FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
めぐみのあめ

昨日の雨で助かりました!

 

4月29日がクヤクで、

周辺の農家の人たちがみんなで用水路の溝さらいをされた。

溝さらいをするためには、用水路に水をためておくわけにはいかず、

川から流してもらっている水もとめられ、

用水路の堰板をはずして、用水路はスッカラカン。

もちろん、田んぼには水は入れられない。

 

少しでも水がもつように・・・と、できるだけたくさん水を入れてはおいたものの、

田んぼに満タンに入れておいても、水の補給をしなければ、せいぜい2-3日しかもたない。

 

28日の夕方に堰板をはずして、

29日丸々水を入れられなくて、

29日の夕方、農区長さんに水を流してもらう相談をした。

 

今年、また、農区長さんが代わって、

前の農区長さんよりも、今度の農区長さんは頼みにくい

 

経験も浅く、周りの人と違うことばかりしているワタシごときの頼みを

そうそう簡単にきいてもらえるようには思えず、

案の定、水はまだ来ない。

 

でも、昨日、雨が降った(^o^)/

それも割りとたっぷり、降った。

 

お陰で用水路に、少し水の流れができた

堰板をはめて

水がある間にと思って、日中、たっぷり水を入れた。

 

あ~。よかった。

よかった、よかった、よかった。

 

これであと2-3日は大丈夫!

 

あと2-3日がんばれば、

そのうち、周囲の農家のみなさんもノドコ(稲の苗床)を作り始めるので、

用水路には必然的に水が流される。

 

田んぼの水の確保。

これが一番、やっぱり、なんといっても、神経を使う。

 

周りの人と違うやり方をしているので、

なかなかね、

そうは簡単に認めてはくれない。

 

辛抱なのじゃ。

 

今度水がきたら、夏の間、水の心配はいらない。

来年も、同じ農区長さん。

冬の水の確保が、今からシンパイなのです。

今からシンパイしても始まらないけどね。

 

 

畑にとっては、雨はどうでもいいけど、

一緒に吹いた風がじゃまでした。

最近、風が強い日が多いので、夏野菜(ニガウリ、ピーマン、ナス)たちが

かなり鍛われて、ヨレヨレです。

どうぞ、おてやわらかに。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ