2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の植え付けの季節ですよ。

秋の植え付けの季節です~♪

 

ブロッコリーやらキャベツやら、カリフラワーやら、チマサンチュやら

苗が大きくなったやつから少しずつ、定植しています。

 

ブロッコリーず。
その右はサラダゴボウ
その右はニンジン
 

9/8に定植したやつ。
まぁ、大体元気に育っております。
ちなみにオレンジ色(には見えないなぁ~。白っぽいベージュ?)
の細長い物体はトウガラシ(タカノツメ)です。
焼酎漬けにしたタカノツメを、虫除けにまいてみました。
気休め?
 

でも中にはこんな感じで食われているのもアリマス。
根元をポッキリやられて(ネキリムシ?)
すでにお亡くなりになっている株もあります
ちょっとくらい食べてもいいけど、
みんな食べちゃやーよ>虫サン
去年はこの時期に定植したやつは虫に食われて全滅だったのでした。
 

9/13に定植した直後のキャベツ。
定植するにはまだチビですけど、
なんか今週天気が悪そうで、畑が濡れてしまうと
しばらく定植できなくなるので、早いけど定植してみました。
キャベツは種をまくのが遅れてしまって、
種まきが遅れた上に定植まで遅れると、ちゃんとできないかもしれないし
定植した方が早く大きくなると言うので、早めに植えたのでした。
 
こちらはニンジンちゃん
最初にまいたやつ。
ニンジンって、芽が出るのが本当に気まぐれで、
出るところは出すぎるくらい出るけども、
出ないところはさっぱり出ない。(-"-;
これは「出すぎてる」ところ。
どうせ間引かんといかん・・・
なのに、ないところは全然なくて、
頭イテェです。(>_<)
あ~、草だらけ。
今のうちに草とらんと大変なことになってしまう~
 

2回目にまいたニンジンは、なんとか、大体芽が出てよかった。
 

大根さん
虫くいポツポツ
だけど、元気に育っております。(^-^)
草も元気!

 

この辺はブロッコリーの産地で、

親も以前はブロッコリーをたくさん作っていたということもあり、

ブロッコリーが冬の主力商品になりつつあります。

去年もたくさんつくって、たくさんあまってしまい、

捨てるのはもったいないので、人にあげたり、おまけでセットに入れたりと、

ある意味、そういうところで大変だったので(^_^;

今年は植えられる畑の面積が減ったのと、

余るほど作ってもしょうがないでしょ・・・というのを去年勉強したので、

あまりたくさんつくるつもりはなく・・・

でも、親が「(苗を)人にやる」と言うので、苗をソレナリにつくったら、

「そぎゃんはいらん」とか言われて、やっぱり余りそうな気配で

うーむ・・・

こういう時、すぐに「もったいない」と思ってしまうんですよねぇ~。

だってさぁ~、ブロッコリーだってがんばって生きてるんだし~。

 

でも無理して植えてもまた去年のモクアミなので、

ここはこころを鬼にして(?!)植えないことにします。

ちゃんと意思を強く持とう!(じゃないと、植えちゃいそう。(^_^;)

 

それに、かんなし植えたら畑が足りなくなるよ~ってば。

去年は植えたい放題、植えるとこあったけどさ。

やっぱりセーブセーブ・・・。

労力もセーブ。

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして、作物を大事にしてる様子が伝わってきます。大根やにんじんの芽をはじめてみました。これからものぞきにきます。
natsuさん、いらっしゃいませ。(^^) コメントありがとうございます。
芽が出たばっかりの頃は、どれもみんな小さくて、それが立派な野菜に変身するのって、本当に不思議です。野菜はどれもすごいけど、特に果菜類はすごいと思います。
だって、ピーマンとかあの小さい(ピーマンの中に普通に詰まっている、大抵は捨てられる・・・食べてみると結構うまい)タネ一粒から、一抱えもある大きさに育って、それが夏の間、たぶん、一株で数百個(かな?! 多すぎ?)の実をならせてくれるんですから。
もう本当に。奇跡に近いと思います。
それが“自然”と言うのなら、本当に自然ってすごいです。(^-^)
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。