2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
干潟の堆積物調査
毎日仕事ばっかりしてても息が詰まっちゃいますから、
たまには違うことやって気分転換したい。(^_^;

とゆわけで、

荒瀬ダムが撤去になるので、
今後、海がどう変化するのかを調べるために、
干潟の堆積物の調査に行ってきました。

わざわざ名古屋からと、宮崎から“先生”が来てくれました。
こういう熱心な先生がいてくれると、本当にありがたいですねぇ~。

昨日、18時から学習会で、

大体ね、こういう用事が入る日は仕事日和だったりするわけね。
んで、翌日が雨なので、雨が降るまでが勝負!だったりするわけね。

んで、そういう時に限って、トラクターが壊れるわけよ。(-"-;

この間入院させて、部品交換してもらったから大丈夫になったはず・・・
だったんだけど、またもやロータリーが上がらなくなって
電気屋(電気系統)さんに来てもらって
「大丈夫だろう」って方法でやったのに、
電気屋さんが帰ってからまたもや・・・

そんなこんなで、結局、耕運したかったところみんなは終わってしまわず、
ロータリーが上がらないので動かせないトラクターは畑に放置して行って来ましたわよ。

そんなわけで、遅刻して到着。

M先生とは8年ぶりくらいの再会。(^^)
懐かしかったです。

8時から懇親会♪

11時に就寝、で、4:30起きで5:00に干潟に出発。
誰かさんのいびきがうるさくてほとんど眠れずに出発。(=O=;

暗い干潟
5時代の干潟はまだ真っ暗です。

堆積物採取
堆積物の採取方法を教えてもらっています。

干潟
少し明るくなってきました。
ダダダーっと、ひたすら(3km先まで)広がる干潟です。
広いです。すごいです。
でも、荒瀬ダムができてから、干潟が泥で埋まってしまって入れなくなっていたそうです。
それが、試験的に荒瀬ダムのゲート開放が始まってからは砂が戻ってきてアサリが復活してきていたとのこと。
荒瀬ダムのゲートが永久に開く、または荒瀬ダムが撤去されてしまったら、
またきれいな、生きものいっぱいの干潟に戻ることでしょう。(^^)

地形調査1
干潟の断面(高低さ)を測る方法を教えてもらっています。

地形調査2
ケンナワを持って干潟に入る役目を担当したんですけど、
この辺までくると、泥で埋まってズブズブで・・・
田植え靴がいるだよ。
長靴が埋まって、つこけただよ。(右手だけ犠牲になったところでセーフ)

ふるう2
持って帰ってきた堆積物を、網の目の大きさが違う6種類のふるいにかけて
粒の大きい砂と小さい砂とに分けます。

ふるう1

ふるったよ
見事に、粒の大きさごとに砂が分かれました。

Tさくら
お疲れ様でした~♪


これまでは、ダム工事などで環境が破壊されるところの調査が多かったので
暗い気持ちになりがち(?)でしたが、
今回は、「よくなる」ことがわかっている調査なので、希望あふれる楽しい調査になりそうです♪

ダム撤去前(今)の現状から、ゲート開放後、ダム撤去後 と、どう変わっていくかが楽しみです。
ダムの影響が海や干潟にどんな影響を与えるのかを科学的に証明する貴重な調査となりそうです。

この調査結果が、今後、川や海の再生を加速させていくことにつながれば嬉しいな・・・♪


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。