FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
アオミドロ退治なのだ

昨日は久しぶりにUさんが来てくれたので、

田んぼのアオミドロ退治を一緒にやりました。

 

今年は去年や一昨年よりも、ものすごい速さで田んぼを覆いつくそうとしているアオミドロ。

たぶん、湛水開始が早かったせいなんだろうな。

 

田植えの時期にたくさんあるのはサヤミドロで、

アオミドロは田植えの時期にはそうないので、

あんまり気にせんでもいいかなぁ~?

でも、アオミドロとサヤミドロが同居してたりもするしなぁ~

 

などと考えつつ、

 

でも、ちょっとでも余裕があるうちにやっておくことにした。

 


 

田んぼの表面の緑色のがアオミドロ。

こいつを網ですくってたらいに集めて、道に上げていきます。

 

去年のサヤミドロ退治は

とってもとってもとってもとっても大変だったのだけど、

アオミドロはそうでもありませんでした。

 

言ってみれば、

サヤミドロは「毛布」みたいに分厚くて、その分、重みもあって嵩もある。

 

対して、アオミドロは

表面だけにササーっと浮いていて、言ってみれば、「シーツ」といった感じ?

 

薄いのがドベーっと広がっているだけなので、集めると、大した嵩にはならない。

 

南側半分くらいを2人で三時間かけてやりました。

 

あとは、風がまた南側にアオミドロを寄せ集めてくれるから、

そうなってから、時間がある時にとるようにしましょう。

 

とりあえず、サヤミドロのときほど大変じゃないってわかったので、

気が楽になりました~

 

あとは、今年はサヤミドロを増やさないようにしなきゃね。

 

退治したあと

 

そだそだ。

このアオミドロ。

「実験」してみたんだけど、

ひたひたにして、底に貼り付けてみても、水を入れるとすぐにまた浮いてしまうので、

教えてもらった解決策は役に立たないことが判明しました。

 

とゆわけで、地道にとるしかありません・・・ってことで。

 

 

既にコオイムシ♂が卵を背負って
“子育て中”でした。
がんばれ、田んぼの生きものたち。

 

 


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ