2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
「わははのは!」
最近書かないけど、地震や津波や原発事故のこと。
決して忘れたわけじゃない。
いつも頭の片隅に、じっとたたずんでいる。

幸い、事故は熊本から遠く離れた福島県で起き、
熊本では、今までどおりの生活が、あたりまえに営まれており、
テレビの中では、まだまだ事態が収まらず、
あまりに深刻なゆえに、どこか遠くの世界の出来事だと思いたいけれども、
ちゃんと現実で、
今も、数え切れないくらい多くの人や動物や小さな生き物たちが苦しい生活を強いられている。

メールでKさん(旧姓)の通信が送られてきた。

彼女は、私が前職をしていた頃に、公募で某館長の職を射止め、
田んぼや自然な暮らしをフィールドにして大活躍していた。

明るくて、ユニークな発想を持ち、意思が強くて頑固。
笑顔がステキな人。

そして、ステキな旦那様を見つけて、栃木で就農。
かわいい女の子にも恵まれた。

私と比べるのはおこがましいくらい、ステキな人だけど、
環境関係の仕事をした後、有機農業を始めたという点においては同じだから、
きっと、私と通じる思いを持っておられることと思う。

そんな彼女の“通信”を読んだ。

胸が痛い。

ヒトゴトじゃない。

玄海原発や川内原発で事故が起こったら、私も同じ運命をたどる。
ま、子どもはいないから、子どもの心配をしなくていい分、気は楽だろうけど。
“大人はもうどうでもいい”

ター坊の愉快な農的生活 にアップされているので、是非読んで欲しい。

こんな思いをしている人が、あとどのくらいいるのだろう?


悔しいよね。
許せないよね。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ