FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
[104] 今年は失敗の年?

<104号> 今年は失敗の年?

 

春になって、風が強い日が多いですね。“りずむ”の畑周辺は、海が近いため、遮るものがなく海から直接吹き付けるため、すんごい風が吹きます。この風がかなりのクセモノ。冬にはゴーゴーとすさまじいうなり声をあげて風が吹きます。

 

霜が降りる心配がなくなる4月中旬になると、ナスやキュウリなどの苗を定植します。「苗が活着する(根づく)まではビニールば被せたがよかばい・・・」という母の忠告。その方が早く元気づくから…という理由です。毎年、元気になるのにとても時間がかかるナス(ナスはあったかいのが好き=ある程度温度が必要)と、隣に植えたピーマンには、再利用のビニールを使ってトンネルをつくりました。でもキュウリやニガウリは今年はトンネルなし。理由は、なるべくビニールは使いたくないから。だってビニールは自然に還らないし、燃やすとダイオキシンが発生するし、原料は石油だし。そういうものはできるだけ使わないのが“りずむ”流!(な~んちゃって)

 

ところが、定植直後から風の強い日が3日程続き、キュウリは90本程植えたうちの60本ほどが折れたり弱ったりしてダメになりました。自分で育てた苗がダメになったので、泣く泣く苗を購入して植え直しました。ニガウリも、これまた風に吹かれてヨレヨレになり、「ヨレヨレになっても元気になれ!」と毎日励ましてやったのですが、5月中旬になっても元気づかず、結局、苗を購入して植えました。


ナスは2種類つくりました。ナスにはトンネルを被せたものの、4月の冷え込んだ日に雨風にあててしまったせいか、1種類の方はなかなか元気にならず、ずっとヨレヨレのまま。挙句にダニにやられて、母に「こらもうダメばい」と言われ、これまた苗を購入して植え替え。買った苗はとても小さく、ただでさえ生育に時間がかかるナスなので、実がなるまでにあとどれだけかかることやら・・・。

 

まだまだ小さいナス(購入苗)です。

 

オクラも苗をつくったのですが、植えるタイミングが悪かったらしく、その半分ほどは根付かず、あとから種をまきなおしてもなかなか芽が出ず、既に3回ばかり種をまいていますが、イマイチ発芽が悪いまま・・・。

 

キュウリ第一弾の半分以上が風にやられた直後に種をまいた第二段がやっと定植できる大きさになり、定植した翌日はまたまた強風。購入したニガウリとズッキーニ第二段を定植した翌日も、またまた強風。定植した翌日は必ず強風(泣)。もう、いい加減にしてくれ~!! 夜中に雨とビュービューと吹く風の音で目が覚め、そのまま明け方まで「大丈夫だろうか」と、まどろみながら夜が明けるまで心配し続ける心配性の私です。(夜中に心配してもどうしょうもないんですけどね)
 

風でポキンと折れたキュウリ

 

そろそろ菜っ葉の季節も終わりに近づき、この季節になると、種をまいても芽が出たものから片っ端に虫に食べられ跡形もなくなります。これからは菜っ葉から果菜類(実を食べる野菜)に移行する季節ですが、こんな調子だと先が思いやられます。とりあえず今はエンドウがあるのでなんとかもっていますが、そのエンドウもおそらく今週でおしまいです。今の旬の時期しか食べられないエンドウですが、ずっと続くと飽きますよね。(^_^; たくさん食べていただいてありがとうございます! 豆はそのまま“種”になります。まくと芽が出ます。“種”には“いのち”がぎゅーっと詰まっています。エネルギーがたくさん詰まっているので、みなさんにもきっと元気を与えてくれると思います。さて、エンドウがなくなる来週からどうしよう。困ったナ・・・。

 

最近母がよく言います。「一年目、二年目は一生懸命するけん失敗せんとたい。三年目になると慣れが出てくるけん、今からが失敗するとたい」・・・今年は失敗の年なのでしょうか? どうかどうか、これから来る恐るべき梅雨と夏をなんとか乗り切れますように!!!

 

 

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ