2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感無量!

朝から収穫をした後・・・

 

行ってきました。県議会の傍聴。

傍聴券がゲットできず、議場には入れませんでしたが。(^_^;

代わりに、某会派の居心地のいいソファーにすわって、ゆっくりテレビが見れましたよ。

(某民放が生中継してました。状況的には家でテレビ見てるのと同じ(^_^;)

 

「川辺川ダムは白紙撤回し、ダムによらない治水の検討を極限まで国交省に求める」

 

「財産は家や施設だけではない。球磨川流域では球磨川や川辺川が“財産”であり、守るべき宝だ」

 

「五木の村づくりは知事が本部長になって進める」

 

みたいな。

記憶があいまいですけど。(^_^;

 

>>>知事の発言要旨はこちらからどうぞ。

 

すばらしい。

すばらしい。

すばらしい。

 

流域住民の方々や、県民の声をちゃんと聞いて、

ちゃんと民意を汲み取ってくれた・・・ということが、本当にすばらしい。

 

 

13年前、川辺川と出会って、

こんなきれいな川にダムが造られるということを知ったとき、

まさか、ダムが本当に止まるなんて思いもしなかった。

 

川辺川ダムは、「既に決まったこと」だった。

 

最後まで抵抗していた水没地である五木村の地権者協議会が、裁判闘争をとりやめて

国交省との補償交渉に応じようとしていた時だった。

 

でも、何もせずにはいられなかった。

 

まわりでダム問題に詳しい人なんて一人もいなくて、

ツテを探し回って、

ようやくさぐりあてて、たどっていった細い一本の糸。

 

私の人生を変えた糸だった。

 

 

熊本市内では、「川辺川」なんて、まだ誰も知らなくて、

新聞でも大して取り上げられることもなく、

全然注目されてなかった。

 

そんな中で、

10年後くらいには、ダムはできてしまうんじゃないかな・・・

なんて思いながら、運動してた。

 

1996年頃、当時の福島知事は「時計の針は戻せない」などと言ってたけど、

戻せないけど、時間が流れて、川辺川を取り巻く状況も大きく変わったよ。

 

一人ひとりがあきらめなかったから、ここまでやってこれた。

 

今まで、関わってくれたすべての人にありがとう

 

川辺川が川辺川のまま、これからも、ずっと流れ続けるのなら、もう私は何もいらない。

 

ありがとう。

感謝します。

すべての人に。

 

「感無量」っていう気持ちは、こういうものなんだね。

 

今日はたくさんの人と握手をしたよ。

随分前に、ちょっとしたいさかいがきっかけで、ほとんど口をきくこともなかったKさんが

Kさんの方から手を差し出してくれた。

すごく頭がよくて、行動力があって、キレ者で、

Kさんの力なしでは、ここまで来れなかったかもしれないと思う。

一、二を争う功労者なのに。

そんなKさんが、私とまで握手をしてくれました。

それが、とても嬉しかった。

 

 

よかったね。

よかったね。

 

おめでとう。

おめでとう。

 

ありがとう。

ありがとう。

 

 

次は、国交省が「川辺川ダム中止」を発表するまで、がんばろう~♪

 

 

 

昨日の、虹の橋を渡る飛行機の姿は、

私の今日のしあわせをおしえてくれていたんだと思う。

 

 

大丈夫、未来は明るい。

あきらめなければ、願いはきっとかなう!

 

 

清流川辺川(五木村にて)

 

 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

やりましたね!りずむ殿のお蔭で、感動と感激をいただきました。一人一人の願いが重なって大きな力となり、山が動くということを教えられました。本当に有り難うございます!国土交通省の決定まで、あと一歩ですね!
初めまして!菊ちゃんのブログから来ました。
長年の努力お疲れさまでした。
歌唄いとしてはアメリカのフォークミュージシャン「ピートシガー」の一人の小さな手という歌を思い出しました。
おめでとうございます!!
感激ですね~!!ほんとにこういうことが大きな一つの声となるのだと実感します。
私も菊さまにお聞きして、ほんのちょっぴりですが、声をあげさせていただきました。
(私のブログでも、紹介させていただきました~。)
でも、これが終わりではなく、これからですね。ほんとうにダムによらない治水というものを考えていかないといけませんね。実際、そういうことが可能なんだと示していくことで、ほんとうに大きな力となりますよね。
菊の助様:私は長らくお休みしていたので、偉そうなことは言えないのですよ・・・(^_^; でも、本当にこんな日が来るなんて夢みたいです。ありがとうございます。
Daddy津田様:「ピートシガー」の一人の小さな手・・・ぜひぜひ聞いてみたいです。ありがとうございます!
ちぱる様:応援ありがとうございます!ブログ見ました~。新聞のトップに蒲島知事が載ってたんですね。どこの新聞でしょう?「ダムによらない治水」や、「ローカルな民意」(あーなんか、言葉が違うけど)など、そういうことを川辺川・球磨川で形にできて、それが全国に波及していくと、こんなに嬉しいことはありません。これからも応援よろしくお願いします。
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。