2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペシャワール会の伊藤和也さん

最悪の結果になってしまいました。

 

志ある若い人が、志半ばで倒れてしまうなんて、せつないですね。

怖かっただろうに。

もっと生きて、アフガンの人たちの役に立ちたかっただろうに。

 

NGO職員たちは現地を引き上げるとのこと。

 

 

事業がストップしてしまったら、伊藤さんは、さぞ悔しかろうと思います。

 

伊藤さんは、アフガンの人たちが自力で、おなかを満たせるだけの食糧を

得ることができるように願っていたはずだから。

 

 

かといって、危険に身をさらしてまで活動をすることはできないわけで。

 

 

一日も早く治安が回復して、またペシャワール会や、NGOのみなさんが

現地で活動できるようになりますように。

 

 

ほとんどの人が自給自足で暮らしていたアフガニスタン。

 

その生活を壊してしまったのは、ソ連のアフガン侵攻と、アメリカの対テロ戦争。

アメリカに追随する日本。

 

そして、地球温暖化の影響による食糧不足。

 

 

こういう報道を聞くと、今の日本がぬるま湯に浸かった様な平和の中にいるということを

改めて考えさせられます。

 

 

日本でのうのうと、平和に暮らしていることが、罪のように思えてきます。

 

 

伊藤さんの死を無駄にしないように、

アフガニスタンの人が、飢えに苦しむことなく、戦争の恐怖におびえることなく

平和に暮らせる日がきますように・・・。

 

そう願うことすらも、偽善のような気がする。

安全なこの地で、見知らぬ土地の平和を願う・・・

なんて、ただの気まぐれにすぎない。

 

現実は、甘くない。

もっと、ずっと深刻だろうから。

 

アフガニスタンから外国軍が撤退しないと、本当の平和は訪れない。

地球温暖化が止まらないと、根本的に、食料危機は回避できない。

 

 

私にできることはなんだろう?

 

 

 

 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。