2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【じゅっ田んぼ通信】 ~米づくりの季節ですよ~

大変大変大変大変・・・ ご無沙汰しました。(^_^;

じゅっ田んぼ通信のバックナンバーを載せる・・・とか言っちゃって、またまたずっとさぼっていました。再開します。

 

以下は<2006/05/18>に書いたものです。

「なんのこっちゃ、よーわからん」方はバックナンバー(一番下)をどうぞ。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

■冬の田んぼ
本当は、冬の間ずっと「冬の田んぼ」というタイトルで「じゅっ田んぼ通信」を
書こうと思っていたのですが、結局書かず終い。春になって「春の田んぼ」も書
かず終い。(^_^; ついには「夏の田んぼ」にならないうちに、今までの経緯をか
いつまんで紹介します。

 

昨年11月22日に田んぼにワラをまき、12月18日に米ぬかまき。
冬季湛水・不耕起移植栽培のマニュアルでは、反当100kg米ぬかをまくようになっ
ていますが、今度は二年目だし、一年目だった去年でもイトミミズが大発生して
せっせとフンをまいてくれたお陰で、トロトロ層が厚いところでは15cmくらい
(薄いところは2-3cm)あったこともあり、思い切って今年は米ぬかの量を半分
にしてみました。反当50kg。2反チョイなので全部で100kgちょい。


これは、うちの田んぼで穫れたお米を全部精米して出る米ぬかの量よりも少ない、
または同じくらいの量です。


田んぼからは、米とワラをかなりの量持ち出しているので、持ち出した分を肥料
として投入しないと土地がどんどんやせてしまうことになります。


なので、慣行農業では化学肥料を、有機農業では有機肥料を入れますが、うちで
は肥料の投入は一切しません。米ぬかを100kgまきましたが、これも先ほど書い
た通り、収穫した米の米ぬかを戻した程度で、持ち出した米(白米+籾殻)やワ
ラの分を差し引くとマイナスとなってしまいますが、その分はイトミミズなどの
生きものたちが今年も補ってくれることでしょう。(^^)

 

そして12月19日、湛水開始。前の年、最初にやってきてくれたのがチョウゲンボ
ウ(小型のタカ)でしたが、今度もチョウゲンボウがうちの田んぼに来て、餌場
にしたり、水を飲んだりしていました。


1月を過ぎると、去年同様、毎晩のようにマガモがやってくるようになりました。
少ない時は2-3羽、多い時で30羽ほど(推定<夜は暗いのでよく見えない(^_^;)、
家族でやってきて水の中に頭をつっこんでエサを探したりしていました。
マガモたちも、冬の間、良質の肥料(フン)をせっせとまいてくれました。(^^)

 

■春の田んぼ
水をため始めると、冬の寒い時期にもかかわらず、サヤミドロなどが復活してい
て、お~すごいなぁ~と感心していると、そのうち、サヤミドロよりもヌメヌメ
してちょっと汚っちぃアオミドロ(たぶん)がたくさん出るようになりました。
あたたかくなり始めて、草がどんどん伸び、まだ寒い3月にアメンボがやってき
たり、ミジンコが増え始めたり、イトミミズが黙々とお尻からフンを出して、田
んぼの土の表面にトロトロ層の山ができるようになりました。(^^)


とにかく今年の田んぼは草の生え方がすごくって、今の草は冬草なので田植えを
する頃にはなくなるだろうとは思うのですが、ちょっとアンマリなので1回草を
刈りました。


去年は気づかなかった(または いなかった?)のですが、草が適度にあって、
水深があまり深くない時はタシギが結構田んぼを利用しているようです。


草を刈ってしまったので、来なくなるかと思ったら、草はすぐに伸びてしまい、
適度にタシギにもムシさんたちにもよさそうな環境を提供しているようで、今の
ところ毎日タシギがやってきています。タシギにとっては、イトミミズがたくさ
んいるので、エサをとるにはもってこいの場所のようです。

 

■米づくり本番
うちの田んぼは「不耕起(耕さない)」ですが、周りの田んぼは、早いところは
3月くらいからトラクターによる耕耘が始まり、田植えまでに2-3回耕された
後、田植え前に丹念に代掻きをされます。


5月のゴールデンウィークには毎年「クヤク」があります。クヤクとは、たぶん、
農家の人たちが行う共同作業を指す言葉なのだと思いますが、子どもの頃からク
ヤクと言えば、用水路の溝さらいのことだと思っていました。


この「クヤク=用水路の溝さらい」は、田んぼと用水路の維持のために欠かせな
い作業で、年に数回行われます。今ではどこもコンクリート三面張りになってし
まい、生きものにとっては暮らしにくい環境になっていますが、農家の高齢化や
後継者不足、そして、クヤクの肉体労働の辛さを思うと、コンクリート三面張り
を批判することはできないワタシです。(._.; 「コンクリート三面張りをやめろ」
と言うのであれば、日本の農業の根本的な問題である高齢化や後継者不足、人手
不足をなんとかする知恵を出さないとなりません。(っていうか、そもそも「百
姓をしても食うちゃいかれん」世の中になっているのがおかしいのです)
とか言いつつ、子どもの頃、あたりまえにいたホタルがまた見れるようになると
いいなぁ~とも思います。


でも、コンクリート三面張りでも、結構生きものはしぶとく生きているものなん
ですよ。そして、その生きものが生きていけるのも、用水路と田んぼを維持して
いる農家のみなさんの努力があってこそだと思うのです。

 

5月のクヤクが終わると、用水路に水が増え、あちこちで既に苗床(稲の苗を育
てるスペース)ができています。用水路に水が入ると田んぼの水の心配をしなく
て済むので随分と気が楽になります。


ただ、まわりで苗床ができはじめると、「あぁ、米の準備せねば~」とプレッシャー
を感じるようになります。(^_^; 日頃、畑作業に振り回されているので、なかな
か米まで頭がまわらないのです。(^_^;


というわけで、慌てて、去年種をとっていなかったもち米の種を分けてもらった
り、床土(赤土)を買いに行ったりと、行き当たりばったりで準備して、ようや
く5月7日に塩水選と温湯消毒を行いました。


塩水選は、決められた比重の塩水に種籾を入れて、沈んだ籾だけを種として選別
する作業です。「消毒」は病気の予防のために行いますが、うちでは無農薬なの
で、農薬を使わず、環境や体に害のないお湯を使っての消毒です。


去年ははじめてで段取りが悪く、温湯消毒に夜中までかかってしまいましたが、
今年はちょっと進歩して(?!) 割とスムーズにできました。ただ、57℃で10分間
温度を維持しなければならないのですが、温度の維持がなかなか難しかったので
した。

 

■芽出し失敗!
温湯消毒をした後は、水にしばらく浸けておきます(浸種)。フツウは3-4日
でいいと言いますが、冬季湛水・・・のテキストでは「20日以上浸けたがいい」
とあります。でも、段取りが間に合わず、1週間浸種することにしました。
エアーポンプを入れて空気を供給してやると、水を替える必要がないということ
で、今年はエアーポンプを入れてみました。


種まきの前々日の夕方、「寒かけん、そろそろ水から上げた方がよかっじゃなか
ろうか」と母が言うので、あげてみると、なんと!芽(本当は根)が出ているで
はありませんか!!


「50年以上やってきて、水に浸けたまま芽が出るなんてことははじめて」と言
う母。(^_^; エアーポンプで空気をたくさん送りすぎたことが原因でしょうか。
もう薄暗くなり始めた19:00、「このままでは種が役に立たんごてなるバイ」と
いうことで慌てて夜の種まきとなりました。


芽が伸びすぎてから種をまくと「転び苗」の原因になると言います。
なんとか正常に芽が伸びてくれるといいのですが。


■田んぼの生きもの観察会
博物館プロジェクト班による「フィールドミュージアムへ飛び出そう!」で、

うちの田んぼで生きもの観察会が行われます。
興味がある方はどうぞ。参加のお申し込み・お問い合わせは直接、博物館プロジェ
クト班までご連絡ください。

期 日:6月18日(日)
時 間:9:30~12:00
テーマ:『“じゅっ田んぼ”の生きもの』
内 容:冬の間から水を張ってある”じゅっ田んぼ”に生息するアオモンイトト
    ンボやギンヤンマのヤゴ、ゲンゴロウ類、ガムシ類、カエル類、カニ類
    や貝類を採集・観察します。
募集人数:30名
集合場所:じゅっ田んぼ
参加費:無料
※2006年に開催、終了しました。m(._.)m

 

久々の「通信」で長文になってしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(._.)m


 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

★バックナンバー★

じゅっ田んぼ通信<1> ~生きものいっぱいの田んぼづくりスタートしました。~

じゅっ田んぼ通信<2> ~ゆめの前に~

じゅっ田んぼ通信<3> ~ゆめものがたり~

じゅっ田んぼ通信<4> ~いよいよ田植えですよ~

じゅっ田んぼ通信<5> ~またまた田植えですよ~

じゅっ田んぼ通信<6> ~稔りの秋です~

じゅっ田んぼ通信<7> ~新米がとれました~

 

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。