2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
杉本栄子さん

今日、杉本栄子さんがお亡くなりになりました。

 

尊敬していました。

 

仏様のような人でした。

 

水俣病で10年も寝たきりの生活を強いられ、

すさまじい差別を受け、

地獄のような苦しい日々を経験されたのに、

 

恨み言を言うこともなく、

ひたすら前向きで、あたたかい人でした。

 

 

もう10年以上前のこと。

 

水俣の「火のまつり」に行ったときのこと。

 

水俣湾埋立地で、水銀と一緒に、水銀まみれになった多くの魚たちが眠る場所で、

 

夜になって、オープニングが始まろうかというときになって

ポツポツと小雨が降ってきました。

 

あぁ、こんな日に雨なんてイヤだなぁ~

と思っていたら、

 

栄子さんが、挨拶で

「雨も祝福しに来てくれてうれしい」

とおっしゃいました。

 

そんな風に考えることができるなんて、なんてすばらしい人なんだろう

と思いました。

 

栄子さんが雨を祝福してくれたお陰で、

雨はひどくなることもなく、ほどなくやみ、

イベントを予定通り行うことができたのでした。

 

 

「ひと(他人)は変えられん。自分が変わらんば」

という言葉は、いつも忘れないようにしたいと思っています。

なかなか、実行するのは難しいのだけど、

ついつい忘れてしまって、失敗するのだけども

ちゃんと、こころの根っこに、刻んでおこうと思います。

 

「いじめられても、いじめ返したらいかん」

と、涙ながらに訴えられる姿は、

水俣を訪れる多くの人たち、子どもたちの胸に響いたことでしょう。

栄子さんの話を聞いた子は、きっといじめなんかしないでしょう。

 

すごい人でした。

 

病気にさえも、感謝する人でした。

 

仏様のような栄子さんが、本当に仏様になられました。

 

「ご冥福をお祈りいたします」

なんて言葉は似合わない気がします。

 

栄子さんなら、「死」でさえも、祝福しそうだから。

 

栄子さんのことだから、そらから、いつまでも、みんなのことを見守ってくれることでしょう。

 

栄子さんがいてくれたことに、ありがとう。

 

 

 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。