2017/03
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[259] 「じゅっ田んぼの生きものしらべ」やります。
じゅっ田んぼの生きものしらべ
日時:6月12日(日)9:30~12:00
場所:じゅっ田んぼ
持ってくるもの:長靴、帽子、網、タオル、バケツ、ルーペなど観察道具
問い合わせ:re_sm00★yahoo.co.jp
      (★を@に変えてから送ってください)




<2011/05/31>

<259号>「じゅっ田んぼの生きものしらべ」やります。

季節はずれの台風2号は、キュウリの葉っぱやツルをところどころパキパキ折りはしたものの、大した影響もなく去ってくれてひと安心です。ほっ。

さて、今年も米作りの季節となりました。“りずむ”でも5月の中ごろから種籾の塩水選、温湯消毒、種まき・・・と人知れず(?)作業を進め、今のところ苗は順調に育っています。

“りずむ”の田んぼは、冬季湛水・不耕起移植栽培、またの名を「ふゆみずたんぼ」という方法でお米を育てています。文字通り、冬の間も田んぼに水を張って(稲刈り前後の1ヶ月くらいを除いては一年中水を張っています)、生きものが増え、生きものに米作りを手伝ってもらう方法です。冬の間は通常、田んぼには水がないので水の中で生きる生きものたちに貴重なすみかを提供できているはずです。(^^)

環境変化の影響は小さな生き物から現れる・・・ということを「水俣病」の経験から学びました。人間が病気になる前に、もっと小さな生き物~貝や魚や猫やカラスなど~が病気になっていきました。だから、より小さい生き物が元気に生きられる環境は、人間も元気に生きられるはず! というわけで、“りずむ”では、微生物くらいの小さい生き物から人間まで、いろんな“いのち”が元気に息づく環境を守りたいと考えています。

うちの田んぼ(=“じゅっ田んぼ”)や畑は、そんな私の理想を描くフィールドです。いろんな在来の生き物たちが思い思いに元気に生活してくれればと思っています。いろんな“いのち”がめぐりめぐって、ひとも生かされていく・・・そんな循環のお手伝いを地道にやっていけたらしあわせです。

じゅっ田んぼ(うちの田んぼ)では、春先、まず、ミジンコが大発生します。そしてガムシやジャンボタニシ、アメンボ、イトトンボ、イトミミズ・・・ いろんな生き物でいっぱいになります。

今年は3月くらいから、カルガモ夫婦が毎日の様に通ってきています。きっとカルガモさんは卵を産んで子育てをしたいのでしょうが、うちの田んぼでは水深が深く、卵を産むには適していません。「島を作って卵が産めるようにしてあげたら?」というアドバイスもいただきましたが・・・。ちょっと怖くてやってません。

カルガモの子育ての時期と、稲の苗が成長する季節はちょうど同じで、田植えをしてすぐの苗をカルガモがダメにしてしまうのではないか・・・ということが心配なのです。

アイガモ農法がはやっていますが、アイガモ農法の場合、カモを入れるのは苗がある程度大きくなり、ちょっとやそっとカモにさわられても大丈夫になってからです。そして、入れるのは小さな生まれたてのヒナです。親ガモを入れたら、たちまち苗は踏み荒らされてしまうことでしょう・・・。カルガモの子育てを見たい気持ちはあるのですが、今年も見送りになりました。カルガモさん、ごめんなさい。(去年もカルガモ来ました)

そーんな田んぼで「生きものしらべ」をやります! 田んぼに入って生きものを探して、一緒に遊びませんか? みなさんのおいでをお待ちしています。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

おっ! いいねぇv-424
すごーく参加したいけど、この日は、やまんたろの会の紙芝居製作のために八代で作業です。
土曜日の脱原発アクションに参加するつもりなので、そのまま泊まって参加・・・が出来たらよかったんだけど・・・v-390
次回都合がつくなら、ぜひ参加したいですv-22
Re: タイトルなし
やまばば姉さま、まいど! 残念だにゃ。せっかくだから“泊まり”だけでもしに来てください!(^-^)
熱烈歓迎~♪
プロフィール

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。