2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[141] 感謝する心

<141号> 感謝する心


「天地(あめつち)のお恵みと これらを創られた方の ご愛念に感謝して 料理させていただきます。この食べ物が私たちの体の中に入って、自他共にお役に立ちますように。ありがとうございます」

 

先日「重ね煮」なるものを教えてもらいました。当日つくったものは「和風ブイヤベース」。最初にショウガとニンニクを炒めて、その上に塩を丁寧にパラパラとふって、こんにゃく、シイタケ、サツマイモ、大根、タマネギ、ニンジン、レンコン、炒り玄米と重ねて、一番上に塩をパラパラとまぶして蓋をしたところで“お祈り”。ここで、冒頭の文言を参加者みんなで唱えます。こうすることで、野菜たちが持つエネルギーがさらに大きくなるのだそうです。あとは、とろ火にかけてコトコト煮ます。重ねて煮るから重ね煮。重ね煮は野菜の切り方と重ねる順番が大事。「上に向かって伸びる葉菜類やふくらんだ果菜類を下にして、下に向かって伸び、 引き締まっている根菜類を上にして煮る」のが基本だそうです。

 

おいしい香りがしてきて、野菜に火が通ったら出来上がり。ほんの少しだけ塩をまぶしてありますが、味付けするほどの量は入っていません。だしも何も入っていないのに、できた重ね煮の野菜を食べてみると「あっま~い!!」 水を加えないことで、野菜の旨みが逃げずに凝縮するのです。
できた重ね煮は1週間ほど冷蔵庫でストックできるので、たくさんつくって、味噌汁や白和え、豆腐ハンバーグ、シチューやカレーなど、応用自在です。


教えてくれた“先生”は、佐賀の矢山クリニックの食養課で調理をしている人でした。重ね煮をしている鍋を差して、「この子はね・・・」と、まるでわが子のように呼ぶところを見て、素材や料理に対する愛情の深さがわかります。

 

冒頭のようなお祈りをしてもらいながら料理されるお野菜さんたちやそれを育てた生産者はしあわせ者ですね。(^-^) こんな言葉を口にできる人も、できあがった料理を食べられる人も、しあわせですよね。


うちのお客さんの中にも「お野菜さん、ありがとう!」と言って料理してくれている方がいます。「ありがとう」と言いながら、感謝の気持ちを持って料理したり、食べたりすることで、病気の人は元気になり、元気な人はさらに元気になる・・・と、なずな農園の赤峰さんも言ってましたよ。「ありがとう」の一言があるのとないのとでは、効果が全然違うのだそうです。

 

重ね煮は食養家の小川法慶氏が考案し、岡山県の自然食の宿「百姓屋敷わら」のご主人・船越康弘さんが広められた料理法です。この船越さんの考え方がとっても素敵です。私は先日、お客さんでもある、保育園の先生から船越さんの本「わらのお話」を借りて読んで、その考え方にいたく感動したばかりでした。以下は百姓屋敷わらのホームページからの引用です。(http://www.wara.jp/wara2.shtml

 

一本のにんじんがあります。それはお百姓さんが種をまいて、150日間の太陽と雨と空気、微生物、養分が、毎日一つも欠けずにあってはじめて、ここに存在するのです。あらゆる森羅万象、宇宙現象や自然現象があって、生まれてきた命です。いわば自然環境の凝縮物です。そのにんじんを食べるということは、にんじんの「命」をいただくことであり、自然界のエネルギーを体に取り入れるということです。それが私たちの体をつくり、「命」を永らえさせてくれるのです。自然が私たちに食べ物を与えてくれて、生きることを許してくれた。なんとありがたいことでしょう。私たちは「生かされて生きる命」なのです。食べ物を前にしたとき、これを与えてくれた自然に感謝し、一本の大根に感謝する心を忘れてはいけません。

 

船越さんの本「わらのお話」は船越さんの講演録を起こした本です。人生そのものについて書かれていて、船越さんの考え方がとてもすばらしいです。子育て中の方には特にお薦めですよ! この本を読むと気持ちが楽になる---そんな本です。「わらのごはん」は重ね煮の料理本です。ホームページも参考になりますよ。


いつも愛情をこめて、野菜を料理したり、食べたりしていただいて、ありがとうございます! うちの野菜たちが、どうぞみなさんのお役に立ちますように!!!

 

野菜を重ねて重ねて・・・ 実演中です。
 

鍋の中身
 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

いつの間にあんなお祈りをしてたの?
冒頭のお祈り一緒にしたかった~(笑)
食事の前は、”頂きます”の前に”有難う”があるといいですね。
言うと無意識に食べ物への感謝が湧き上がってきます。
蛇足
”有難う”と言われた水の結晶が綺麗という話を例える人が時々いますが、私はこの話は好きになれないです。
次郎さん、まいど。(^^)
お祈り・・・、みんなに声かけましたよ~。
男性のみなさんはきっと餅つきに夢中になっていたのでしょう。(^o^;
祈りの文言は「いいな心聞」の表紙に書いてありますよ。
山口家でもおためしあれ!
きっと元気になれますよ。(^^)
結晶のコメントを忘れてました。(^_^;
水の結晶とか波動とかは、私もよくわかりません。(^_^;
あってもおかしくないかもしれないけど、どうなんだろう?
実際に自分で実験してみて、そういう結果が出たら信じるかも?
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。