2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[149] 野菜も卒業・入学の季節です。

<149号> 野菜も卒業・入学の季節です。


端境期、端境期~!!とさんざんお騒がせしておきながら、今年はまだ順調に野菜が出荷できていて助かっています。冬の菜っ葉がトウが立って出荷できなくなる中で、端境期対策に…と思ってつくっていた大根とほうれん草がまぁまぁうまくいったこと。それに加えて超極早生のタマネギができてきたこと。里芋やジャガイモが割と遅くまでもってくれたこと…などなどが理由として挙げられます。ありがたや、ありがたや~♪

 

今出荷しているほうれん草は超晩抽性(トウ立ちが遅い)のF1で、以前の“たより”に紹介したとおりです。このところの陽気で大きくなりすぎて、そろそろ出荷できなくなりそうです。


大根もトウ立ちの遅いF1品種で、11月後半に種をまきました。9月~10月に種をまく大根は暖かいのでぐんぐん大きくなりますが、寒くなってから種をまくとなかなか成長しません。それで、冬に種をまく大根は「トンネルか黒マルチをしないとできない」といわれています。でも、ビニール(石油製品)はなるべく使いたくないので、露地に籾殻燻炭をまいて育てました。籾殻燻炭は軽くて風に飛ばされやすく、冬の北風にほとんど吹き飛ばされてしまいました。トンネルも黒マルチもしていないので、大根はより寒い環境に耐えなければなりません。寒い間はなかなか大きくならず、1週間たっても2週間たっても3週間たってもほとんど同じ大きさのままでした。霜が降りる日は真っ白になりながら耐えて、気温が上がり始めると少しずつ少しずつ大きくなりました。そして今、普通の大根は既にトウが立ち、花が咲いている中で、トウも立たずにがんばってくれています。「トンネルもマルチもせんでできたもんね。へっへ~ん!」と、少し鼻が高くなりました(?!)。 がんばってくれた大根にありがとう、です。しかしながら、晩抽性とは言っても、トウが立たないわけではないので、なるべく長くもってくれますように…と、大根に祈りを捧げる毎日です。(^_^;

 

ほうれん草や大根のがんばりのお陰で、今までは順調にやってこられましたが、ついに里芋とジャガイモが底をつきました。ブロッコリーも開いてしまい終了です。ほうれん草もあと1週間もつかどうか・・・。これからが本当に正念場です。


そんな中、それらの野菜にとって代わるように、トンネル葉ものができてきました。(^o^)/ 通常、ハウスやトンネルで育てた野菜は雨風にあたらない“温室栽培”なので、どうしても弱々しく貧弱になります。今年のトンネル葉ものは、寒い間はトンネルで育てましたが、暖かくなってきた3月中旬にトンネルをはいで露地で育ったため、風にも雨にもあたって、普通の露地栽培と変わらないようにしっかり丈夫に育ちました。そして、3月から花を咲かせていたキヌサヤが実をつけ始めました。まだ量は少ないですが、来週あたりから少しずつ出荷できそうな様子です。

 

3月4月は卒業・入学の季節。役目を終えて出荷終了する野菜と、新しくできてくる野菜たち。野菜にとっても、同じことが言えるかも?


とは言っても、やっぱり端境期なので、出荷できる野菜に限りがあります。いつもは毎週同じ野菜にならないように…とか、なるべくバリエーションが豊かになるように…などと、一応気を遣っているつもりです。でも、この時期は出荷できる野菜の品目が限られてしまうため、そうもいきません。このところ、毎週大根とほうれん草が続いていますが、端境期ゆえの事情です。まだまだ「卒業」していく野菜の方が多く、「入学生」が少ないので、いつ野菜が足りなくなるかとハラハラドキドキです。でももうすぐキヌサヤやスナップエンドウがぼちぼち入学してきます! 新鮮で元気でおいしい入学生たちを楽しみにしながら、今しばらく野菜の少ない時期をお楽しみ(?!)くださいませ。

 

 

エンドウ(キヌサヤ、グリーンピース、スナップエンドウ:
写真はキヌサヤ)が花盛りです。今年は今のところ、いい感じです。(^^)v

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。