2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンダナを巻いた猫
一時はどうなることかと思いましたが、
すっかり元気になりました。笑い。

でも、相変わらず黄疸の症状は消えてなくて、
クスリを飲んで治療を続けています。

んで、
ごまバンダナ1
バンダナを巻いた猫
(長靴をはいた猫の親戚?)
イカすでしょ?

もともと黄疸の原因はノミが媒介する寄生虫(?)が赤血球にとりついて、
赤血球を壊し、さらに、ごまの自己防衛能力(?)が、異物にとりつかれた赤血球を攻撃し、
赤血球が壊れまくってなっていたわけで、

この際、ノミを駆除するべく、フロントラインを首筋につけてもらったのでした。
普通は頭の後ろのところだったら、自分で舐められないから大丈夫そうなものなんですけども、
なんかさぁ・・・
ごま、舐めてるんだよね。
よっぽど体がやわらかいんか?

舐めないように、ちょっとでも舐めるのを阻止できるように
バンダナを巻いてみた。(^o^;
なかなかキュートじゃない?(親ばか)

ごまバンダナ2
「出せ~! お外に行きたいのぉ~!」
お弁当持ってお出かけですか?
それとも泥棒猫ですか?


あぁ~、
でも、このフロントライン、皮脂腺に吸収されて全身をまわって1ヶ月は(ノミ駆除の)効果があるんだって。
ちょっと怖くない?
ノミが吸ったら死ぬような薬がごまの体をかけめぐってるんだぜ。
普段だったら、絶対やりたくないんだけどね。
でも、ノミが原因で黄疸になったんなら・・・
しょうがないよね。
(とゆことにしておこう)


にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。