2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[227.5] だらだらと・・・タマネギのこと
わーん、
“たより”アップするのサボってたら、かなり溜まった・・・かも。(>o<)

<2010/03/30>・・・に書いたものですよ。






<227.5号> だらだらと・・・タマネギのこと


春になって梅や水仙から始まり、モクレンやコブシ、そして桜・・・。配達しながらの“お花見”が楽しみな季節になりました。今年は暖かくなったと思ったら寒くなったり・・・。春と冬が行ったり来たりしているお陰で、桜の咲き方も早かったり遅かったり・・・とバラバラだそうです。家の近くに公園があって、そこの桜も満開! 裏の山からは空が白み始めると同時にウグイスやイカルが美しい音色を響かせてくれます。朝のささやかなしあわせな時間です。

やっと天気が回復して思いっきり畑仕事ができるようになりました。(^^) でも冬の間になまった体は久々の鍬使いにギシギシいっています。(^o^; 油を差さねば・・・。温床の上ではナスやピーマンなどの苗がスタンバイ。3月に種をまいたかぼちゃやズッキーニも大きくなってきました。大きくなってくると「早く植えろ」とせかされているようで、ちょっと焦ってしまいます。4月になって霜が降りなくなると一斉に植え付けが始まります。そのため、今のうちに元肥をまいて畑を耕運しておかなければなりません。冬の間にあちこちはびこった草もとらなきゃ~。そろそろ本格的に忙しくなりますよ~。

仕事の忙しさとは反対に、野菜はどんどん少なくなっています。ネギが終わって、里芋も保存していたものがあまりよくなく出荷停止に。ブロッコリーもそろそろおしまい。キャベツは生育にムラがあり、大きいものはそろそろ終了。トンネルやハウスの中の葉ものができてきましたが、今年はまともに種まきができていないので少なく、イマイチ不安です。そんな中、タマネギだけはたくさんあります。この時期のタマネギは「超極早生」。いわゆる水俣・芦北地域で「サラたまちゃん」と言われているものと同じです。(「サラたまちゃん」は商標登録されていてJAあしきたのオリジナルブランドなので、同じものでもうちのは「サラたまちゃん」とは呼べません)

タマネギの種まきは9月。苗をつくって10月後半から畑に定植し、やっと今できてきます。涼しい季節にできるので、慣行農業でもほとんど農薬を使わないで済むだろう~と思っていたら、案外たくさん使うのだそうです。特にタマネギ専門の農家は、タマネギしかつくらないので出来損なったら収入がなくなってしまいます。そこで、確実に収穫するために農薬を使います。タマネギには13枚の鱗片があります。聞くところによると、北海道のタマネギ農家では鱗片1枚ごとに1回農薬を散布するそうです。うーみゅ・・・。大変ですな(いろんな意味で)。まぁね・・・、北海道は規模がまた全然違いますからね。わからないではないですけども。

天草ほどではないけれど、冬でも割とあたたかい“りずむ”の畑では、この超極早生のタマネギをたくさん植えました。野菜が少ないこの時期に、まだタマネギのできないOさんとこや“Yの会”などに出荷するために。そしたら“Yの会”では「まだ北海道のタマネギがあるから(<こっちは無農薬ですよ、モチロン)」ということで注文が入りません。(^_^;(ちゃんと予告していたのになぁ~) 今回初めてのチャレンジなのでどのくらい植えればいいのかがわからず、適当にたくさん植えたら、本当にたくさんできてしまいました。Yの会には出せなくても、OさんやH会、Mさんに分けたりして、タマネギの出荷も忙しく、母も出荷作業を手伝ってくれています。

JAあしきたでは「農薬5割減」とか、「全員エコファーマー」だとか、「除草剤は使わない」だとか、宣伝してますけども、“りずむ”のは農薬は全然使わないし、除草剤不使用なんてアタリマエだし。がんばって手で草取ったし(いや、今年のタマネギ畑はあんまり草が生えないところで助かった~♪)、黒マルチも使わないし。そんなこんなで、とにかくタマネギ食べてください~。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。