2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[235] “りずむ”の百姓道~基本は循環 その③~
<2010/07/13> に書いたものです。





<235号> “りずむ”の百姓道~基本は循環 その③~

その②(231号)の続きです。

要するに、地球上の全ての物質は循環し、多種多様な生きものの“いのち”を支えています。一方、ひとたび有害な物質を作り出すとそれもまわりまわり、いろんな生きものを通して、ゆくゆくはひとのもとに帰ってきて、病気になったり時には死に至ることもある…ということです。

だから、“りずむ自然農園”では、有害物質を生み出すもの(ビニールや黒マルチ、農薬、化学肥料、除草剤など)は使いません。“いのち”の循環を断ち切る農薬なんてもってのほか。除草剤も草を「殺す」ものなので使いません。自然に分解され、生きものやひとに無害なものしか使いません。(※育苗ハウスは必要不可欠なため、育苗ハウスのビニールのみ購入しています。黒マルチは使いません。冬場は必要最小限にビニールトンネルを使いますが、その場合は近所から廃ビニールをもらって来て使っています)

理想は循環の輪がつながる暮らしです。田んぼや畑でとれたお米や野菜を食べて、食べた後に出るもの(生ゴミやうんち、おしっこ)を田んぼや畑に返し、またお米や野菜を育てる・・・。その過程で多くの生きものがつながりあってしあわせに暮らす・・・というのが理想ですが、今の世の中では糞尿はなかなか利用しづらく、そこまでは至っていません。(^_^;(上の部分を読んで「えぇ~!」と思ったそこのアナタ、ご安心を(^-^;)でも、“循環”を考えた場合、排泄されたミネラルなどもまた畑に戻すことができ、よそからの供給量をセーブできるので、それが一番自然だと思います。一昔前の“肥えたご”があった時代がなんとなく懐かしいです。(私は知りません。(^o^; :いやでも実際やるとなると大変だろなぁ~) とりあえず、今のところは生ゴミだけ堆肥にして使っています。

“りずむ”の田んぼでは堆肥などの肥料は一切入れませんが、畑には堆肥やミネラル肥料などを使っています。堆肥はできるだけ身近に手に入る資材を使って自前で作っています。近所から入手する分、運搬に伴う二酸化炭素の発生を抑制できます。そういう意味で、“循環の輪”もできるだけ小さな輪を目指しています。

堆肥に使う主な資材は大体こんな感じです。①草を4~5年寝かせた完熟堆肥(御船から) ②牛糞(菊池から) (シリカファームという、牛にシリカ(天然成分)を食べさせることによって健康に育て、その分投与する薬剤を最小限にして育てられた牛サンの糞。シリカファームの牛乳やヨーグルトは自然食品店で販売されています) ③鶏糞(植木から)(自給自足を目指す先輩百姓・寄元さんとこの。自家配合のエサで平飼いのストレスの少ない環境下で飼育された鶏サンの糞です) ④米ぬか(熊本市内のお米屋さんから) ⑤近所で作られた生ゴミ堆肥(※うちの畑が石灰成分が多い傾向にあり、この生ゴミ堆肥は石灰成分が多いため、このところ使用を控えています) ⑥その他:近所で手に入った籾殻や畑の草、田んぼから上げたサヤミドロなど(草も立派な有機物資材です)

これらの資材を混ぜ合わせて、土着菌で発酵させます。1ヶ月おきくらいに切り返しを行います。この作業、昔はひたすらスコップでえっちらおっちらやっていました。農作業の中で一番きつい作業でした。今では、ローダー付きのトラクターを買ったので、その辺の労力が激減しました。ローダーがなかったら、きっと途中で堆肥づくりを投げ出していたに違いありません。(^_^; 切り返しを行いながら発酵させること3~4ヶ月。完熟したら完成です。自分で作った堆肥は何がどれだけ入っているか把握できているので安心して使うことができます。

近年、堆肥の有害性を過剰に指摘するケースがあります。堆肥を過剰に施肥した場合、硝酸性窒素の多い作物ができる恐れがありますが、それは後先考えずに施肥した場合のこと。“りずむ自然農園”では、このところ、土壌分析を行い、適正量を畑に入れるようにしているし、がんばって作った堆肥がもったいないのでそんなに大量には入れられない(^_^;ので大丈夫です。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。