2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nさんところ

昨日書いて、アップしたのに~。

ブログがフリーズして、パーになったので書き直し・・・でやんす。(._.;

せつないのぉ~。

 

Nさんところは、土壌分析を徹底的に行うやり方。

 

土壌分析を行って、計算して出た足りないミネラルや養分を施肥。

そこに水をやる→野菜が水と一緒に養分を吸う・・・

と、いい野菜ができるらしい。

 

畑にはでかい水のタンクがあります。
こっからポンプアップされた水が
下のオレンジ色のタンクに溜まって
 


 

パイプと灌水チューブを流れて、キュウリさんに行きます。
 

キュウリさん。
甘くておいしかったですよ。
ちなみに、ここは荒地だったところ。
それでも土壌分析して、きちんと必要な量の養分を補ってやったら
ちゃんとキュウリができてました。
 

一方、トマトのハウス。
でっかいハウスでした。
 

根元の土はふっかふか・・・
うらやましいくらい、ふっかふか。
ちょっと惚れちゃいそう。
 

夜になると、ヨトウムシよけの緑色の蛍光ランプが自動点灯し、
朝までヨトウムシの害を防ぎます。
 

ここにもちゃんとタンクがあります。
 

菜っ葉をソイルブロックに播種して、
苗を定植する(というよりもただ土の植えに置くだけ)のだそうです。
 

定植された(置かれた)イタリアンパセリ。
 

ご他聞に漏れず、灌水設備完備。

 

Nさんのやり方は一人年間300万円の収入を上げるには、

二人(夫婦)で600万円。

経費も入れたら1000万円稼がないといけない。

そうするためにはどうしたらいいか?

と考え、年間1000万円稼げる農業のやり方を探り、実行されています。

 

長年、流通業界で仕事をされた経験を活かして、

有機JAS認証圃場で、栽培された有機野菜を

30余名の生産者とグループをつくって、

関東、関西、九州、四国の生協や販売グループ、スーパーなどに提携・供給。

 

「有機JAS」をつけていると、ちゃんと売れるんだそうです。

有機野菜を好む人は増えていて、「有機野菜が足りない」現状にあるということは、

この間、鹿児島の人たちから聞いていたのですけど、

本当のようです。

 

Nさんところで使われる資材は、それなりのお値段のもので、

ハウスも大きくて高そうだし、

灌水施設もお金かかりそうだし、

お金がないとできない農業。

 

でも、合理的に経営して、高品質の野菜をつくり、ちゃんと稼ぐ・・・という手法。

 

「もうからない」という概念がある有機農業ですが、

こうやってやれば、もうけることもできる!

というお手本みたいなものですね。

 

 

でも、金額とか窒素の量などの数字でがんじがらめになった農業よりも、

“いのち”とか、“循環”を大事にした農業の方が、私はすきだなぁ~。

 

オンナ一人、なんとか食うていければいいので、

そんなにもうかんなくていいし。(^o^;

 

ってか、ハウスとか、灌水設備とか、高い肥料代とか、

が、そもそも、払えないしね。

 

きっと、死ぬまで貧乏へなちょこです。

 

そもそも、経済至上主義に抵抗して百姓になったんだもの。

目指すところは「お金」よりも、こころの豊かさだ

なーんつって。

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

>そもそも、経済至上主義に抵抗して百姓になったんだもの。
>目指すところは「お金」よりも、こころの豊かさだ!
↑↑↑
その通り!!!同感、共感、吉田寛!(大分県のコメディアン)
拙者も一生貧乏な百姓ザムライでござる^^、(菊^――^菊)にま~
菊さま:なかまがいてよかったです。(^o^)
必要なだけお金を稼ぐのよりも、お金がなくても生きていけるようになりたいです~♪
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。