FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
ニューマシン参上!

うちにあった25年もののトラクターが、もういい加減ボロボロで、機械屋さんに見てもらったら

「エンジンが壊れている」と言われて、

「修理に15万くらいかかる」そうで、

「そんくらい出すなら、安い中古を買った方がいいんじゃ?」なんて言われて

中古のトラクターを探していました。

 

堆肥積みや切り返しができるように、

ローダー(ブルドーザーの前についているような、すくい返すやつ)付のがいいよね・・・

な~んて思いながら、探しておりました。

 

でも、うちのオンボロトラクターは、

現役引退を宣告されながらも、がんばって働いてくれて、

なんとか耕運だけなら大丈夫そうで、

もうしばらくは使えるかな~?なんて思いながら、

それでも、時々、横のグリルから白い煙を吹いては、

無事に畑をうって家まで帰り着けるだろうか?

なんて心配しながら、

なだめすかして使っていました。

 

んで、先日、中古農機具の展示会に行って

小さめで、かわいくて、ミニローダー付の

これって、まるで私のためにここにいるんじゃないの?

っていうくらい、理想的なコがいて、

買っちゃいました。(^^)v

予算は大幅にオーバーしちゃいましたけども。(^_^;

まぁ、がんばって借金(ローン)返済にいそしみます、デス。

あぁ、これで当分百姓やめられなくなっちゃいました。(^o^;

(やめる気だったんかいな?)

 

ほれみ。
かわいいでしょ。
きれいでしょ。(全塗装してある)
19馬力
4駆
使用時間=640時間(たぶん10年チョイ落ち)
水平機能付
逆転付
オート調整付
ミニローダー付
水平付なので、尾輪はいらないのでついてなかったんだけど、
営業さんがタダでつけてくれました。(^_^;
使わないと思いますけど~。
ま、水平機能が壊れた時は使うと思うので、
あるにこしたことはありません。
大事にしましょ。
 

ミニローダー
取り外しちゃいました。
自分で取り付けられるか恐怖ですけど。(^_^;
でもコレあると、堆肥づくりのストレスから解放されるので、
随分気が楽になります。
堆肥づくりは体も大変だけど、「堆肥つくらにゃん!」というプレッシャーが一番イヤなのです。
ちなみに今までは、スコップでえっちらおっちら、
切り返しだけなら大体丸一日やれば終わるくらい。(×年2回×切り返し2-3回)
でも、丸一日スコップで堆肥積みなんかやっとれんです。
一日2時間×4日くらい、スコップですくい返していました。
最初の堆肥積みは、ほかにいろんなものを投入するのでもっと時間がかかります。
そのシンドイ肉体労働から解放されるので、
気分的に、とってもラクになります。(^-^)
機械はお金がかかるのでなるべく使いたくないけども、
やっぱり、あると便利です。
でももう、機械買うのはこれで最後!なのだ。
(もうソデがない!)
 

25年間がんばってくれたトラクターさん
東南アジアに身売りされてしまいます。(;_;)
今まで、ありがとうね~
 
あ~る~晴れた 昼さがり
東南アジアへ続く道
荷馬車(トラック)がゴトゴト トラクターを連れて行く
かわいいトラクター
売られていくよ~
悲しそうな 瞳で見ているよ~
ドナドナド~ナ~ド~ナ~♪♪♪
 

早速、畑をうって(耕して)みました。

音も静かだし、動きもなめらかだし、パワステだし、いい感じです。

でも、オート調整がちょっと・・・?

ロータリーが深く入ってくれなくて耕運できなくなって、

私は悪くないと思うんだけど~?!(おい?(^_^;)

何度か立ち往生しました。

んで、ヰセキの営業さんに来てもらいました。

(結局、2回やってきてくれました。(^_^; 一回しか呼んでないけどね。)

 

いろんな機能がついているのは、

ありがたいことなのだろうけれど、

ちょっと複雑で・・・

でもまぁ、私みたいに非力なニンゲンには、きっと機能がついている方が

いいんじゃないかなぁ~?

などと、思ったりしています。

 

でもさぁ~

よーく考えよう~♪(もういいって(-"-;)

前のトラクターが25年がんばってくれて

その前は耕運機(トラクターみたいに乗用じゃなくて、手で押すタイプ)で

それが大体40~50年前で、

その前は、馬に鋤をつけて引いてたんだよ。

うちの父親が若い頃は、馬を使ってたんだよ。

野菜を市場に持っていくのは、リヤカー(人力)だったんだよ。

ほんの50年前のお話です。

まだ馬の鞍やら、鋤やら、小屋の中に残ってるし。

そんな遠い昔の話ではないのです。

 

この50年の変化って、本当にすごい。

 

機械は便利だけど、

機械代を払うために、さらに稼がないといけなくなって、

お金が入ったら機械代の借金返済にあてられて、

“機械貧乏”になってしまう。

収入があっても、みーんな、右から左、右から左・・・

通過していくだけ。

農家の手元には残らない。

残るのは、借金と、更なる忙しさのみ。

 

馬と鋤で耕していた時代は、

たくさん仕事はできなかっただろうけれど、

お金もあんまり稼げなかっただろうけれど、

でも、今の時代には失ってしまった“豊かさ”があったのではないかと、

思ってしまう、私です。

(とか思いながら、トラクター使ってしまう私です。

 

 

 


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ