2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[157] 森と川と海を断ち切るもの

<157号> 森と川と海を断ち切るもの

 

前号で「梅雨の雨さん、どうか、あとしばし猶予をくださいまし・・・」と書いたら、お天道様が願いを聞き入れてくれて、梅雨がスローダウンしてやってきてくれました。しばらくまともな雨が降らなかったお陰で、仕事がはかどって助かりました。(^-^) スローダウンしてくれた梅雨に感謝、感謝なのです。

 

さて、蒲島知事が荒瀬ダム撤去凍結を発表しました。


森と川と海はつながっています。森は川に鉄分などを含むミネラルや栄養分、土砂などを供給し、多様な生物を育み、川はそれを海に届けます。川が届けてくれた森の恵みのお陰で、海藻が育ち、藻場ができ、多くの海の生きものたちの“いのち”を支えています。自然の川は流れの速い瀬や、緩やかな淵が交互に現れ、魚は瀬でエサをとり、淵で体を休めます。水は流れている間は生きています。時にはしぶきを上げながら流れ、常に酸素を取り込み、ばっ気されることで、自然と水質浄化を行っています。自然の状態の森や川や海は、人が手を加えることなく、さまざまな生命を育んでくれます。そして、その恩恵を私たち人類は、長い間、享受して生きてきました。

 

一旦、ダムで川を堰き止めてしまうと、川の流れは止まり、よどみ、水は死んで腐ります。土砂はダムの底にたまり、上流から流れ込む有機物はダムの底でヘドロとなり溜まっていきます。川には瀬や淵がなくなり、魚たちはすみかを追われます。人工的な放流によってコントロールされるため、川床はゴロ石ばかりになり、まとまった水量が流れなくなるため、草が生い茂り、景観が損なわれたりもします。海には土砂が供給されなくなるので、砂浜が失われ、護岸が侵食され、テトラボッドで埋めつくさざるを得ません。森からのミネラルや栄養分の供給もストップするので、藻場は消滅し、海の生態系にも大きな打撃を与えます。

 

「自然」のままであれば、すべてのものがつながって、好循環を生み出すのに、ひとたび、ダムでそれを断ち切ればたちまち「悪循環」に陥ります。

 

荒瀬ダム建設が始まってから、短期間のうちに、球磨川河口で営んでいた700軒の海苔養殖業者が消えていったそうです。球磨川の鮎漁獲量も激減しました。旧坂本村の人たちは、ダム放流時の振動と騒音に長年苦しんでおられました。(普通の振動ではなく、重低音というか、ものすごく不快な振動で、荒瀬ダムからかなり遠く離れても伝わってくるそうで、夜も眠れないくらい・・・だという話を、以前聞いたことがあります)


また、ダムでせき止めるために、ダムの部分の水かさが上がって毎年洪水に苦しんでいる住民もたくさんいます。

 

荒瀬ダム撤去が決まり、試験放流されると、それまでダム底に沈んでいた瀬や淵が復活しました。最初はダムにたまっていたヘドロが海に流れて、漁師さんは大変困られたそうですが、しばらくするとそれもなくなり、海に砂が供給されるようになったため、砂干潟が復活し、アサリが復活し、ほとんどいなくなっていたタイラギまでもが復活しているのだとか。球磨川河口では青海苔をとっていますが、青海苔の生育が今までとは比べ物にならないくらいよくなったとも言います。球磨川の影響は、八代海を渡った先にある天草にも及んでいます。荒瀬ダム撤去には、天草の漁師さんたちも期待していたのです。旧坂本村の人たちをはじめとした流域の人々、八代海や天草の漁師さんは荒瀬ダム撤去を心待ちにしていました。「夢」を持って当選を果たした蒲島知事の発言が、今、それらの人々の夢を打ち砕こうとしています。

 

もともと老朽化が原因で撤去される予定だった荒瀬ダムです。発電をして収入を得るつもりのようですが、60億もかけて改修して売電しても、どれだけ利益があがるんだか・・・?


荒瀬ダムを撤去しなくても、ダムに水をためずに下流に流すだけで、アサリやタイラギや青海苔が復活し、清流や海が蘇っているのだから、それらの経済効果の方がずっと大きいはずです。

 

ダムは永遠に使えるものではありません。堆砂がたまり、いずれは寿命が来て撤去せざるを得ない日が来ます。寿命を迎えたダムは危険なだけで、何もいいことはありません。

 

蒲島知事には思いつきで発言されることなく、もう少しまともに現場を勉強し、地元の人たちの声にしっかりと耳を傾けてもらいたいものです。荒瀬ダム撤去の動きは、日本のみならず、世界からも注目されているのですよ。

 

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。