2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[219.5] 冬は籾殻燻炭焼き
<2009/12/15>


<219.5号> 冬は籾殻燻炭焼き

毎年のことですが、稲刈りが終わったら、近所からもみずりの時に籾殻をもらい、その籾殻で籾殻燻炭を焼きます。昔はどの家でも籾殻を焼いて燻炭にして、4月の種まきの時、籾(稲の種)を蒔いた後、燻炭を被せていたと言います。でも、今では燻炭を焼くところなんてほとんどなく、籾殻はほとんど産業廃棄物扱いで田んぼで燃やされたりしています。あぁ、もったいない。

冬本番の気圧配置になると北風が強くなり、風が強くては燻炭を焼いてもすぐに吹き飛ばされてしまうため、冬本番になる前に燻炭を焼いてしまうのが理想的です。大体、燻炭の山を4つずつ燃やして、3回焼くと終わりなのですが、今年は11月が忙しかったためにまだ1回しか焼けていませんでした。

「籾殻燻炭を焼く」と書くと簡単そうですが、早朝に火をつけて、ちょこちょこ見に行って作業して、火を消すのが暗くなる頃なので丸1日かかります。時には真っ暗闇の中で火消し作業を行います。そのため、配達日の火・金は焼くことができず、また、収穫や出荷準備をしないといけない月・木もなかなか難しかったりします。残る水・土・日で天気がよくて風もない日・・・となると、なかなかいいタイミングがないんですよねぇ~。ここんとこ、あまりいい天気の日がないし。

今日(12/13)は2回目の燻炭を焼いています。19:00現在、4つのうちの2つは火を消して、3つ目がもうすぐできあがるのでそろそろ火消しに出掛けていきます。あとの1つはなかなか焼ける気配がなく、どうやら失敗作の様です。火はついているのですが、煙が少ししか出ていません。明日、またやり直しです。果たしてこのまま一晩放っておいて、灰にならないのかイマイチ心配だったりします。(燻炭は放っておくと灰になってしまうので、灰になる前の真っ黒な炭の状態で火を消さなければなりません。この火消しがなかなか大変な作業だったりします) これが終わったらあと1回! がんばれ、私!!

今号は“手抜き”号なので、籾殻燻炭については改めて書きますね~。

この週末、実家から車で10分くらいのところに引越しをしました。トラクターのローン支払いがなんとか終わり、軽トラのローンもあと少しで終わるので(^_^;、やっと両親の元から“自立”して、一人暮らし(というか、一人+猫一匹暮らし)をします。これから先は毎日、実家と畑に通勤することになります。まだ電話工事が終わらないのでしばらくは実家から新居に通ってかたづけの日々です。しばらく冷蔵庫や洗濯機もありません。(^o^; ま、冬なのでなんとかなるでしょう。これを機会に、できるだけ電気やガスや水道を使わないエコ生活を徹底的に追及するとしましょう・・・(?)。(畑の場所は変わらないので、“りずむ自然農園”の住所としては今までと同じです。これからもよろしくお願いしま~す♪)



にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。