FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
[224] 春近し・・・
<2010/02/09>



<224号> 春近し・・・

天気がいい日には、ヒバリがピーチクパーチク♪♪♪空に浮かんでさえずるようになりました(今年の初鳴きは1月22日くらい…だったと思います)。梅の花が咲き、畑のあちこちではオオイヌノフグリが青い可憐な花を咲かせていたり、ハコベが小さかった体を大きく広く伸ばし始めていたり(あぁ、草取りしなきゃ…)。まだ寒いのに畑も田んぼも日ごとに緑を色濃くしていっています。春近しです。

白菜も花を咲かせるために茎を伸ばそうと膨らみ始めました。(そろそろ出荷終了です)

この時期になるとぼちぼち春の植え付けがスタートします。トマトは1月に種をまき、苗床ハウスの中の温床の上で順調に大きくなっています。そろそろナスとピーマンの種をまいて苗づくり。畑では、里芋を掘り上げてジャガイモの植え付け。秋・冬野菜の終わったところをトラクターで耕して、春作の準備、野菜が切れる端境期用の葉ものの種をまいてトンネルをつくって…などなど、徐々に慌ただしくなってきます。このところ、よく雨が降り、雨が降ったら3日ほどはまともな畑仕事ができないので思うように仕事ができずに気は焦りがちです。

一方、5時には沈んでしまっていたお日様が6時過ぎまでいてくれるのでそれだけ長く仕事ができて助かります。

今年は里芋もジャガイモもよくできたので掘るのに苦労しています。掘っても掘っても出てくる。(うれしい悲鳴) 先日3日かけてようやく里芋を掘ってしまったので、速攻でワラをかたづけて元肥をまいてトラクターで耕し、そこにジャガイモ(春ジャガ)を植え付けました(2/7)。日曜日の雨がなくなって、しばらく雨が降ってなかったので、畑のコンディションはバッチリ! いい状態で植え付けができました。(^-^) またしばらくグズグズ天気が続きそうなので、その前にやれてよかった…と胸をなでおろしています。もしもできてなかったら、「あぁ、今日もまた雨だ。また畑が乾かない。ジャガイモが植えられない~」と毎日嘆くハメになっていたでしょう。(^_^; ほんとによかった。

それにしても、白菜が膨らみ始めてひやひやしています。そう、端境期。春になると野菜たちは一斉に茎を伸ばして花芽をつけ、“トウ立ち”を開始します。困るのはトウが立つと野菜が硬くなって食べられなくなること。(;_;) 動物も植物も、生きものの最大の使命は「いのちをつなぐこと」。みんな、そのいのちを次につなぐために一生懸命生きています。野菜たちも自分のいのちをつなぐために毎日光合成をして大きくなって、暑さ・寒さや風に耐え、養分を蓄えて、その日のために備えています。人間に食べられるということは、野菜が使命を果たせないということです。でも野菜たちは食べた人間を恨むことなく(^_^;、そのいのちは人間のいのちとなって私たちを生かしてくれます。ありがたいですね…。おっと話がズレた。

そういうわけで、そろそろ端境期です。トウ立ちが始まった野菜を出荷せざるを得ないこともあるかと思います。それでも、食べられるものしか出荷しませんので、ご理解いただけると嬉しいです。種となる部分の“花芽”には、エネルギーがギュギュっと詰まっていますから、野菜のこれまでの人生…ならぬ野菜生に感謝して、エネルギーまるごといただいちゃってください。

冬の大根の植え付けが足りずに、このところ切れてしまっています。ごめんなさい。もう少し暖かくなったら冬に種をまいた大根が大きくなってくるはずです。大根はあとしばしお待ちくださいね。

それにしても、今年も端境期を無事に乗り越えられるのだろうか・・・? このところ、私の頭の中はそれでイッパイです。(大丈夫、なんとかなるさ~♪)




にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ



スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ