2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェノサイド

ジャンボタニシが増えまくって、どうしようもありません。

 


 

コンクリート壁面には卵がびっちりだし、

もちろん、畦草にもたくさん産みつけてるし

 


 

こぼれ籾から勝手に発芽した稲はジャンボタニシに食べまくられ

(まぁ、それはそれでいいけどね)

写真にジャンボが何匹も写ってるんですよ。水の中だから見えにくいけど。

 

このまま田植えしようものなら、稲はみんなジャンボに食べられちゃうよ。

 

あんまりたくさんいるので、手では取りこなせないよ。

 

 

・・・というわけで、

椿油のカスをまきました。

 

椿油のカスをまくと、水中で呼吸する生きものは死んでしまう。

ジャンボタニシも、

ヒルも、

メダカも

フナも

ナマズも

ヒメタニシも

マルタニシも・・・

 

ジャンボタニシにはいなくなって欲しいけど、ほかの生きものには死んで欲しくない。

そう思って、がんばって、ジャンボも、卵もとってきたつもりなのに。

ジャンボの旺盛な繁殖力には敵いませんでした。

 

最後の手段の椿油のカス。

 

毒があるわけじゃないから、稲には何の問題もない。

昆虫は直接空気を吸うから、コオイムシやガムシたちは大丈夫。

まいた後、見てみたけど、ミジンコも元気だった。

ミジンコはどうやって呼吸するのだろう?

ちょっと不思議。

 

 

椿油のカスをまく前に

ヒメタニシとマルタニシと、ヒラマキミズマイマイを、いくつか救出したよ。

ヒルも何匹かついてきたよ。

 

 

 
どっちがどっちだっけ?

 


 

とりあえず、田植えが済むまでは家の水槽に非難でごじゃいます。

田植えが終わったら、田んぼに帰してあげるからね。

「タネ」さえあれば、

住める環境さえあれば、増えるから。

 

うちの田んぼにドジョウを復活させたいんだけどなぁ~。

でも、椿油のカスをまくんなら、復活は無理だなぁ~。

 

あぁ~

ジャンボさえいなかったら・・・

 

椿油のカスをまいたら、

ヒルが真っ先に苦しみもだえ始め、

お昼休憩をはさんで田んぼに行ってみたら、ジャンボも動かなくなっていて

メダカやフナやナマズの赤ちゃんが死んでいました。

 

ジェノサイドだ。

ごめんなさい。

 

でも、田んぼは稲を育てるところなのです。

しばらくしたら、メダカやフナはまた田んぼに入ってきて、殖えることができるから。

 

ごめんよ~。

 

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんはー。すごい雨ですね。田んぼと畑大丈夫かな?
ミジンコはですねー、ちっちゃいので呼吸器官がありません。全身で呼吸していると思ってくださいませ。だからほとんどの種は貧酸素に弱いですよ。でも油は殺虫剤や界面活性剤なんかにくらべればずーっとやさしいんじゃないかなー。油が分解されればすぐ復帰すると思います。
ほんなこて、雨、よー降りますねぇ~。畑はかなりヤバイです。
ミジンコ・・・そうなんだ~。
そうなんですけどね・・・。でも、ドジョウが暮らせない田んぼはちょっと悲しいのです。
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。