2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
[381.5] 投げやり?
<381.5号> 投げやり?

暖冬だったのが、急に氷点下まで気温が下がってびっくりぽん。トマトがこぼれ種で勝手に生えて茂りまくっていたのが一瞬で枯れました(あたりまえ)。この冬は本当にどれもこれも出来損ないばかりで申し訳ないです。じゃがいもも、ソウカ病が少し入ったり割れたりしてよくありません。少し割れたり、ガサガサなのも入れていますが、皮をむくと大体大丈夫だと思います。が、もしも、傷んだものがあったら、どうぞご連絡をお願いしますね。

いつもの冬は、小松菜やチンゲン菜等、葉ものを2-3品入れるのですが、今年は少ないでしょ? はい、正解です。出来がよくないからです。(^_^; いつまでも暖かかったせいもあるのか(?)虫食いがひどくて、とても出荷する気になれません。(^_^; それでも、お正月に出す予定の京菜くらいからはなんとか出荷に耐えうるレベルとなりそうです。

ブロッコリーにしても何にしても、暖かかったせいで早くに大きくなってしまって、1月2月に出荷できそうなものが少なく、この先どうなることやら?って感じです。先のことを心配してもどうしようもないので、心配しませんけども。もう、なるようになれ~!ってな感じでいかんとどうしようもないです。ほとんど投げやり?いえいえ、自然に身を任せているのです。???(^_^; 今年もあと少し。笑って新しい年を迎えたいものです。(^o^)




[381] 子どものしあわせ、親のしあわせ
<381号> 子どものしあわせ、親のしあわせ

12月も半月を過ぎ、本当に本当に今年も残すところあとわずかとなりました。相変わらず暖かい日が続いていて、年の瀬気分など感じないのですが・・・。

今年を振り返ると、災害が多くて、田んぼは草が生えて大変だったし、野菜はほとんど出来損ないだし、あまりいいことが思い浮かびません。我ながら情けないです。それでも、こうやって日々を送っていけることがとてもありがたいことなのですよね。今年も一年ありがとうございました。

今、私の頭の中を占領している懸案事項は友達Kちゃんのことです。ご両親が身体障害者で、小さい頃からご両親のお世話をしながら大人になり、仕事を始めてからも常にご両親優先の生活をしてきました。そんな彼女にも素敵な彼ができ、お互いに結婚の意志を確認しました。彼は県外に勤務していますが、ご両親のこともあるので、彼女は家を出ることができません。そこで、実家の隣にあるおばあちゃんの家に住み、彼とは遠距離結婚の形をとることにしました。私から見ると、とても両親のことを慮った対処だと思うのですが、ご両親が二人の結婚に反対して、何年もがんばったのですが許してもらえず、結局破局。

身体障害に加えて、ご両親は精神的にも病気を抱えておいでで、健常者を説得するようなわけにはいきません。私は、「親というものは、常に子供の幸せを願ってくれるもの」と思い込んでいましたが、、、。そうではないこともあるんですね。そう思い込んでいられたのは、自分自身がしあわせだったからなのでしょうね・・・。

もちろん、彼女のご両親がKちゃんのしあわせを願わないはずはありません。でも、障害者として生きるということは常に不安がつきまとい、彼女を一時も手放すことができないという、そういう日常を背負っておられること自体、大変な生活なのでしょう。それでもなぁ~。Kちゃんはやさしくて思いやりがあって、めちゃくちゃいい子なのに。もしも「因果応報」という言葉が正しいのであれば、彼女が一番にしあわせになってふさわしいくらいなのに。神様はなぜ、彼女に更なる苦悩を背負わせるのか・・・? そんな考えがぐるぐる頭の中をまわっています。

彼女が今置かれている状況を考えれば、ちょっとくらい野菜が出来損ないでも、こんなことなんでもないさ!と思えてしまいます・・・。あぁ、せつない・・・。こんなこと書くつもりじゃなかったのになぁ~。すみません。m(._.)m

IMG_2772.jpg
水仙の花が咲きました。(もう春か?)

IMG_2774.jpg
(ダメになった)ブロッコリーの花盛り~

IMG_2775.jpg
菜の花も~(まじで春?)



[380.5] ジョウビタキの餌付け?
<380.5号> ジョウビタキの餌付け?

今年の冬は暖冬みたいですね。本来ならこの時期は、まだ植えたうちの2割くらいしか出荷していないはずなのに、既に7割近くのブロッコリーができてしまい(かなりボツ)、残りは3割ちょいくらいです。(^_^; このまま暖かいと1月くらいでなくなってしまって、2月3月に出荷できるものがなくなるのではないかと思っています。(^_^; そうは言っても、天候が相手ではどうしょうもないのであきらめるしかありません。

11月のブロッコリーは虫がすごくて、なるべく虫が少ない状態でお客様にお届けすべく、できる限りの努力をしました。ビニール袋に入れて密閉してしばらく置くと、虫がブロッコリーの“ジャングル”から勝手に出てくるので、そいつを取り除いて、その後はひたすら一個一個、小房の間を開いて見て、隠れていたら一匹ずつとって・・・。で、そのとったヨトウムシをポイ!と地面に放るのです。そうすると、5分もたたないうちにジョウビタキ(スズメくらいの冬鳥)がやってきて、こちらを窺いつつも、ピョンと地面に飛び降りて、こちらの様子を探りながら虫を持っていきます。その様子がかわいくて、駆け引き(?)を結構楽しんでいました。(^_^; ほんとに5分もたたないうちにやってくるのは本当に不思議でした。どこから見てるんでしょうね?

ジョウビタキはあまり警戒心が強くなく、危害を加えなければ、5mくらいの距離まで近づけたりします。オスよりもメスの方が気が強く大胆そうに見えるのは気のせいか? 人間界に似てる? な~んて思ったりしておりました(^o^;。(最近泣き言ばかり書いているので、たまにはおちゃらけ話でも。(^o^))




[380] 冬野菜ボロボロ・・・(大蘇ダムに怒る)
<380号> 冬野菜ボロボロ・・・(大蘇ダムに怒る)

12月ですよ。もう一ヶ月で今年も終わりですよ・・・。毎年のことですが、この時期になると理由もなく焦ってしまいます。(^_^;

さて、異様に暖かかった11月が終わり急に冷えて、まるで夏から急に真冬に突入したかのようです。体調を崩されたりしてませんか?

今年はブロッコリーをたくさん植えました。10月後半になって急に冷え込んだかと思ったら、11月になるとTシャツで過ごせそうな暖かい日が続き、11月に出荷予定のブロッコリーも12月用のも、1月用のも・・・、暖かいせいでみんな一気に大きくなりました。寒いと大きくなってもしばらくはもつのですが、暖かいとさっさと花を咲かせようと思って花蕾(食べるところ)が開き、見た目が悪くなったり、黄色くなったりして出荷できなくなります。そうやって大方のブロッコリーがダメになりました。その数、ざっと計算すると3000~4000個くらい?ブロッコリーだけでなく、カリフラワーもキャベツも白菜も、今年は虫にやられたり、暖かかったりしたせいで出来が悪く、出荷できそうなのはほんの一握り(二割くらい?)。

10月末に少し寒い日があったせいで、野菜たちはあれを“冬”だと思い、その後暖かい日が続いたので、てっきり“春がきた!♪”と思い、せっかく固く巻き始めていた白菜は、巻いた葉っぱを緩めて開き、花が咲きそうです。人参も大根もネギも芳しくなく、葉ものは暖かかったせいでどんどん大きくなり、正月用に出荷する予定の京菜は既に出荷時期を迎えています。これでは真冬に出荷できるものがなくなりそうです。百姓を始めて11年。こんなに悲惨な冬ははじめてかも? 今はまだいいけど、1月2月くらいがうまく乗り切れるかちょっと不安です。

ブロッコリーがダメなのはうちだけではなく、近所の慣行農家のみなさんも同じこと。スーパーでは1個50円で売られています。ということは、市場では1個数円ですよ。一箱100円とか? 箱代にもガソリン代にもならないので、収穫せずに放置(廃棄)されているもの多数。がんばって野菜を作っても、種代や床土代や肥料代や手間賃など、何も回収できず、やっただけ損というのはどういうこと? こういうのが続けば農業人口が減り続けるのも仕方がありません。

うちはダメになったものは多いものの、「商品」として出荷できるもの(ある程度)は正当な価格でとってもらえるのでまだずっとマシな方です。

一方、海の方では海苔が腐れてしまい、漁師さんたちが困っています。今年は10月から寒くなったのでいい海苔ができるだろうな~と思っていたのに、アラドッコイショ です。

11/30の熊本日日新聞に大蘇ダム(農業用ダム)の記事が載っていました。ダムは完成したものの、漏水でまともに運用できず、計画変更されると言います。このダムは蒲島知事が川辺川ダムに白紙撤回を発表する(2008年)よりも前からずっと問題になっていました。未だに使いもんにならず、ゴタゴタしているとは。「水を安定して供給すれば作物の品質向上や経費節減が見込める(by農水省)」とのこと。今の農業情勢、水不足よりも気候変動による不作をなんとかしてくれ~!と言いたい。自然を破壊して人工的に対処する時代にはサヨナラして、自然は人間の意のままにはならないのだよ・・・と、いい加減気づけよ>人類

自然条件に大きく左右される一次産業は厳しいです。毎年同じように春らしい春がきて、夏らしい夏がきて、秋らしい秋がきて、冬らしい冬が来てくれることを心から願います。






[379.5] 春らんまん?
<379.5号> 春らんまん?

「立冬」を過ぎてからのポカポカ陽気を「小春日和」と言います。・・・が、もう、これは“春”ですよ。あちこちで桜が狂い咲きしています。ルッコラも春だと思ってトウ立ちを始めました。そして、巻こうとしていた白菜も、春と勘違いして、トウ立ちしそうです(>_<)

今年たくさん植えたブロッコリーは、この暖かさで、12月~1月に出荷予定のものまで既に大きくなり、暖かすぎてすぐに開いて黄色くなったりして商品価値がなくなっていきます。A社にたくさん出荷したいところですが、そうそううまくはいきません。それに、すぐに開いたり黄色くなったりするので扱いにくくて困っています。おまけに虫食いもひどくて、無事に出荷できているのは1/4くらいじゃないかなぁ~。カリフラワーも、白もバイオレットもオレンジもみんないっぺんにできてきて、虫がひどくてほとんどまともに出荷できない状況です。大根や人参もあまりいい出来ではないし。葉ものはこの温かさで、真冬に出荷予定のものが大きくなってしまって、真冬に出荷するものがなくなりそうです。暖かすぎて、虫の勢いはとどまるところを知らず・・・。ちょっとこの冬はあんまりです。今まで11年やってきて、もしかしたら最悪の状況かも・・・?

暑い中、がんばって土作りして、種をまいて苗を作ったのに。努力すれば報われる職業ではない・・・とはわかっていても、これだけボロボロだと悲しくなります。まぁね、天候のせいもあるのだけれど、たぶん半分は自分のせいなので、自分で責任を取るしかないのです。お客様には申し訳ないです。m(._.)m



プロフィール

りずむ☆

Author:りずむ☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ