2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[227] 手づくり味噌ができました。
<2010/03/23>





<227号> 手づくり味噌ができました。

3月20日(土)夕方からの嵐(雨+強風)は猛烈でしたね。トンネルのビニールをはいでいたので「大丈夫かなぁ~」と思ったものの、嵐の中でビニールを被せる作業をさぼったために(だってものすごい嵐だったのですもの)、サラダ菜が風でボロボロになってしまいました。サラダ菜が入っている方は、あの嵐の中をがんばって耐えたサラダ菜だと思って我慢して食べてください・・・。申し訳ありません!!!

ビニールトンネルやハウスは便利ですが、晴れたら開けないと温度が上がりすぎて野菜がダメになってしまうし、曇ったり雨が降ると閉めないといけません。天気が変わると畑に飛んでいって開けたり閉めたり、開けたり閉めたり・・・。最近は天気がコロコロ変わる日が多く、開けたと思ったら閉めなければならず。その都度畑を行ったり来たり行ったり来たり。結構疲れます。「いい加減にせぇ~よ」と言いたくなります。晴れたのに気づかずに、または忘れてそのままにしているとすぐにハウス内の温度は60度くらいまで上昇し、苗や野菜たちは一日にして全滅です。この季節は少しも気が抜けません。

さて、昨年11月についた味噌がおいしく食べられるようになりました。味噌はまず、麹寝かせから始まります。

麦10kgと玄米10kgを洗って一晩水に浸けておきます。

米麦セイロで蒸す
麦と玄米をセイロで蒸します。

麹の花を混ぜる
蒸した麦と玄米をセイロに入れて、麹の花(タネ麹)を混ぜて

お風呂の上でねんね
風呂の上で布団をかけて寝かせます。麹がしっかり“寝る”まで2~3日かかるので、温度が上がるまでは温め、温度が上がってきたら熱を逃がして調節します。温度が上がりすぎたら麹が死んでしまうので目が離せません。

麹様のご機嫌うるわしぅ
麹さんのご機嫌よろしく、しっかり寝てくれました。

そこで大豆10kgを洗って一晩水に浸けておいて、やわらかくなるまで半日くら炊いてもちつき機でつぶします。

味噌玉
つぶした大豆に塩と麹を混ぜて、味噌玉をつくって一晩以上置いておきます。

甕に空気が入らないように味噌を詰めて寝かすこと数ヶ月。これでおいしい味噌の出来上がりです。(^^)v

この味噌は玄米+麦の合わせ味噌です。ちなみに玄米(りずむ産)、麦(植木のK君作、無農薬有機栽培)、大豆(有機の会、福岡産、無農薬有機栽培)、塩は「なずなの塩」(大分産/自然海塩)です。熊本の風土がしっかりしみて、体にやさしい、おいしい味噌が出来上がりました。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。