FC2ブログ
2020/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
[101] ツバメ受難

<101号> ツバメ受難

 

4月半ばまでは雨が少なく、畑がものすごーく乾燥していました。それがこのところは、しばしば雨が降り、ひと雨ごとに野菜がぐんぐん大きくなります。3月が寒くてなかなか芽が出なかったジャガイモも、このところの雨と陽気で目を見張るほどの生長ぶりです。 でも、雨が降ると野菜も大きくなりますが、それ以上にすごいのが草です。(^_^; まだ芽が出ていない里芋が草に覆われてしまい、今、必死で草取りをしているところです。

 

ジャガイモ:ぐんぐん生長中です。
 

こちらもぐんぐん生長中
(里芋の畝の雑草>主にイヌタデとホトケノザ)

3月末に帰ってきたツバメが、今年も卵を産んだようでずっと巣にこもっていました。いつ孵るかと楽しみにしていたのに、4/27の夕方、異変に気づきました。巣の下に巣の残骸が落ちていたのです。巣の残骸はツバメが座る部分らしく、中央にはフワフワの羽毛が敷かれていました。卵の殻は見当たりませんでしたが、かすかに残る卵の白身らしき跡・・・。上にかけられた巣にはほとんど損傷はないように見えます。ネコにはこんな芸当はできないので、きっとカラスの仕業なのでしょう。

地面に落ちていた巣の内部
(真ん中がフワフワの羽毛・・・自分の羽を抜いて敷くんでしょうか?)
 

巣は一見、損傷はないように見えるのですが~。
 


巣を壊されてすぐのツバメ
(この日まで卵を抱いていたメスは久々に外に出たのでしょうが…)


4/27は金曜日だったので、午前中は小屋の中で出荷の準備をしていました。その間、ツバメはいつも通り、巣に入って卵を抱いていたはずです。それが、配達から帰ると、こんなことに・・・。カラスよけにラジオでも流しておいてやればよかった・・・。


…などと考えていたら、翌28日、朝一番で巣を見ると、壊れた部分に新しく土を運んできて修復をしているツバメの姿がありました。巣を壊し、卵を食べたカラスをうらむことなく(本当にうらんでないんですかね? わからないけど)、ただ自分にできることをやる・・・。ニンゲンだったらくよくよするところですが、彼らはいつも前向きです。エライですね>ツバメちゃん。ツバメに大事なことをおしえてもらいました。
 

巣を修復中のツバメ(巣の中に入っています) 

上の方の湿った部分が修復部分

 


だんだん暖かくなってきて、まわりの田んぼではトラクターが走り回り、米づくりの準備が始まっています。連休が明けたらいよいよ種まきです。今年は米づくり3回目。どうかうまくいきますように~!!


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ