました。

世界一と誇れる胡椒を通じて、カンボジアの産業をこれからも育成し続けたい、そして世界中にカンボジアの良さをこれからももっと広めて行きたいと思っています。(http://www.kuratapepper.com/about.html)


引用おわり

この胡椒、とにかく風味が良くて、大人気なのだそうです。特に“完熟ペッパー”は一房に1粒か、多くて3粒しかない、真っ赤に完熟した実を集めたもので、果肉に甘みや旨みのあるものだそうです。それらの胡椒を一粒ひと粒、手作り・手作業で仕上げることで“付加価値”をつけているそうです。(ちなみに、倉田さんの胡椒は自然農薬・自然肥料を使い、伝統的な農法で生産されています。要は有機農業ってことだと思う)

日本でもネットショッピングで購入できますが、売り切れ続出。(^_^; 結構手に入れるのも大変なようです。

こうやって、多くの日本人が現地の人たちのためにがんばっている姿を見て元気をもらいました。カンボジアに入ってみると、あちこちに漢字があふれていて、中国や台湾などから多くの資本が流入しているのがわかります。(あちこち大規模開発の嵐が吹き荒れていて悲しかった) 日本も多くの支援をしています。現地の人も“支援慣れ”していると言われます。でも、本当に大切なのは“豊かな(?)”日本から“貧しい(?)”カンボジアへお金を恵むことではなく、カンボジアの人々が自らの足で立ち上がり、やりがいを感じながら自立できることだと思います。そういう意味で、前回紹介したマダム・ミチコさんにしても、倉田さんにしても、カンボジア人の自立する場所を作られているという点で、同じ日本人として誇らしく思いました。

IMG_3987.jpg
バッタンバン(土地が肥えていて農業が盛んな地方都市)のHORという、自動養護施設などを運営しているNGOのレストランにて。倉田さんに偶然お会いしました!!(奥で立っている人)(日本人スタッフの方が作る日本料理のランチでした)

IMG_4147.jpg
春ですね~。1週間いなかっただけで、白菜はすっかりトウ立ち、満開になっていて、畑の風景がすっかり変わっていました。小松菜や水菜やルッコラなどの花盛り~♪


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。