FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
朝メシ抜き

最近雨が多いですね。

雨が降ると仕事にならないので、開店休業状態。

本来、忙しい時期のはずなのだけど、

そう仕事に追われているわけでもなく、

こんな調子だったら、連休も暦どおりに休めるかもね?って思うくらい、余裕ぶっこいてるんですけど~。

いかんせん、予定がない。(>_<)

とゆわけで、仕方なく仕事をする。

仕事は、やろうと思えば、思いさえすれば、

えぇ、そうですとも その気があれば (くどい(-"-;)

いくらでもある・・・(こともないかなぁ~ <結構余裕です。「三年目の余裕」ってカンジ?すごい!)

 

でも雨が降ると草取りもできないので、必然的に開店休業状態。

最近、こんなときは、お菓子づくりなんてやったりしてます。

うふ。すごいでしょ。

だから、雨が降る・・・?(さっき一緒にランチしたNちゃんにそう言われた(._.;)

でも、せっかくお菓子つくっても、大抵人にあげちゃうので、私の胃袋にはあまり納まりません。(^_^;

今度は自分のためにつくろう・・・

母の日には、毎年お店のケーキを買ってあげるけど、今年は私がケーキ焼いたろ・・・

 

 

さてさて本題です。

 

最近、朝メシを抜いています。

朝は梅醤番茶(梅干+醤油+生姜+三年番茶)だけ。

3/31からはじめたので、もう1ヶ月以上もたちます。

夏は5時くらいから仕事をするので、そうすると7時くらいにはおなかがすいて、足に力が入らなくなってフラフラになるので、朝メシ抜きなんて絶対無理!と思っていたのだけど、

やってみると、意外や意外、割とイケるもんなんです。

 

「自然療法」で名高い東城百合子さんや、食養生関係の人は、大抵朝メシ抜きで一日二食がいいと言います。

 

なずな農場の赤峰勝人さんは千島学説を信じていて、「血液は寝ている間に(骨髄ではなく)小腸でつくられる」と言う。その血液が肝臓や腎臓で毒抜きされて浄化されるのが終わるのが朝10時頃なのだと。

だから、ご飯を食べると食べたものを消化するために血液が使われるので消化も浄化も中途半端になってしまって、自然治癒力が低下して、病気を呼び込みやすい体になってしまうのだと。

 

そもそも、血液が骨髄でつくられることは医学の常識で、

その医学の常識を覆すようなこの千島学説を、信じているかといえば、まだ心底信じているわけではない。

けれど、千島学説が正しいとすると、医学界では天と地がひっくりかえるような大騒ぎとなって収拾がつかなくなるので、千島学説は葬り去られた・・・のだと聞いたら、そういうのってアリだよねぇ~って、思ってしまう自分もいたりなんかして。(^_^;

 

んで、千島学説が正しいかどうかはともかく、

とりあえず、朝メシを抜いたら体調はどうなるのだろう?と、素朴に思って試してみた。

 

玄米食+ゴマ塩+無農薬野菜中心の食事にしてからは、持病の喘息がずいぶんよくなって

ほとんど出なくなっていたのだけど、ちょうどやり始めた頃は、野菜の量が少なかったりとかで、

たまに朝方、クスリを使うほどではないけども、喘息で息苦しくなる日があった。

 

それが朝メシを抜くようになってからは、ほとんど出なくなった。

偶然かな?

でも、割と体調はいいみたい。

 

でも、自分としては、あまり健康志向があるわけでもなく(^_^;

ちょっと食生活が乱れると、「ほら見てみ」ってカンジで、朝方息苦しくなったりするくらいが、

ヘンなもの食べるとすぐわかるので、結構便利かも?って思ったりもする。

あんまり健康になっても困るんだよね。長生きしたくないから。(^o^;

でも仕事するのに、しんどくては困るので、ほどほどでいいや~と思う。

(それって健康ってことか?)

 

朝メシ抜きと言っても、

「10時までは食べない」という程度なので、

10時を過ぎると大抵何かを口に入れる。(^_^;

それがお菓子だったりするので、あまり意味ないかも?って思ったりもする。

 

マジメに食養生するのであれば、砂糖やコーヒーなど、採っちゃいけないのだけども、

私は現状が維持できればいいので、あんまり気にしない。

てげてげてげ・・・。

 

昔(4年くらい前)はホントにしんどかった。

喘息は昼間はあまり発作はでないのだけど、あの頃は昼間も咳が止まらなくて、

そのせいで腹筋が筋肉痛になって、これでおなかの贅肉が取れるかも?って思ったもんだ。

発作が出るたびに、ばあちゃんになった私が、息苦しくて胸をかきむしりながら、一人苦しんでいる様子が頭をよぎった。

クスリは使いたくなくて、でも夜は使わないと眠れないので、気管支拡張剤だけ使っていて

寝る前にクスリを使って寝て、夜中に息苦しくなって目がさめて、気管支拡張剤を使って眠る・・・という日々だった。

職場のセンセイに「きつかでしょ?クスリば使いなっせ」とお説教されて、

結局、ステロイドのクスリを使うようになって、天国みたいにラクになった。

でもクスリ使わないとすぐに元に戻っていた。

メニエール病もしょっちゅう出て、すぐにゲロゲロになってた。

メニエールの場合、クスリをもらってもすぐにはいてしまうので、クスリは何の役にも立たない。(^_^;

 

今は、ストレスがなくなったことと、

たぶん、食べもののお陰で、クスリを使わなくても済むようになった。

この変わりようはわれながら、すごいと思う。

何よりも、クスリ代がかからなくなった。(^^)

食べものは、田んぼ(っつうぅか物置)と畑に大概あるのでお金かからないし。

 

 

でも、雨の日。

今日みたいな雨の日は、息苦しくなる。

これって、気圧の変化を体で感じていて、低気圧だと喘息が出るのかと思っていたら、

湿気が多いと喘息が出やすくなるんですと。

モノの本に書いてありました。

なーんだ。

私の体は、気圧を感じることができるのかと思ったのに。

ちょっとザンネン。

 

で、朝メシ抜き。

これ以上健康にならなくてもいいので、いつやめてもいいのだけど、

とりたててやめる理由もないので、たぶん、もうしばらく、続けるのだろう・・・、きっと。

 

基本的に、健康な人は一日三食でも、全然問題なーいと思います。

でももし、体調が悪い人がいたら、朝ごはんを抜いてみてください。

で、できるだけ玄米と旬の野菜(できれば無農薬)中心の食事にしてみてください。

玄米にはゴマ塩を忘れずに。

腹八分厳守。肉や養殖の魚厳禁。砂糖やコーヒー抜き。

3週間くらいやると、体調がよくなる・・・かもよ。

 

そうそう。

「腸」は体の根っこ。

胃で消化した食べものの栄養を吸収するところ。

根っこが一番大事。

根っこが元気でなければ、せっかくの栄養も吸収することができない。

もちろん、心臓も肝臓も、腎臓も大事だけど。

朝メシ抜きは腸をきれいにして、腸(根っこ)が元気になるはずだから、

体にいいのだと思うのです。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ