2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[168] 有機無農薬・露地栽培で地球温暖化防止

<168号> 有機無農薬・露地栽培で地球温暖化防止


先日、熊本県主催の「ストップ温暖化県民総ぐるみ運動推進大会」が開かれ、リレートークに出るように薦めていただき、1分間しゃべってきました。でも1分では言いたいことの1/3も言えなかったので、改めて「地球温暖化防止」という視点から、書いてみたいと思います。

  1. まず第一に農薬と化学肥料を使わない。農薬も化学肥料も原材料や輸送に大量の石油を使います。それを一切使わないことで地球温暖化防止に貢献しています。
  2. ビニールハウスを使わず、旬の露地野菜を栽培することで、石油を原料としたビニールの使用を抑えているため、二酸化炭素の排出量が少ない。(慣行栽培では、多くがビニールハウスでつくられています。ビニールハウスのビニールは、一重ではなく、中に三重四重にビニールが張り巡らされています。また、冬には重油を炊いて加温しなければならない野菜も多く、多量の二酸化炭素を発生させています)
  3. 同様の理由で、使えば草取りの手間を省け、作物の成長を早める効果のある黒マルチも使いません。(プラス、黒マルチを使うと生きていけない生きものもいるので)
  4. 堆肥を自分で作っています。資材はできるだけ近所で(運搬に伴う二酸化炭素の削減)、手に入るものを使っています。中には熊本市民の食べ残しの生ゴミを原料にした堆肥も、一部含まれます(資源の循環)。堆肥を購入するよりもずっと二酸化炭素の発生量を抑えることができます。
  5. 熊本市内のお客様にのみお届けし、地産地消にこだわっています。(遠くに送るとその分、運搬に伴う二酸化炭素が発生するので)
  6. 米は“不耕起(耕さない)”でつくっています。通常は、年に3~4回トラクターで耕運する必要がありますが、耕運しないので、その分の燃料がいりません。また、不耕起の田んぼは田んぼの中に藻類などが多くはえるため、慣行栽培よりも吸収する二酸化炭素の量が多いといわれています。
    注)畑は耕していますよ。

以上のことを言いたかったのですが、1分では?までで精一杯でした。(^_^;


最近、燃料代高騰の影響で、大々的に「農業が大変!」と農家の皆さんが窮状を訴えておいでです。燃料代は上がり、農薬や化学肥料の値段も大幅にアップしているのに、農産物の値段は反対に下がるという現状は、本当に大変だと思います。

 

でも、うちでは農薬も化学肥料も買う必要がないし、ビニールも苗床用の小さなハウスに使うくらいだし、黒マルチも使わないし・・・。慣行農家と比べると購入資材がうんと少なくて済みます。その分、収入が少なくてもなんとかやっていけます。痛いのはわずかに購入する資材(カキ殻石灰など)と配達に必要なガソリン代くらい。こういう形態の農業は、手間隙はかかりますが、原油高に強いのです。限りある資源を有効に活用できる有機農業は、これからますます注目されていくのではないでしょうか。

 

いつも思うのですが、大体、冬に夏野菜を食べようと思うからビニールを幾重にも張り巡らして重油を炊いてトマトやナスを冬に育てなければならないわけです。それを二酸化炭素の量に換算すれば、相当な量にのぼるはずです。そろそろ「原点」に立ち返って、夏野菜は夏につくり、食べ、冬には体をあたためてくれるおいしい冬野菜をつくって、食べるように方針転換できないのかなと思います。この窮状で、アタリマエのことに気付いてくれないかなぁ~。

 

とは言っても、地球温暖化のせいで、暑すぎて夏に夏野菜ができなくなりつつあるので、それはそれで大弱りなのです。私達有機野菜生産者も知恵を絞っていかなければならないことに変わりはありません。

 

そして、こういう環境に負荷をかけない農業ができるのも、うちの野菜やお米を食べてくれるお客様あってのことです。お客様には、私と一緒に、野菜やお米を食べることで、地球温暖化防止に貢献してもらっています。いつもいつも、ありがとうございます! もうしばらく野菜が厳しい時期が続きますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。