2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[201] 「生きもの語り」

<201号> 「生きもの語り」


昼間はずっとラジオを流し、親ツバメが出入りするスペースを残してシャッターを閉め、ひたすら子ツバメの巣立ちを見守っていたところ、5月18日に無事に4羽の子ツバメが巣立ちました。(^-^) そうしたら、巣立ち直後にまだ飛び方がヘタクソなため、ごま(私の猫)に1羽が捕まってしまいました。ツバメをくわえて得意げにタッタカターと人間に見せにくるごま・・・。「うわ~、ごまがツバメを獲った!」と大騒ぎの私。玄関まで運んで、「ほら、見て見て~」と、ごまがちょっと口を緩めた隙に子ツバメは逃げ出し、飛び去りましたが、果たして大丈夫でしょうか・・・。キズが大したことなければいいのですが。巣立ってから数日は、夕方になると巣に戻ってくるのに、今年のチビたちは戻ってきません。巣立ってからしばらくは、近所で親が子ツバメにエサを運んでくるのに近くに子ツバメの姿はありません。「あんな怖いやつ(ごま)がいる家なんかこりごりだ」と思って、近づかないのでしょうか。見守ってきたニンゲン様としては寂しい限りです。まぁ、今年はヘビにもカラスにもやられずに、とりあえず無事に巣立ったのでヨシとしようか・・・。


ふるさと
雨蛙は気づいた。いつの間にか蜜柑園から仲間が減っていく。そうか、みんな自分が生まれた田んぼに、産卵のために帰っていっているのか。去年来た道を思い出しながら、田んぼを目指した。途中、道路を横切るときは苦労した。仲間が何匹か、変な物体に敷き殺されていた。それでもやっとふるさとの田んぼにたどり着くことができた。ところがまわりはもう代掻きが始まっているのに、その田んぼだけはまだ水も入っていない。どうしたのだろう、と不安になる。田んぼの畦で虫を食べながら、待つことにした。十日待った。持ち主の百姓は姿を見せない。二十日待った。まだ代掻きは始まらない。三十日目だった。やっと百姓が姿を見せたのだが、大豆をまき始めた。絶望的な気持ちになった。そういえば減反政策がまだ続いているらしい。雨蛙は決心した。来年まで待とう、と。翌年もその田んぼは転作された。雨蛙は、もう一年待って、また来てみようと思った。次の年、また田植えはなされなかった。雨蛙はとうとう寿命が尽きた。

 


さて、上の文章は「農と自然の研究所」の代表理事の宇根豊さんが書かれたものです。「農と自然の研究所」の活動も十年目。最初から「十年しか活動しない」と決めて始められ、今年度が最後の年となります。普段は見落とされがちな田んぼの生きものにも目を向け、「百姓がつくっているのは米だけではない。生きものも田んぼの生産物なのだ」と、生きものへの“まなざし”を取り戻す活動をこれまで続けてこられました。

 

今年は「最後の年」として、新たに「生きもの語り」に取り組むのだそうで、この「ふるさと」はその一例です。宇根さんはご自分でミカンとお米をつくっておられます。宇根さんちの雨蛙は、田んぼに水が入り、代掻きが終わる頃になるとミカン山から田んぼへと移動するのだそうです。そして、田んぼの水が落とされる秋にはミカン山に戻るのだとか。果たして雨蛙が宇根さんちのミカン山や田んぼを認識しているのだろうか?と思いますが、それは邪推というもの。そんなことよりも、雨蛙に注がれるまなざしがなんとも言えずあたたかく、たまりません。みんながこんなまなざしで生きものを見てくれるようになれば、生きものがもっともっと暮らしやすい世の中になることだろうと思います。

 

大豆の自給率は5%程度で、減反をして大豆を植えることには一理あるかもしれませんが、生きものにとっては迷惑な話です。人間には大豆転作による補助金が手に入っても、生きものは住む場所を失います。雨蛙の寿命は3年。こうやって、多くの生きものたちが住む場所を追われていったのだろうなぁ~。

 

田んぼや畑にはたくさんの生きものが暮らしています。田んぼにお米が育ち、畑に野菜が育つことは、人間だけでなく、いろんな生きものたちも恩恵を受けているということですね。いつもうちの野菜やお米を食べていただいてありがとうございます。お陰でうちの畑や田んぼの生きものたちも元気に生きていくことができています。(^^)

 

 

 

 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。