2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[151] ものを大事にする文化へ・・・

<151号> ものを大事にする文化へ・・・


先日、“おひつ”を買いました。川尻の90過ぎの熟練の職人さんが作ってくれたものです。

 


 

今までうちでは玄米をまとめて炊いて、プラスチックのタッパーに入れていました。それが、使い続けているうちにタッパーの内側がカサカサになってきました。なんとなく、環境ホルモンが溶出するんじゃないか…?なんて、気持ち悪くなり、母と話して「おひつを買おうか?」ということに相成ったわけです。

 

おひつは昔から日本人が愛用してきたものだし、天然素材なので、環境ホルモンなどの心配もなく、安心して使えます。湿気をほどよく吸収してくれて、保存性もいいようです。何といっても、木を何枚も組んで丸くしてあるのに、水がもれないのがスゴイ!! さすが、匠(たくみ)の技です。昔は桶や樽など、みんな木でできていて、同じ技術が使われていました。それが、プラスチックに取って代わり、熟練の技を持つ職人さんは数を減らしていきました。

 

だってね・・・。安いですもんね。プラスチック製品。うちで使っている漬物桶も、木の樽を使いたいのですが、いかんせん、1個数万円もするので高くて手が出ません。プラスチックだったら6000円くらいで買えますもの。その差5~6倍です。木の樽で漬けたら、もっとずっとおいしい漬物ができそうな気がするのですけどねぇ~。(._.;

 

こんな私の選択が、匠の技の職人さんの数を減らしているのだなぁ~と思うと、後ろめたい思いがします。


せめて、今回おひつを買ったことで、職人さんがほんの少しでも仕事を続けられるといいのですが・・・。(たったおひつひとつくらいでは、ほとんど変わらないでしょうけど)

 

その職人さんも、既に90歳を過ぎておられます。川尻にいらっしゃる桶職人さんは数人だけ。みなさんご高齢です。これからの桶の文化はちゃんと受け継がれていくのでしょうか。うちのおひつが壊れた時に修理してくれる職人さんはいるのでしょうか・・・?

 

昔はどこでも桶や樽を使っていたので、定期的に桶や樽の修理に職人さんがまわってこられていたそうです。天然素材で、匠の技の職人さんが作った道具を大事に使い、壊れたら修理して何十年も使う・・・ものを大事にする文化・・・。いいですよねぇ~。省資源で、職人さんの技が受け継がれ、文化が保たれる・・・そんな仕組みが昔はしっかり生きていたのですね。

 

ここんとこ、あちこちで目にする100円ショップ。ありとあらゆる物を100円で買うことができ、お客さんでにぎわっています。なんでこんなものが100円?と思うものがたくさんあります。その実情はよくわかりませんが、安く売るためには安い原料を仕入れ、安いところ(海外)で、安い賃金で人を雇って作られているんだろうな、と推測できます。私たちは出来上がった商品しか見ることはありませんが、その商品の“向こう側”を想像すると、二酸化炭素をたくさん放出しながら掘られる石油や資源。製造工程で使われるエネルギーや薬剤。きちんと処理されずに垂れ流しにされる工場廃液。ほとんど休みなしの苛酷な環境で低賃金で働かされる貧しい国の人々。どこかでほくそえむ暴利を貪る人々・・・という絵が浮かんできます。だから、100円ショップは嫌いです。大体、粗悪なものが多いので、長持ちせずに、結局はゴミを増やしてしまうのも嫌いな理由です。そして、安い商品を消費者が購入することで、匠の技を持つ人々の品物が売れなくなり、廃業を余儀なくされる人たちが現れます。それはワーキングプアーの問題にもつながっていきます。

 

地元でできた質のいいものを適正な価格で買い、大事に使っていけば、地域が潤い、地域の職人さんたちも活躍の場を得て元気になり、経済も環境も健康度も地域力も上がるんじゃないかなぁ~と思います。

 

私たちは資源も石油も底をついていることにやっと最近気付きました。今こそ、もう一度、ものを大事にする文化に戻りたいものですね。かろうじて“匠の技”の職人さんがいらっしゃるうちに・・・。

 

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ご無沙汰。
今年もリバミやってきたバイ。(後ほどブログにアップ予定)
社会主義VS資本主義の戦いに勝利し、資本主義が世界を席巻しつつ、一部かつ大多数の人々を不幸にしているね。戦いつづけんといかんのだろうなぁ。単に川辺川ダム反対ではなく、もっとグローバルに広げて。
あらぁ~。めずらしか。(^o^; じさま、お久しぶりです!
リバミお疲れ様でした。今年も大量の収穫物(ゴミ)があったことでしょうね。
グローバルはつかれた。(^_^; あたしゃ、あしもとでぼちぼちやりまする。
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。