2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごまのあかぎれ

ごま(猫)が元気がなく、外にも行かず、部屋でじっとしていることが多かった。

やたらと手(足)をペロペロとなめるので、

ちょいと見してみ!

と、見てみると、手(左前足)の肉球にくっついている指の内側が赤くなり、

生えているはずの毛が薄くなって、汁がでかかっていた。

ついでに、後ろ足2本も。

 

猫のあかぎれだろうか?

しもやけ? ちゃうちゃう。(-"-;

 

ヒリヒリするせいか、しょっちゅうなめる。

猫の舌はざらざらしているので、なめると更に悪化するのは目に見えている。

 

 

以前も、同じようになったことがあった。

 

ごまは昔、私と二人暮らしだった。

当時住んでいた場所を出て、実家に帰ってくるときに、ごまを連れて帰ってきた。

 

既に実家にはもう一匹猫がいて、

そいつがとっても臆病なので、しばらく私の部屋にごまを監禁していたのだった。

 

2階の私の部屋は2部屋あり、そう狭いわけではないので、普通の部屋飼いの状態で

ひとりぼっちで寂しい以外は、住み心地が悪いわけではないはず・・・。

(いや、それって問題か?)

 

前も部屋飼いで寂しい状態だったので、環境は大差なかったはず。

(だから、ひとりに慣れて、かわいくない性格になってしまったのか。(._.;)

 

その時も、同じように手をペロペロなめ続けて、肉球まわりの指の間の毛がみんな抜けて

ハゲになって、汁が出て止まらなくなったことがあった。

あまりに痛そうだったので、病院につれていったら、

なめないように、首にパラボラアンテナみたいなカラーをつけられ、

立って歩くと、カラーの端が地面につくくらいの大きなカラーだったので、

ごまは身動きがとれず、

そんなもの(カラー)をしていようものなら、さらにストレスが募り余計に悪いよ・・・

ということで、カラーははずして、クスリだけで治した・・・のかな?(忘れた)

 

それは一旦治ったのだけど、その後も、トイレにおしっこせずに、

布団におしっこしたりするようになったので、

やっぱ、監禁状態のストレスかも?(環境も変わったし)と思い、

監禁をやめて、外に出したら、すぐに治った。

 

 

余計な話が長くなったけども(^_^;

要するに、前と同じように、肉球まわりの指の間が痛そうだったので、

現在、テルミー(イトオテルミー)で治療中。(これが言いたかっただけだったりする(^_^;)

 


 

肉球まわりの指をこじあけて、テルミーの線香であぶって、息をふきかける。

 

右手以外の三本やって、それぞれに、テルミーの灰をぬりつける。

これを1日2回。

 

傷口にテルミーの灰をぬると、しみて、むっちゃ痛いんだよね。

たぶん、ごまも相当痛いはず。

 

最初の頃は、灰をつけようとすると、ウーウーうなって怒って大変でした。

 

10日くらいたって、随分回復してきたので、最近はおとなしくなりました。

 

テルミーって、結構ペットに有効です。(^_^;

 

この間も、耳を野良猫にかまれたらしく、耳から血を流して、耳だれになっていたときも

病院にも行ったけど、後半はテルミーで治療しました。

 

ペットは疑念とか余計な思い込みとかがないので、割と効き目が早く現れます。

お金もあまりかからないし。

結構有効です。

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。