2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[258] Never give up!/玄米味噌ができました。
<2011/05/24>




<258号> Never give up!/玄米味噌ができました。

「え~!!! 明日雨降るの~?!」 ガーン!! 5月22日(日)夜、NHK大河ドラマ「江」を見終わった後、天気予報を見て驚愕。雨なんて聞いてないよ~。冷や汗、冷や汗、ひたすら冷や汗なのでアリマス。「こんなことなら今日(5/22)元肥まいて耕うんしておけばよかった。明日(5/23)やろうと思っていたのに。他の畑も耕うんしておかないと、このまま雨続きになってしまえば大変なことになってしまう」・・・。天気予報を見て一気に気分は奈落の底に落ちていきました。(毎度書きますが、畑の土が濡れてぬかるんでしまったら、機械も人も畑に入れなくなるので、畑の作業がほとんどできなくなってしまいます。雨の後も畑が乾かないと作業ができないのです)

翌5月23日。いつも明け方4時頃から甘えてくるごま(猫)に起こされて、目を覚ますと雨が降っていない! 雨が降る前にやれるだけやるか!ってなもんで、着替えて外に飛び出したら・・・、既に音もなくしとしとと雨が降っておりました。でもこの程度だと土はさほど濡れてないはず! 実家に行って畑に行こうとしたら、雨足が強くなってきた。一旦断念。テレビの天気予報を確認。これから先一週間はグズグズ天気で、今、畑を耕うんしておかないとこのまま梅雨の間中耕うんできないかもしれない。外を見ると小雨程度で大したことはない。堆肥場に走り堆肥を運び、アミノ酸肥料や各種ミネラルと混合し、ダッシュで元肥をまいて、トラクターを取りに行って耕うん(元肥まいたのはたったの1列50mだけで~す。<<大したことはありません)。トウが立ちまくりの満開の大根や菜っ葉の花やらキャベツやら人参のあとなどなど、雨が小降りだったお陰で土が濡れてしまうまでに時間稼ぎができて、なんとか耕うんしたいところを全部やってしまうことができました♪ 

南九州は5/23に梅雨入りしたとかで、熊本もいつ梅雨入りしてもおかしくない天気予報で、不気味な台風も気になります。梅雨に入る前にやっておきたいことは山ほどありますが、ともかく、一番先にやっておきたかった耕うんをぎりぎりセーフでできて不幸中の幸いというかんじ。万事、あきらめたらイカンですね。あきらめなくてよかったです。それにしても、今年は梅雨入りが早そうで心配事はたっくさん・・・。(それはまたおいおい・・・) でも、被災者の方々に比べたら私の心配なんて比べ物にならないはず。こんなことくらいで弱音を吐いてはいられません!

さてさて、去年11月に仕込んだ“りずむ”の自家製玄米味噌がおいしく食べられるようになりました。原料は全部“りずむ”でとれた大豆やお米。もちろん無農薬です。塩はミネラルたっぷり、大分の海でとれた自然海塩「なずなの塩」です。玄米の“いのち”をそのままいただけるように玄米で麹を仕込みました。

毎年大豆の栽培には苦労するのですが、去年の大豆はほとんど芽が出ず、トラクターですきこんでしまいました。味噌に使った大豆は一昨年収穫したものです。芽が出なかったり、芽が出てもカラ(本体)ばっかりほこり(茂り)すぎて実が入らなかったり、実は入ってもしょぼかったり・・・。種まき、草取り、土寄せ、草取り、脱穀、選別・・・と、手間はたっくさんかかるのに努力はなかなか報われない大豆ですが、一昨年だけは奇跡的によくできました。その、奇跡的によくできた一昨年の大豆を使って仕込んだ味噌です。不作の時はくまもと有機の会などから大豆を購入して作っていたのが、去年からうちの大豆でできるようになり、味噌への思い入れもひとしおです。(^^) “いのち”がまるごと詰まった玄米味噌です。おいしいので是非是非食べてみてくださいね。ご注文をお待ちしています!




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。