2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
害草、益草、ただの草
相変わらず暖かい日が続きます。(-"-;
ブロッコリーが開きまくりで、どうしてくれよぅ~。
使い物にならないよぉ~。
ま、自然には太刀打ちできませんから、しゃあないけど。

おまけに、グズグズ天気が続きます。
種まきできません。

このまま春本番に突入なのでしょうか。

野菜がなくなって、心細い“春”なのであります。



さて、久々の田んぼネタで~す♪
“じゅっ田んぼ”ファンのみなさま、お待たせしました。
ちゃんと“じゅっ田んぼ”は人知れず活動しておりますよ~。

「水がなくなるんじゃないの?」と心配で
毎日のように様子を見に行っていたあの頃。
(タイマーつけてなかったので、ポンプの電源をON/OFFしに毎日2回ずつ通っただけ)

今はタイマーをつけて、
水がたくさん流れているので、
何も心配せずに済んでいます。
ありがたや、ありがたや・・・。

これも魔法使いのおっちゃんや、区長さんたちの理解の賜物で、
百姓っていうのは、ほんとに、ひとりじゃできません。
いろんな人のお世話になって、
ありがたいです。

こんなヘンな稲作りをやっているのに、
誰からも文句も言われず、
嫌がらせを受けるわけでもなく・・・

阿蘇で冬季湛水でやろうとしている人は
田んぼのオーナーに
「田んぼを台無しにする気か?!」って怒られたそうで・・・

冬に水を溜めても田んぼは台無しにならないと思いますけども(^_^;

えと、まぁ・・・

そんなイジワルを受けることもなく、
変わった方法の稲づくりを見守ってくれている(相手にされてないだけ?)
というのは、本当にありがたいことでございます。


田んぼ0224-1
暖かくなって、アオミドロ増殖しまくりでございます。

田んぼ0224-2
水の中ではミジンコ(カイミジンコ)がうようよしておりまする。
(見えんか? この茶色いツブツブよ。見えるでしょ?そう思って見ると見えるような気がしてくるよ)

田んぼ0224-3
スズメノテッポウが我が物顔で繁殖しまくり。

でもねぇ、
害虫、益虫、ただの虫 の概念を生み出した(?)宇根豊さんによると、
草にも害草、益草、ただの草っていうのがあるらしく、
おそらく、スズメノテッポウはただの草だと思うわけね。

スズメノテッポウは冬草だから、田植えをする頃にはなくなってしまうわけで、
1年目は結構、スズメノテッポウがわさわさしてる中で田植えをしたけども、
なんの影響もなかったわけで。

最近は、親が草をみんな敵視しているので
草をとってしまってましたけども、
今年は取らないでええんちゃう?と思ったりしてます。

草があった方が虫さんたちにはいいだろうしさ。
草とるの大変だしさ。(^_^;

でもね、
どっちみち、アオミドロは一掃しないといけないのさ。
そのうち、サヤミドロとかアミミドロが増えてくるだろうけどね。

まぁ、今のところは(余裕ないし)静観しときましょ。


にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

じゅっ田んぼ
先月のK氏のセミナーで、稲作にかなり時間をかけて教えてもらいました。

K氏も昔、冬季湛水を数年試み、また稲の植物生理を勉強した結果、

「冬季湛水は生態系の為にはいいけど、稲の植物生理を考えたら向いてない。せいぜいとれても6俵/反にしかなりません。」

と言ってましたよ。
Re: じゅっ田んぼ
あんみつ同心さん(だれだろ?)、いらっしゃいませ。
「生態系のためにはいい」んだったらいいんですよぉ~。(^^)
田んぼで稼ごうとは思ってないので。
とりあえず、一年分のお米がとれたらそれでいいのです。
生きものたちが平和に暮らしてくれて、人間がお米のおこぼれをもらえればそれでいいのです!
プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。