2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[243] 「ミツバチの羽音と地球の回転」見に来てくださ~い!
<2010/11/02> に書いたものです。

※ゆうきフェスタは11/21に終了しました。m(._.)m




<243号> 「ミツバチの羽音と地球の回転」見に来てくださ~い!

稲刈りが終わりました♪ このところ、田んぼのことを書くことが少なくなりましたが、お米も少し(2反)ですがつくっています。田植えと稲刈りと言えば、百姓の一大事。今は大きな機械でガーっとやってしまえば済む時代ですが、機械をできるだけ使わない“りずむ”では、機械を使わない分、ひとの力を使って、自然に手を貸してもらいながらの作業です。今年は研修生二人と助っ人二人に手伝ってもらって、雨の合間に無事稲刈りが終了。今、田んぼで掛け干し中です。

今では乾燥機で重油を使って乾燥させるのがほとんどですが、こうやって掛け干しすることで、お米が追熟してさらにおいしくなります。また化石燃料を使わないので環境への負担も少ないのです。田んぼで2週間ばかり乾燥させた後は脱穀です。脱穀が終わるとひと息つけるかなぁ~。これからニンニクやタマネギも植えなきゃね。脱穀した後のワラの片付けもひと仕事だしね・・・と、まだちょっと落ち着けない日々です。

そんな中で、今年も“ゆうきフェスタ”の準備が進んでいる・・・のは前回の“たより”で紹介しました。今年のフェスタで是非是非多くの人に見てほしい映画があります。

山口県にある小さな島、祝島。ヒジキがたくさんとれる自然豊かな島に原子力発電所の計画が持ち上がって約30年。島の人たちは自分達の暮らしを守るために必死で闘ってきました。農業や漁業を生業とし、自然とともに暮らす島の人々。そんな島の人たちに電力会社は「第一次産業だけでこれからもやっていけると思うんですか!」と冷たい言葉を投げつけます。(食べ物を生み出す第一次産業を無視して生きていけるとは私は思いませんけどね)

でも、この電力会社の陰には電力の恩恵にあずかる私たちの存在があります。私たちが便利な生活を享受するために一部の人たちに負担や危険を強いています。一度事故を起こすと大惨事になる原発。事故を起こさなくても放射能は漏れ出していると言う人もいます。玄海原発ではプルサーマルも稼動して、これは普通の原発よりもさらに危険性が高く、もしも事故が起こったりしたら、うちの畑も放射能で汚染され、それを食べたら放射能が体の中に入り、体の中で放射能が暴れ続けるということになります。

この問題は祝島の人たちだけの問題ではなく、電力の恩恵にあずかる私たち全員が自分の問題として考えるべきだと思います。是非見てください!

以下、鎌仲ひとみ監督の言葉より一部抜粋。
スウェーデンは脱原発を国民投票で決め、2020年までに石油にも依存しない社会づくりをめざしています。
実はエネルギーをシフトする背景には民主主義や情報の透明性、そして人権意識の高さがあることが見えてきました。スウェーデンはCO2を削減しながらゆるやかながらも経済成長を続け、質の高い福祉を実現しています。
日本とスウェーデンの違いはいったいどこにあるのでしょうか?

目下、山口県上関町で新たな原子力発電所の建設計画が進められています。
この原発は瀬戸内海の入り口にある美しい湾を埋め立てて建設されます。この原発予定地の真向かいに位置する祝島の人々は建設に26年間、反対してきました。
しかし、島民の思いとはうらはらに計画は進んでいます。埋め立て予定地、田ノ浦は海底から淡水が湧く多様な生物の楽園です。祝島の漁師にとっても最高の漁場です。
祝島の人々の暮らしが持続可能でなければ、私たち自身もまた、持続可能ではありません。
「持続可能」という言葉は実に多様な意味を含んでいます。
その中でも私が最も大切だと考えるのは自然の法則に逆らわないということです。
今回の作品で表現し、伝えたいと思っているのは普段私たちが見過ごしている自然循環の大きな力です。それを敵にするのではなく、共に生きるという感覚です。




★『ミツバチの羽音と地球の回転』 (2010年/日本/135分)
 監督:鎌仲ひとみ 製作:グループ現代
★時間:11月21日(日)10:45~  場所:熊本県立大学 小ホール
山口県田ノ浦の上関原発計画に向き合う祝島の人々と、スウェーデンで持続可能な社会を構築する人々の取組みを伝えるドキュメンタリー。いかにして自分たちのエネルギーの未来を切り開くのか?現場からの問いかけを『六ヶ所村ラプソディー』の鎌仲ひとみ監督が描き出します。
祝島の人々の原発反対運動は28年前に始まり、今もまさに続いています!世界を動かす、ミツバチのような人々の羽音を、ぜひ感じ取ってください。
☆公式サイト http://888earth.net/index.html
URL http://www.kumayuken.org/blog/index.php?e=75





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

あっという間に年末ですね~。

来年は田んぼも2反位作りますよ~。
我が家の来年は、いろいろ盛りだくさんな1年になりそうです。
さてさて、今日も大工しごとを頑張ります。
Re: タイトルなし
ほんとにそうですね・・・。この間正月を迎えたような気がしますが。(^_^;
来年からお米もつくるんですね。
パーマカルチャーを実践してますねぇ~。いいなぁ~。
ロケットストーブもつくるんでしょ?
冬の間に遊びに行きたいです!(^_^)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。