2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[219] 今、ここにいる奇跡
<2009/12/8>


<219号> 今、ここにいる奇跡

12月6日(日)。熊本のオーガニックが集まる「ゆうきフェスタ」が今年も開催されました。今年の基調講演は西日本新聞社で「食卓の向こう側」を担当している安武信吾さんでした。飽食の時代となり、食が乱れまくっている昨今。大学生の食生活調査をすれば、朝食がスナック菓子だけだとか、すんごいことになっています。先日、助産士をしている友人が、産婦さんにその日の朝食を聞いたところ「塩辛」と応えられて絶句したという話をしていました。朝ごはんに塩辛だけ。「ご飯も食べたんですよね?」「いえ、塩辛だけ」「え? ご飯食べないんですか?(絶句)」みたいな・・・。西日本新聞社は長いこと「食卓の向こう側」という連載で、食の問題に取り組み、その成果として、西日本新聞が多く読まれている福岡では、「弁当の日」が学校で行われるようになり、福岡の家庭の食卓を変えていっているのだとか。とある小学校では、小学5・6年生に毎月1回「弁当の日」があり、その日は子どもが自分で弁当を作って学校に持って行きます。献立を考え、自分で材料を買い、当日は早起きをして弁当をつくります。おいしい弁当ができた時はもちろん嬉しいし、失敗しても自分で作ったものだから「もったいない」と言ってみんなきれいに食べてしまいます。あまったおかずでお父さんやお母さんにも弁当を作ってあげます。毎日、ご飯を作ってくれるお母さんやおばあちゃんの苦労もわかり、感謝の心も芽生えます。こんな子ども達が大学生になり、ひとり暮らしを始めたら、きっと「朝はご飯に味噌汁!」と胸を張って答えるでしょう。(希望的観測)
 
色とりどりのお弁当。ブロッコリーが嫌いな子も、彩りにブロッコリーを入れる。そして自分でつくったものだから、残さずにみんな食べる。食卓の話題も増える。すばらしい取り組みです。熊本でも「弁当の日」が始まるといいなぁ~。熊日でもやってくんないかなぁ~。(「食卓の向こう側」はブックレットとして販売されています。図書館にもあるので、機会があったら読んでみてください)

講演された安武信吾さんは奥様を昨年ガンで亡くされました。25歳でガンの告知を受け、当時付き合っていた彼(安武さん)と結婚し、治療の合間を縫って奇跡的に娘さんを授かり、娘の成長を見届けたいと必死で生きた安武千恵さん。「食が体をつくるのだ 食が命をつくるのだ」と気づき、食事療法、温熱療法、気功、音楽療法、半分マクロビオティック生活を続け、ガンが肝臓や骨など全身に転移しても医者の予想を大きく裏切って、見事に生き抜かれました。彼女の「生まれてくることそのものが奇跡、今、ここにいることが奇跡」という言葉が強烈に胸に突き刺さりました。安武千恵さんの言葉はブログで読めますので、興味がある方は読んでみてくださいね。底抜けに明るい文章に元気をもらえます。(早寝早起き玄米生活 ~がんとムスメと、時々、旦那~) 
奥さんを亡くされた安武さんは、今では小学1年生になった娘さんと一緒に毎朝お弁当をつくるのだそうです。


私ごとですが、11月は4連休をとって大阪・京都・岡山に行ったので、超多忙でした。1日に2日分くらいの仕事をこなさなければならず、おまけにゆうきフェスタでパネルディスカッションを企画していたこともあり、打ち合わせにチラシ作り、印刷、配布などなど多忙を極め、一日は体調を崩して寝込む有様。旅行から帰った翌日は出荷日で、朝露に濡れたブロッコリーを収穫して下半身ずぶ濡れになり、そのまま仕事を続けたら風邪をひきました。忙しい日々を送っていたので免疫力が低下していたのでしょう。それでも、昔はアレルギー性鼻炎がひどく、しょっちゅう風邪気味で鼻炎用カプセルと風邪薬が手放せなかったのが、百姓を始め、玄米と野菜中心の食生活にしてから冷え性が治まり、アレルギー性鼻炎とはおさらばし、35度台だった体温が普通に36.5度くらいになり、持病の喘息も劇的に軽減。体が冷える冬にはクスリが手放せなかったのが今年はクスリを使わずに済んでいます。それもこれも、百姓暮らしのお陰だと思っています。「食べものが体をつくる」ということを身をもって実感しているところです。不健康だった昔に比べたら、今は毎日が爽快! 百姓は時にしんどい仕事ですが、早寝早起きして規則正しい生活ができます。それが“自然”。人間も自然の生きものなのだから、“自然”が一番。ガンの患者さんには低体温の人が多いと言います。体温が低い人はできるだけ“自然”な暮らしをできる範囲でされてみるといいのではないかと思います。



にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。