2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
[273] 2012年の米づくりのスタートです。
<2011/12/07> に書きました。



<273号> 2012年の米づくりのスタートです。

今年もあっという間に12月がやってきました。お正月なんて、まだずっと先のような気がするのに、毎年ちゃんとやってくるのが不思議な気分です。

畑の方は、タマネギを植えて、小麦の種をまいて、大豆を引いて・・・。少し心に余裕が持てるようになりました。それもこれも、今年も無事にお米の収穫&後片付けが終わったお陰です。

野菜作りもソレナリに大変ですが、米作りの場合、いっぺんにワー!っと一斉にやってしまわないといけないことが多く、そのため、助っ人をお願いしたりもするので、気も使うし、肉体労働も結構堪えます。稲刈りにしても、脱穀にしても、終わった後はヘロヘロで抜け殻のようになります。

そしてお米を取り込んで終わり!ではありません。脱穀した後のワラは雨で濡れてしまうと発酵が始まるので、雨に濡れないうちに取り込む(小屋の二階に片付ける)のが理想的です。脱穀が終わって気が抜けて、肉体的にはヘロヘロになっている時に、田んぼのワラを全部束ねて、軽トラで運んで小屋の二階に上げる作業は、一人でやると死にそうなくらいシンドイのです。

今年の秋は雨が多く、例年みたいに「ひと段落したらワラを片付けよう」な~んて思っていようものなら、先日の結構しっかり降った雨でずぶ濡れにしてしまっていたことでしょう。それが、なんと、今年はワラの片付けに6人もの助っ人が来てくれて、あっという間にワラが束ねられ、軽トラ2台にそれぞれ二人組でワラやら竹を家に運び、たったの一日で見事に田んぼが片付いてしまいました~♪ ほんとにほんとに、感謝感激雨アラレ×大助かり状態でした。

うちの米作りの場合、「冬季湛水不耕起移植栽培」なので、稲刈りをしたらできるだけ早く水を張る必要があります。・・・が、タマネギの定植やら、小麦の種まきやら、その前にやってしまいたい仕事に手を取られ、なかなか田んぼの方まで手がまわりません。…けど、エイヤー!っと、湛水の準備をして12月2日の雨を利用して水を張りました。(^-^) これで、まずはひと安心。来年の米作りのスタートです。来年も生きものたちがたくさん暮らせて、いいお米ができますように。

11120301
今年も水が張れて、やれやれ~♪
ひと安心です。(12/3)



ただ、今年は白川から水を流してもらえないようで、水が足りないのではないかと人知れず心配しています。なんとかなるといいなぁ~。

さてさて、しばらく悲惨なくらい小さい大根をお届けしていましたが、やっとまともな大根をお届けできるようになりました。(^^) 今までの小さい大根は家の裏の畑に植えたもの。今、出荷している大根は“東の畑”に植えたもの。畑(土の状態)が違うだけでこんなに出来が違うのだからフシギです。裏の畑はミネラルを入れ忘れたかなぁ~? 右手を骨折して間もなくの頃、元肥(堆肥など)を入れたので、ちゃんとできていなかったのかもしれません。ごめんなさい、でした。

それにしても、今年は秋が暖か過ぎて野菜が早くできてしまっています。来年1月頃に出荷予定の葉ものやブロッコリーが、今、出荷にちょうどよい大きさになっています。その分、虫食い菜っ葉を出荷せずに済むのはいいのですが、1月出荷予定の葉ものを今出したら、1月~2月には何を出せばよいのでしょう。(^_^; ちょっと対策を考えねば・・・。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ