2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
らくちん稲刈り

昨日(10/24)、無事に稲刈りが終わりました~♪

 

去年も一昨年も

バインダーで刈って、かけ干ししていたのだけど、

今年は余裕がなく、

コンバインで一気に刈ってもらいました。

 

たわわに稔った稲です。
 

実が入りすぎて(?!) 倒れました。
 

稲刈りの時期に増えるのがナナホシテントウ。
夏はあまり見かけないのだけど、この時期になるとたくさん田んぼにいます。
 

冬季湛水・不耕起移植栽培のお米は
水落としした後でも、葉っぱが緑色のまんまで元気です。
そのため、刈りとるまでずっと栄養を籾に送り続けてくれます。
ヰセキの営業さん曰く、「中干しをしないから、維管束がつまらないから」
とのことですが。どっちでもいいけど。
(よそのお米は稲刈りシーズンになると葉っぱが黄色になっていく)
 

 
Kさんにはるばるコンバインを運んできてもらって、刈ってもらいました。
Kさんちも無農薬有機栽培なので、コンバインにしても乾燥機にしても
安心してお願いできます。
 

去年までは10人くらい、手伝いに来てもらって、

竹を準備して、竹を組んで、バインダーで丸一日かかって刈って

それをみんなで竹に掛けて

10日~2週間、天日で乾かして、

乾いたらコンバインで脱穀して・・・

その後、竹をかたづけて、

更に、湛水するために、一箇所に集まっているワラを田んぼ全面に振りまいて・・・

また、たくさんの人に手伝ってもらうので、稲刈り当日は台所の裏方さん(母)も大忙し・・・

と、気が遠くなるほど手間がかかっていたのだけど、

 

コンバインは2条刈りで、

乗用なので、刈るのも取り回しもラクチンだし、

あとはKさんちまで持って帰ってもらって乾燥機で乾かして、持って帰ってきてもらったら

それでバッチグーなので、

とってもらくちん。

 

コンバインでやるとあっという間

あっけないくらいで終わります。

(と言っても、正味7時間くらい、刈るのにかかりましたけども。

2回、詰まってしまって、コンバインの中の籾を取り除きましたけども。)

 

掛け干しにする場合の1/10くらいの手間でできたんじゃないだろか。

 

ちなみに、私もコンバイン使いました。

はじめてだったけど、なかなか上手に刈れました!

なんてな。(^o^;

テクニックがいるところはみんなKさんがやってくれただけのことですけど。

 

でも、石油を使って乾燥させて・・・

「簡単・便利」はありがたいのだけど、

 

でも、気持ちとしては、やっぱり、

掛け干しにして、お日様の力で乾燥・・・っていうのも捨てがたい。(._.;

余裕さえあれば、やっぱり、去年や一昨年同様、掛け干しやりたかった・・・というのが本音。

 

いつかまた、

余裕ができたら、

体制を整えることができたら、

いつかまた、

できるといいなぁ~。

掛け干しの、お日様が乾かしてくれるお米。

 

手間、かかってもいいからさ。

大変でもいいからさ。

 

でもでも、

おかげさまで、とってもスムーズに稲刈りができました。

Kさん、ありがとう!

遠いところ、はるばるコンバイン運んできてもらって、

重たい籾を、乾燥機につめて、

さらにまた、コンバイン袋に籾を入れなおして、

また、うちに運んできてもらわないといけません。

すっごい手間だと思います。

 

いやな顔ひとつせずに、引き受けてくれて、感謝×感謝なのです。

どうもありがとう!

お陰で、また一年、おいしい玄米ご飯を食べて、いのちをつなぐことができます。

本当に、ありがとう!!

助かりました。

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

いつかそちらの稲作にも参加してみたいです。。。
ビーンズ7398さん、こんにちは。
米づくり、本当に楽しいですよ。生きものとのふれあいも楽しいし、やっぱり、なんといっても収穫の喜びは言い知れません。(^-^) いつかご一緒できるといいですね。(^^)
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。